木曜ドラマF『CHEAT〜詐欺師の皆さん、ご注意ください』第5話あらすじ&感想

はじめに

『CHEAT〜詐欺師の皆さん、ご注意ください』第5話は、今回は仮想通貨詐欺で沙希たちがまた詐欺師を騙し返して捕まえます。

仮想通貨は実態のないお金であるのかないのかわからないから騙されたこと人も気づきにくく騙される人も多いです。

沙希の才能で詐欺師を騙して容赦ない言葉を浴びせかけます!

前回(第4話)あらすじ

とあるエステで月額19800円で契約をしようとしていた太っている女性に沙希は契約だけしてあとは3ヶ月先まで予約できないと電話でいい金をだまし取っていると言い放ち、太っている女性にもろくに下調べもせずに来るのが悪いと怒鳴って去っていく。

沙希がチートのアジトに行くと沙希は美のマドンナというパンフレットを見て「胡散臭っ!」といい、美月は東堂真里亞が今回のターゲットだと言って、とある女性がインスタのモニターになってほしいと一万円の化粧水を買った。

すっかり信じ込んでたくさん化粧水を買って、そしてビューティーファインの山根という男から電話があり50万円の美顔器のモニターになってほしいと頼まれて女性は思わず買ってしまって、いつになっても商品は届かず東堂真里亞に電話する。

しかし、山根という男なんて知らないと電話で言ってしらばっくれた。

東堂と山根はグルだと加茂はいい、女性は整形するためにお金を貯めていた。

沙希=モモは必死にビラ配りをするがユナはSNSで宣伝したほうが早いと言ってサボっていた。

沙希は蓮見刑事に沙希の父親が日本にきていると言われ蓮見にしっかりと償ってもらうと言い残して沙希は「私には関係ない」と去っていった。

沙希は加茂に面接の本を読ませて沙希は出ていった。

沙希は東堂の通っているジムに行き、東堂のカバンをすり替えて沙希はカバンを取り違えた女性に扮して東堂にカバンを返した。

そして、加茂は東堂の会社に面接に行き加茂は早速明日までにサンプルを売り込むように言われて加茂は一生懸命売り込むが相手にされない。

加茂はある女性に声をかけて強面の男につかみかかられて殴られた。

沙希に起こされて加茂はまだ消え役が取れてないと言っていたが沙希はあらかじめ契約書を書いてきていた。

このタイミングで求人が来たのは根岸が別の化粧品会社の社員に扮して女性社員を引き抜いていたのだ。

東堂の会社はブラックで有名でいい求人があれば喜んでいた。

加茂はパワハラ社長の元で働かなきゃいけないと嘆いた。

加茂は載っている名簿に片っ端から電話をかけるように言われ、さらにポスティングまで言いつけられてこき使われていた。

加茂は沙希に被害者リストを持ってくるよう言われる。

その沙希は東堂の通っているジムに東堂と会い、美容ブログを書いていると東堂に言って東堂は食いついた。

加茂は顧客リストを探していたら、東堂に見つかってしまう。

加茂は必死に誤魔化したがリストの入ったUSBが入った机の引き出しに鍵をかけられてしまう。

鴨と根岸は会社の社長室に夜中に忍び込み鍵を開けてUSBを盗み出した。

モモは、マイが朝早くから稽古に来てファンのために頑張ると張り切っていた。

加茂はリストの女性に聞き込みに行き、加茂は「チャイ」という会があって被害者のリストではなかった。

真鍋絵里の名前がない時点で被害者リストではないと沙希は怒っていた。

ハウメアクリームの開発資料を見つけていた根岸はこっそり持ち出していた。

加茂は調べてみますとチートのメンバーに言った。

東堂は新商品のサンプルを試して好感触だったようだ。

加茂は保管室に入り新商品を盗み出そうとするが東堂に見つかってしまいバレそうになった時、電話がかかってきて東堂は出かけていった。

沙希はブログで東堂の商品を紹介して東堂はもう一つ商品を紹介してもらうようお願いする。

沙希は新商品の成分を調べるよう美月に頼み、沙希は成分を見て笑っていた。

美月は新商品を使いたいお客様になり東堂に会った。

美月は工場で30円ほどで新商品を仕入れて1個10万円で売って総額は5000万円になると彼女は言って加茂は怒り狂った。

根岸は美月の東堂の社員の御子柴が東堂に内緒で商品偽造をしていた。

サンプルだけは本物でそれは東堂を騙すために作っていたのだ。

沙希は顧客リストに名前があり御子柴はそのリストを使って詐欺をしていた。

沙希はその電話を録音していて御子柴に聞かせるが御子柴はしらを切ったので沙希は自分が名乗っていた「安部順子」という名前は本当は”あんべよりこ”と読みそれを知らずに御子柴は”あべじゅんこ”と電話で呼んでいたのだ。

そして美月はSNSに拡散希望と書いて美顔器詐欺の被害者を募っていて、被害者の女性が集まってきて御子柴の声が電話の男と同じだと証言した。

沙希は御子柴に「違うっつうなら警察に行って声紋分析でもしてもらうんだな」と言い放った。

こうして御子柴は逮捕された。

沙希は東堂に自分の顧客を狙った美顔器詐欺が多発しているから気をつけるように言われてそれで沙希は東堂は詐欺とは無関係だと気づき、加茂だけがそのことを知らなかった。

一方、蓮見は沙希の父親で詐欺師の星野稔が新宿に現れたという情報を聞き蓮見は新宿に向かった。

『CHEAT〜詐欺師の皆さん、ご注意ください』第5話あらすじ

2001年の秋に、トスカという電子マネーが流行って会員は5万人に及んだがトスカは実体がなく新しい会員の登録料金と古い会員の特典に当てるという自転車操業だった。

ラミシステムというリゾート地を共有するというビジネスで20万が2億にもなるといううまい話に乗って芸能人も来ているパーティーで男は一口20万のラミコインを買い続けていたが、突然システムエラーが出てラミコインが引き出せなくなって警察に相談したという。

3年前にラミシステムはアレクサンダーソリスが立ち上げて日本法人の代表は勢野勇一でスカム諸島で土地を買うという話は所有形態は複雑で確かめられなかった。

沙希がポンジスキームとつぶやき、加茂は何ですかそれと言ったら沙希がまたキレたが沙希は正気を取り戻す。

根岸はラミシステムの会社に行き、チートのメンバーは準備を始めたが加茂はポンジスキームがわからなくて置いてかれた。

安斎刑事はポンジスキームについて加茂に説明する。

ポンジスキームは100年前にチャールズ・ポンジが生み出した手法である事業のためにみんなに資金を募ったが本当は事業はしていなくてみんなに金だけ配って詐欺師は金を持って逃げ流という手法。

根岸はラミシステムジャパンに面接に行きL&PAという言葉を聞いて加茂は安斎に質問する。

安斎はL&PAとはアメリカの大手ネットワークビジネスの会社だと話す。

安斎はマルチ商法だと加茂に言い、マルチ商法は利益を得るのは組織の上層部と初期のメンバーだけで、知人や友人に商品を売ったり会員を紹介して組織を拡大していく。

そして、末端の人間は借金がかさむ一方だというのがマルチ商法

奴らはL&PAにいたという根岸の経歴に食いつくと安斎は話す。

沙希は篠田と名乗り勢野に会った。

勢野ガールズを結成させて遊び歩いていると根岸は加茂に話す。

美月は勢野ガールズに入ろうとして勢野は美月を見定める。

そして、勢野はこっそり根岸のことをL&PAに調べさせて根岸がL&PAに入社していないことがバレてしまう。

根岸は急いでその場を立ち去り、ラミシステムの社員に追い回される根岸だったがなんとか切り抜けた。

根岸は社員たちが浪岡と言っているのを聞き沙希に伝えた。

沙希は蓮見刑事に遭遇し沙希の父が浪岡と名乗っていると沙希に話す。

セレブが使うプライベートバンクの会社の女性がパーティに来ているのをみて勢野は重要な顧客だと美月は話した。

美月は勢野のスマホを勢野がいない間に見ようとするが美月は写真に撮られてしまいスマホも見れなくなってしまう。

美月と根岸は立て続けに失敗して次は加茂の出番で、加茂は勢野と接触して加茂は10口購入して勢野はいいカモだと思って加茂と仲良くなった。

加茂がどんどんお金を使えばその周りの友達もいいカモに違いないと勢野は思うと美月は加茂を励ます。

一方、沙希は勢野と接触して勢野に5カラットのダイヤを渡す。

これからの資産は金とダイヤでダイヤは持ち運びに便利だと勢野にはなし勢野は食いついた。

沙希は金髪の女性に話しかけて沙希は女性にあんた終わるよと呟いた。

美月と根岸は手当たり次第に外国人の写真を撮ってそれを加茂の友人として勢野にラミシステムのことについて聞く。

勢野は一気に外国人のカモが大量にできて興奮していた。

1週間後、勢野は外国人から8100万円かき集めたと嬉しそうに話し、勢野は顧客にシステムエラーの件について話す。

11月2日、外国人の顧客から銀行への入金がなく勢野は焦っていた。

勢野はプライベートバンクにある自分の金を引き出そうとしたが引き出すことはできないとクラウドバンクの女性は電話で言った。

勢野は焦っていると勢野は持っている一億二千万を沙希に渡して沙希はダイヤを勢野に渡す。

沙希は銀行に預けられない金だと沙希は勢野に言い、そこにクラウドバンクの金髪の女性が現れて沙希は女性に見て見ぬ振りも同罪だとあの時話していた。

女性は帰っていき勢野はシラを切るが、沙希はラミシステムの会社は本当は存在しない勢野を嵌めるためだけに作った会社だからだ。

その証拠にそのラミシステムの創業者のふりをしていたフリー素材のモデルがずっと部屋にいたが勢野は全く気づかなかった。

沙希は今の会話は全部撮られていてその映像は顧客が見ていると沙希は言い放ち勢野に浪岡のことを聞き、沙希は勢野の部屋に行くとそこには加茂がいた。

沙希はある額縁をバットで割り、そこにあったブレスレットを手に持ちそれは沙希の父がしていたものだった。

すると加茂はいつも会っている占い師だと言い沙希は居場所を聞き、父親のいる新宿に向かった。

そして、蓮見も沙希の父親の居場所を突き止め新宿に向かう。

警察が占い師のところにたどり着くと沙希も到着して蓮見は占い師の帽子を取るとその男は沙希の父親ではなかった。

沙希は落胆していて、その側には安斎がいて安斎が沙希の父を逃したのか?

感想

僕は仮想通貨というのは最近流行った投資法で、僕もよくわからないのですがその仮想通貨で大金持ちになった人がいるとかいないとか…

僕はこの手の話はあまり信じてはいないのですが結局のところ欲のある人間が一番騙されやすいのかなと思います。

詐欺師は金をかき集めてみんなに金が分配できなくなったらトンズラするという許しがたい人々ですが、沙希たちはそんな詐欺師たちに容赦ない鉄槌を下します。

僕も騙されないように精一杯注意していきたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『CHEAT〜詐欺師の皆さん、ご注意ください』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする