朝ドラ『はね駒』78話あらすじネタバレ 弘次郎一世一代の決断

斉藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第78話のあらすじネタバレと感想をまとめてみた。

夏休みが終わりに近づいてきて、りんは父母を置いて仙台に帰ってよいか迷っていた。

やえに尋ねると嬉しい顔で嫁に行ってほしいだけどと言い、弘次郎は「余計なことを考えず自分の将来のことを考えろ」とりんに告げて…。

朝ドラ『はね駒』第78話のあらすじ

夏休みも終わりに近づき、りん(斉藤由貴)は迷っていた。

父母を置いて仙台に帰ってよいのか。

母・やえ(樹木希林)に尋ねると、やえは「うれしい顔で嫁にいってほしい」だけだと話す。

父・弘次郎(小林稔侍)には「よけいな心配はせず、自分の将来のことを考えておけ」と言われる。

「娘にそんなことまで心配させては親もしまいだね」と言い残し、弘次郎は家を出てみつの墓へ。 

手には小刀、弘次郎は大きな決断をしようとしていた。

朝ドラ『はね駒』第78話のネタバレ

やえは仕事に出ていたがまだ肺病のことを気にして近づこうとしない。

やえを心配して何かできることはないかとりんは尋ねる。

すると、やえは嬉しい顔をして嫁に行ってほしいとやえは笑顔で言ってりんはやえのその願い叶えてあげることができると話す。

やえがあの状態で心配でこのまま仙台に帰っていいのか悩んでいた。

弘次郎は「お前は余計なことを考えずに自分の将来のことだけ考えろ」とりんに告げる。

娘に心配されるようでは親もおしまいだと言って弘次郎はみんなに黙ってみつの墓に行く。

手に小刀を持った弘次郎は神妙な面持ちで小刀に握りしめた。

その夜、弘次郎は髷を切りみんなに話があると伝える。

弘次郎は心機一転東京でやり直さないかと橘家のみんなに告げみつの死は自分の責任だと言い始める。

士族として自分のやり方が間違っていたとみつの死によって思い知らされてこのままではいけないと思い新しい地で新しい人生を歩むと決意した。

徳右衛門とことも東京に行くのに賛成して二本松を出た時から気の向くままに生きると決めていた。

やえは戸惑っていたが自分だけここに残るわけにもいかず共に行くことした。

そして、弘次郎はりんが東京に行きたかったことを見抜いていてりんは驚く。

青春の思い出の地だった女学校を出てみんなに別れを告げ、家族と共に東京に向けて出発した。

りんは最後に相馬の家を名残惜しそうに見て相馬に別れを告げ新天地・東京へと足を進めたのだったーー。

朝ドラ『はね駒』第78話の感想

やえと弘次郎のことを心配してりんは仙台に帰るべきかどうか迷っていた。

やえは嬉しい顔で嫁に行ってほしいと自分の気持ちをりんに話す。

この言葉にはみつが嫁に行く時に顔が曇っていたのをやえが思い出してりんには不幸な結婚をしてほしいくないと思ったんだろうな。

やえの様子を見て弘次郎は余計なことは考えずに自分の将来のことを考えろとりんに告げた。

この後弘次郎が小刀を手にした時まさか切腹するのかと思ったけど髷を切るためだったとは!

弘次郎は武士の生き方を捨てて東京で一からやり直す決意をした。

髷を切ったことで武士の自分を殺して新しい自分に生まれ変わったってことかな♪( ´▽`)

東京で暮らすことになった橘家はりんも一緒に東京に行くことになり女学校をやめることになった。

りんも女学校の先生を辞めて東京で新しい人生を歩むことになり、これからの『はね駒』も面白いことになりそう💗

まとめ

朝ドラ『はね駒』第78話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

りんはこのまま仙台に帰っていいものか悩み、やえと弘次郎のことを心配していた。

「娘にそんなことまで心配させては親もしまいだ」とりんに言い残して、弘次郎は家を出てみつの墓へ向かった。

手には小刀を持ち、弘次郎は大きな決断をしようとしていた。

第79話では、明治29年(1896)秋、りんたち橘一家は、東京に移り住む。

小野寺源造の口利きで、浅草の寺の離れにひとまず住むことになる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする