ドラマ『SPEC スペック』5話ネタバレあらすじ 病を処方する!

戸田恵梨香&加瀬亮主演のドラマ『SPEC スペック』第5話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

今回は里中貢を大森南朋が演じて娘思いの優しい父親を演じている。

里中は元刑事で瀬文のSIT在籍時の先輩で、SIT随一の鬼軍曹として知られていたが今は子煩悩な父親。

瀬文の尊敬する先輩である里中が今回の事件で重要な役割が…。

ドラマ『SPEC スペック』第5話のあらすじ

当麻(戸田恵梨香)と瀬文(加瀬亮)が念動力のスペックを持った犯人と格闘していると、何者かが未詳にやって来て当麻と瀬文を攻撃。

犯人をさらって行く。意識が戻った当麻は、「あたしたち、気をつけないと消されるかも」と瀬文に伝える。

ある夜、瀬文はSIT時代の先輩で元刑事の里中(大森南朋)に呼び出され、久しぶりの再会を楽しむ。

結婚して一人娘をもった里中は、瀬文に警察ではない、普通の人生、普通の家庭の幸せを勧める。

だが、瀬文は「どうしても決着をつけたい事件がある」と言葉を濁す。

翌朝、未詳に公安部公安第五課の秋元課長代理がやって来た。

ここ一ヶ月の間に公安の刑事が5人、次々と亡くなっており、調べて欲しいというのだ。

実は、5人とも優秀な潜入捜査官で、解剖の結果、死因はあくまでも病死。

しかし、もし計画的な犯行となれば、公安への挑戦とも取れる。

つまり、病死に見せかけた殺人ということだそう。

また、誰かが瀬文のIDカードをコピーし、ハッキングした可能性があると判明して…。

ドラマ『SPEC スペック』第5話のネタバレ

瀬文が目を覚ますと破片が散乱したミショウに戻っていて久子の記憶がなかった。

何か知ってるんじゃないかと瀬文は当麻に尋ねるが当麻は「気をつけないと消されるかもしれませんなっ!」と瀬文に告げる。

一方、警察病院に来たニノマエは里中貢の住所を調べていた。

居酒屋で瀬文はSIT在籍時にお世話になっていた先輩の里中貢と再会して家族と幸せに暮らしていた。

家族はいいぞと貢は家族に言い瀬文も家族を持ったほうがいいと話す。

翌朝、ミショウに公安部公安第五課の秋元課長代理がやってきてここ一ヶ月に公安の刑事が5人、次々と亡くなっていて死因を調べてほしいとのこと。

この5人全員優秀な潜入捜査官で解剖の結果はあくまでも病死とのことだ。

しかし、これがもし計画的な犯行となったら公安への挑戦とも取れると秋元は当麻たちに話す。

つまり病死に見せかけた殺人と当麻は秋元に聞いて鼻で笑った。

秋元に命じられて当麻と瀬文は5人を解剖した医師に話を聞いたが不審な点はなく間違いなく病死だと断定した。

ミショウに戻った瀬文がこのことを野々宮に報告している時に秋元が部下たちとともに現れた。

公安第五課の刑事の1人・峯岸東が突然瀬文を連行しようとして、秋元が瀬文のIDで公安の超機密データにハッキングした形跡が見つかったと話す。

秋元たちは瀬文を疑ったが当麻は瀬文のような筋肉バカにそんな高度な技術は持ち合わせてないと告げる。

何者かが瀬文のIDカードをコピーして公安のデータベースにハッキングしたのだと当麻は自分の推理を秋元に話す。

高圧的な振舞いを当麻に揶揄されて怒った峯岸は当麻に銃を向けるが野々村は毅然とした態度で峯岸の銃を自分の眉間におしつける。

この事件はミショウが引き受けると秋元たちを睨みつけながら言い秋元たちはこの件をミショウに任せた。

秋元たちが帰った後、野々村はIDカードをコピーした人物に心当たりはないかと瀬文に尋ねる。

瀬文は里中の顔が頭に浮かんだが野々村には話さず事件の捜査に向かい当麻も後を追いかける。

その頃、里中は公安に奪われた民間人を奪還しようと画策していた。

瀬文は里中の家を訪れて里中の妻・小百合から里中が出張に行っていると聞く。

そして、当麻と瀬文は里中の娘・梨花が心臓に脂がたまって硬い石になるというジェニファー氏病を発症したと知る。

一ヶ月前に病院で検査した時には異常はなかったのになんでと小百合は泣きながら言い瀬文も小百合の涙の訴えに心を痛め、涙を流す。

帰りに当麻は瀬文に幸せは砂のお城より脆くて儚い、「瀬文さんも一瞬にして全てを失ったでしょ!」と瀬文に告げ「お前はどうなんだ!」と当麻に聞き返す。

瀬文に聞かれ、当麻は地居にプロポーズされたこととニノマエを捕まえようとして爆発に巻き込まれた時の記憶が蘇った。

人々の幸せを守ることが刑事の務めで、今回は里中の妻と娘を守ることだと当麻は瀬文に言った。

瀬文は事件のことで何か手がかりを掴んだら教えてほしいと頭を下げた。

ミショウで当麻は野々村のIDカードを使って公安のデータベースから里中のことを調べていた。

