ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』1話ネタバレあらすじ

木村拓哉主演のドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第1話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった島崎章たちボディガード。

劉の方針に従い、章たちはクライアントを政財界のVIPに限定した警護活動に従事していて….。

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第1話のあらすじ

やり手の経営者・劉光明(仲村トオル)が率いるIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった島崎章(木村拓哉)、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)ら民間ボディーガードたち。彼らは日ノ出時代から一転、劉の方針に従い、クライアントを政財界のVIPに限定した警護活動に従事していた。そんな折、章たちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する後援会パーティーを警護。章が負傷するアクシデントに見舞われつつも、見事なチームプレーで会場に紛れ込んだ不審者を撃退し、メディアからも賞賛される。
 その矢先、章に宛てた一通の手紙が「KICKSガード」に届く。差出人は、刑務所で服役している「関東工科大学」の元講師・松野信介(青木崇高)。今から3年前、厳重ロックのかかった実験室で研究員・伊丹綾子(竹島由夏)を窒息死させた容疑がかかり、世間から散々叩かれるも、最終的には業務上過失致死罪と判断されて禁錮刑に処せられた男だった!
 翌月には刑期満了となるため、出所後のボディーガードを章に頼みたい、という松野。だが、劉に絶対服従を貫く身辺警護課の新課長・小俣健三(勝村政信)から、犯罪者の警護などありえないと猛反対された章は、松野に直接断りを入れるため、わざわざ刑務所へ。亡くなった綾子、そして迷惑をかけてしまった教授・坂上司(神保悟志)にどうしても謝罪したいため、研究室まで同行してほしい――そう思いつめたように訴える松野と対面し、章の気持ちは揺れ動くが…。
 ほどなく、章は“信じられない光景”を目撃。しかもそれが引き金となり、会社を突然退社し、個人で松野の警護を引き受けることに! ところが警護するうち、松野の言動に“ある違和感”を覚え…!?
【出典:『BG〜身辺警護人〜』公式ホームページ

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第1話のキャスト&スタッフ

脚本:井上由美子

監督:常廣丈太、七高剛

出演者:木村拓哉(島崎章)、斎藤工(高梨雅也)、菜々緒(菅沼まゆ)、間宮祥太朗(沢口正太郎)、勝村政信(小俣健三)、道枝駿佑(中島小次郎)、市川実日子(笹松多佳子)、仲村トオル(劉光明)

エグゼクティブ・プロデューサー:内山聖子

プロデューサー:三輪祐見子(GP)、川島誠史、秋山貴人、田上リサ

制作:テレビ朝日

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第1話のネタバレ

今こそ護る人間が求められているーー。

東京都千代田区のパーティー会場で章たちは桑田議員の警護にあたっていた。

「KICKS CORP.」の社長・劉光明は桑田と挨拶をして章が怪しい男を発見する。

男はワインオープナーを使って桑田を狙っていて、章たちは男と闘う。

ワインオープナーで襲いかかり章は男に立ち向かい男に逃げ去る。

ワインオープナーが腕に刺さり、桑田の警護任務は完了した。

KICKガードの身辺警護課に戻った章のもとに手紙が届く。

差出人は、刑務所で服役している「関東工科大学」の元講師・松野信介。

3年前、厳重ロックのかかった実験室で研究員・伊丹綾子を窒息死させた容疑がかかった松野は世間から散々叩かれた。

松野は刑期満了で出所することになり章にボディガードを頼んできた。

だが、身辺警護課の課長・小俣健三は犯罪者の警護なんてあり得ないと言って猛反対される。

章は松野と面会して松野は出所したら伊丹綾子が亡くなった実験室に行きたいと章に訴える。

しかし、章は会社の方針で松野の警護はできないと伝えて謝った。

劉がインタビューをしているホテルに来た章は松野の警護をしたいと伝えるが劉は会社のクライアントはVIPに限定していると告げる。

ホテルで桑田を襲おうとした男を見かけて追いかける章。

章が男を尾行すると男は桑田の秘書から金を受け取っていた。

男を追いかけて桑田の秘書と会ってただろと章が問いつめると男は劉もグルだったくせにと怒鳴る。

レストランで劉は桑田と会っていて桑田が人気取り、劉が警護の依頼が殺到して喜んでいた。

その時、章は劉に会いに来て桑田と通じてわざと男に襲わせたことを話す。

すると、劉はボディガードを貶す発言をして章はプライドを傷つけられてKICKガードのボディガードを退職する。

家で息子の瞬と朝食を食べていて会社を辞めたことを話す。

章が突然辞めて高梨たちは驚いていたが依頼を受けて任務にあたる。

一方、章は刑務所で松野が出所するのを待っていた。

弁護士から世間は松野が綾子を殺したと思っていて脅迫電話までかかってきたと伝えられる章。

蕎麦屋で章は松野に「KICKガード」を辞めてフリーのボディガードになったと話す。

章は事前に松野が世話になった教授の坂上司に電話して松野がくることを伝えた。

松野が他の客から写真を撮られて章は松野を連れて慌てて店を出る。

その頃、高梨たちは警護にあたっていたが警護対象の関係者を疑ってしまい責められる。

ルールを守らない依頼人に高梨は憤りを感じたが小俣はルールを守らないのが当たり前だと言う。

小俣は章みたいに追い出されたくないだろと高梨に言い高梨は章が追い出されたと知り驚く。

駅に松野を連れてきた章だが週刊誌の記者に感づかれて追いかけられる。

章は記者から写真データを奪い松野を連れて自分の事務所に向かう。

一方、高梨は瞬と会って章と話したいことがあると話す。

事務所に来た章は瞬と電話して瞬は高梨のことは言わずに電話を切る。

章は事務所下のカフェ「ジャンクション」の店員・中島小次郎が食事を持ってきた。

中島が帰り際に事務所を見ている何者かがいると言われて章は警戒した。

章は松野に本当のことを話してほしいと告げ松野は研究室で起きたことを話す。

実験室の冷却装置がうまく働かず綾子が液体窒素を実験室に撒いたが松野が教授を呼ぶために実験室を離れたことで綾子は亡くなってしまう。

その時、ドアを叩く音がして松野が覗こうとして突然ドアを開けた。

綾子の弟が松野が姉を殺したのだと疑って襲い掛かる。

章と駆けつけた高梨によって取り押さえられた。

翌日、章と高梨は松野のボディガードを続けて大学の研究室に向かう。

その途中で章は松野がわざとマスコミを呼んでいることに気づき理由を尋ねる。

しかし、松野は何も答えず章を振り切って研究室に向かう。

松野は教授の坂上に詰め寄り章は異変を感じて坂上をかばう。

綾子を殺したのは坂上だと松野は告白し松野は研究を守るため自ら罪を被ったのだ。

だが、松野は取り調べで綾子を隠し撮りした写真を見て坂上が綾子にストーカーをしていたのに気づく。

そのことが綾子にバレて告訴されると思った坂上が口封じのために綾子を殺したのだ。

坂上は実験室に入り松野と章も入る。

その時、実験室のドアは閉まり施錠されて章たちは閉じ込められてしまう。

冷却装置が作動して部屋の温度はどんどん下がっていく。

研究室に高梨が入ってきて部屋の異変に気づき実験室の扉の前に立つ。

すると、章が壁を蹴る音が聞こえて閉じ込められているのに気づく。

高梨は扉のロックを解除し章と高梨は凍ったドアノブを無理やりこじ開けた。

助かった章は坂上に自首してくださいと告げ坂上は逮捕された。

松野は章が自分の人生を護ってくれたと言い深く感謝していた。

松野の異変に気付いても松野を守ろうとした章に呆れていた高梨は章と一緒に帰る。

一方、小俣は高梨が現場を離れたことを劉に謝罪して劉は章と高梨はボディガードとしてやっていけないと不敵な笑みを見せたーー。 

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第1話の感想

日の出警備保障がKICKS CORP.に買収されて「KICKガード」の身辺警護課のボディガードになった章。

でも、劉の不正に気付いて組織にいても自分の思ったボディガードの仕事ができないと考え会社を辞める。

章の決断は正しかったと思うよ、無謀ではあったけど…。

章は松野のボディガードを引き受けて松野の異変に気付いても松野を守ろうとする。

どんな相手でも全身全霊で依頼人を護る章に感服💓

まとめ

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第1話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

章は“信じられない光景”を目撃してしかもそれが引き金となり、会社を突然退社することになってしまう。

以来、個人で松野の警護を引き受けることになった章。

ところが警護するうち、松野の言動に“ある違和感”を覚える!

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