里中も病死になった5人と同じく潜入捜査官の経歴があり同じ任務に従事していた。

そして冷泉のことも調べていたようで里中が瀬文のIDカードをコピーして公安の超機密データベースにハッキングしたという結論に達する。

その話を聞いた野々村が里中が大事な人を人質に取られてハッキングしたのではと考えて当麻がその話を聞き瀬文と里中の家に向かう。

里中は警察病院で梨花が診察を受けた後にそのことを小百合に聞きしばらく梨花を抱いたその三日後に梨花が病を発症した。

ミショウに戻った当麻は半紙に暗号、潜入捜査官、健康診断、公安データ、ハム、梨花、病という言葉を書道で書き、半紙を破って天井に投げた。

紙吹雪が当麻の頭の上から降りそそぎ、「いただきました」と呟く。

居酒屋で当麻は瀬文と野々村に自分の推理を話し始める。

5人の公安刑事を病死させて梨花に病を発症させた犯人は“病を処方するスペックを持っている”と話す。

その犯人が梨花に病を処方して里中を脅し冷泉を拉致させようとしている。

当麻は公安のデータベースからその答えにたどり着く。

一方、津田は冷泉のいる証人保護施設のどこかの部屋に行き冷泉に寿司を食べさせる。

その寿司には睡眠薬が入れられていて冷泉は意識を失う。

証人保護施設に里中が侵入して瀬文が止めに入る。

2人の前にSITが現れて里中は隙を見て逃げ出す。

外から逃げようとしたが里中は当麻と野々村、SITに囲まれる。

瀬文は何者かが梨花に病を処方して脅迫されて冷泉を拉致しようとしたことを里中に話し里中は瀬文がそのことを知っていることに驚く。

梨花に病を処方した犯人の名前を言うように瀬文は里中を説得する。

少しの沈黙の後、里中が犯人の名前を言おうとした。

その時、里中は胸を撃ち抜かれて瀬文が慌てて里中のそばに駆け寄る。

里中の死に瀬文は絶叫して涙を流す。

その頃、津田は冷泉を車でどこかに連れ去り拉致を未然に防いだ。

おとりのためにミショウに里中のことを調べさせたが津田はミショウが”パンドラの匣”を開けようとして面倒だから殺すかと呟く。

瀬文と当麻は里中の遺体の前に立ち当麻が小百合と梨花に里中の死を伝えようとした。

そこに野々村が現れて里中は潜入捜査官だから里中の死を公にすることはできないと伝える。

里中の死因は上層部によってでっちあげられて遺族に伝えられると淡々と瀬文は当麻に告げて出ていく。

ビルの屋上にいた瀬文は夕陽を見て里中が任務中に自分を助けてくれた記憶が蘇る。

瀬文は里中の死は里中の罪と見合うものだが里中の妻と娘に罪はないと当麻に告げる。

小百合と梨花を全力で守ると瀬文は当麻の前で誓い当麻も瀬文の意思を尊重したーー。

ドラマ『SPEC スペック』第5話の感想

瀬文はSITの先輩である里中貢との再会を楽しんでいた。

瀬文に警察ではない普通の人生と普通の家族の幸せを勧める里中。

里中のこの言葉がクライマックスで重要な意味を持つとは…..。

ミショウに公安部公安第五課の秋元課長代理がやってきた。

ここ一ヶ月に公安の刑事が5人、次々となくなる事件が起きていて事件を調べてほしいと言われた当麻たち。

解剖の結果、死因はあくまでも病死で不審な点はなかった。

当麻の推理によって、公安刑事の5人が病を処方されて死亡したことが明らかになり里中の娘・梨花も病を処方されてしまった。

里中は梨花を救うために病を処方した犯人の指示で冷泉を拉致しにきたのか、どれほど娘のことが好きなのかわかるな。

何者かに里中は殺されて事件は闇の中に葬られてしまったけど当麻と瀬文が犯人を突き止めるのを期待して見ていきたい💗

まとめ

ドラマ『SPEC スペック』第5話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

ミショウに公安部公安第五課の秋元課長代理がやってきて一ヶ月の間に公安の刑事が5人次々と亡くなる事件が起きる。

その事件のことを調べてほしいと秋元は当麻たちに頼み、当麻と瀬文は早速捜査を開始する。

5人とも優秀な潜入捜査官で、解剖の結果で死因はあくまでも病死だと明らかになる。

当麻の推理で、5人は病を何者かに処方されて病死したと判明し、瀬文の先輩である里中の娘・梨花も病を処方されてしまう。

里中は梨花に病を処方した何者かに脅迫されて冷泉を拉致しにやってくる。

商人保護施設で里中は何者かに銃撃されて殺されてしまう。

瀬文は里中の代わりに小百合と梨花を守ると決意する。

第6話では、当麻(戸田恵梨香)は、国家ぐるみで里中の死を偽装したことに憤りそうまでして守るべきものは何なのかと悩んだ。

だが、そんな当麻に野々村(竜雷太)は「真実に向かってひた走れ」と刑事魂を見せるのだった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする