ドラマ『SPEC スペック』4話ネタバレあらすじ 死者からのメール

戸田恵梨香&加瀬亮主演のドラマ『SPEC スペック』第4話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

ミショウに相談にやってきた古戸久子を演じたのは奥貫薫。

奥貫薫は一年前に自殺した娘の真相を突き止めたいという母親の一途な思いを見事に表現していた。

しかし、久子にはある秘密があって…..。

ドラマ『SPEC スペック』第4話のあらすじ

ある日、警視庁公安部公安第五課、未詳事件特別対策係、通称 “未詳” に相談者がやって来た。

捜査一課弐係、近藤係長(徳井優)に連れられた相談者は、古戸久子(奥貫薫)。

自殺者遺族ネットワークの会長を努める人物で、昨夜、一年前に自殺した娘から「幹事に殺される。助けて」とのメールが届いたのだと言う。

久子によると娘・美智花(三浦由衣)は、自殺サークル“パーフェクト・スーサイド”に入っていて、一年前の10月30日に自殺すると言い残し、家を飛び出した。

その三日後、美智花の遺書と遺品が送られてきたが、死体は見つかっていない。

実はこの自殺サークル、「死体をこの世に残さない」のが掟。美智花の死を納得できずにいた久子は、娘から届いたメールを見て、娘がどこかで生き延びていると確信。

そして、自分に助けを求めているのだという…。

当麻(戸田恵梨香)は久子に届いた「死者からのメール」に興奮し、そのサークルの参加者を調べ始める。

当麻は、瀬文(加瀬亮)、近藤、そして久子と共に “パーフェクト・スーサイド” で家族を失った遺族への聞き込みを開始するが…。

ドラマ『SPEC スペック』第4話のネタバレ

ミショウで野々村は神棚を設置していて神頼みをしたが、当麻が物干し竿で神棚を吹っ飛ばし瀬文と喧嘩する。

その時に雅が捜査一課弐係の近藤に連れられて古戸久子が相談にやってきた。

久子は自殺者遺族ネットワークの会長を務めていて、一年前に自殺した娘美智花から「幹事に殺される、助けて」とのメールが届いたと当麻たちに話す。

美智花は自殺サークルの”パーフェクト・スーサイド”に入り、一年前の10月30日に自殺すると言い残して家出したという。

その3日後に彼女の遺書と遺品が送られてきたが死体はまだ見つかっていない。

実はこの自殺サークルは「死体をこの世に残さない」のが絶対の掟で、美智花の死を納得できずにいた久子。

娘からのメールを見て娘が自殺サークルの幹事から逃げ延びてどこかで生きていると信じていた。

当麻は久子に届いた死者からのメールに興奮してそのサークルの参加者を調べる。

瀬文、久子とともに当麻は”パーフェクト・スーサイド”で家族を失った遺族の家々をまわって遺族の聞き込みと遺品を預かってきた。

遺族の家族を失った悲しみを知り当麻は自殺サークルの存在が許せず憤りを感じる。

唯一遺品が送られてきていない植松育児が幹事ではないかと疑いこの男を調べることにした当麻たち。

一方、美鈴は地居の講義を聞きにきて、学生アルバイトでここに来たことを地居に伝える。

ゴミを捨てに行こうとした時、地居の鍵を見つけて触ると地居のビジョンが頭に浮かんだ。

餃子店にいる地居に鍵を返しに来た美鈴。

そんな中、当麻たちは植松育児の実家にやってきて植松の父親から植松の遺品が3回も送られてきていることを聞く。

父親から植松の遺品を預かり、久子は自殺サークルの参加者の遺品に傷があることに気づく。

久子は自殺サークルと称して殺人鬼が自分の殺人欲求を満たすために自殺したい人を集めて人を殺してるのではないかと当麻たちに話す。

その話を聞いた瀬文は”パーフェクト・スーサイド”は死体を見つからないように完璧に処理するのがこのサークルのルールだから裏を返せば完全犯罪の温床になると語る。

当麻はパーフェクト・スーサイドに登録して瀬文、久子、近藤も一緒に登録した。

そして、植松のことを調べていた瀬文は植松が元傭兵で事件を起こして傭兵をクビになったことも調べがつく。

植松に殺人衝動があって自殺サークルの参加者を次々と殺していると推理した瀬文。

当麻は餃子店に行って餃子を食べていて、地居は自殺サークルに登録したことを心配していた。

その後、当麻たちは自殺サークルの集会場所に行き幹事が目の前に現れた。

久子が本当は参加者を殺してるんでしょと言って幹事に詰め寄ると幹事が人形でその直後、油の雨が当麻たちに降り注ぐ。

当麻たちが建物から逃げ出すとフルフェイスを被った何者かが近藤に襲いかかっていた。

瀬文と当麻はバイクで逃げたフルフェイスを追いかけたが、フルフェイスは崖から転落して自殺した。

ミショウに戻った当麻は死者のメール、パーフェクト・スーサイド、歪んだ遺品、蔵の鍵、人形、バイク事故という言葉を半紙に筆で書き半紙を破り上に放り投げた。

当麻は事件の真相が見え「いただきました」と呟いた….。

馬場たちから取り調べを受けていた古戸を呼び出した当麻はミショウに連れていく。

フルフェイスが自殺だと久子は言ったが道路にはブレーキ痕があり自殺とは思えないと当麻は話す。

さらに、バイクにはブレーキレバーが破壊されていて何者かが幹事を殺害しようとしていたのだと当麻は言う。

バイクの左手にあるクラッチレバーはギアチェンジの時に使うものでもし久子以外のバイクに詳しい6人がブレーキに細工したならクラッチレバーまで破壊する真似はしないと当麻は語る。

このことからバイクのことを知らない久子がブレーキレバーを破壊して幹事を殺害したのではと当麻は推理した。

その話を聞いた久子はいつブレーキレバーを破壊できたのかと尋ね、当麻は自殺サークルの参加者の遺品を見る。

最初歪んだ遺品を見た時に殺人鬼ともみ合った末にできたものだと思っていたが、それは久子によって思い込まされたものだと当麻は話す。

久子には念動力を持つSPECホルダーで参加者の遺品もブレーキレバーも久子が念動力で破壊したものだと当麻は推理する。

久子に念動力があると思ったのは、植松の蔵の鍵がねじ切られた痕がありその痕がブレーキレバーにも残っていたと当麻は久子に告げた。

娘が自殺したとはどうしても思いたくない久子はあの中に殺人鬼がいて参加者を次々と殺して死体を処理したというストーリーを妄想した。

そして、瀬文がミショウにやってきてバイクで事故を起こしたのが美智花であると久子に告げる。

久子は激しく動揺し、彼女の念動力が暴走して蛍光灯が割れて破片が飛び散った。

これで久子に念動力のSPECがあることが証明され当麻と瀬文は久子を逮捕しようとした。

だが、久子は念動力で当麻を吹き飛ばし瀬文の銃も飛ばす。

自殺サークルを野放しにしていた警察が悪いと久子は瀬文と当麻に訴えるが、瀬文はなんでも人のせいにするなと激怒した。

所詮あんたは娘を殺したただの殺人犯だと瀬文は久子に言い久子を止めようとする。

しかし、久子は当麻たちを念動力で殺そうとして念動力を発動した。

その頃、海野の勤める病院にニノマエがやってきていた。

当麻にガラスの破片が降り注いだその時、瀬文が切断したコードを久子の足に接触し感電させる。

久子は気絶し当麻と瀬文は無事だったが、二人の前に津田たちが現れて当麻、瀬文、久子を拉致していったーー。

ドラマ『SPEC スペック』第4話の感想

ミショウに相談にやってきたのは自殺者遺族ネットワークの会長を務める古戸久子。

久子は一年前に自殺した娘から助けと求めるメールが届いたと当麻に相談した。

”死者からのメール”は確かに不可思議だけど今の時代偽装するなんて簡単なことだからな。

久子の娘の美智花は自殺サークル”パーフェクト・スーサイド”に入っていて一年前に自殺すると言い残して家出した。

こんなこと言われたら母親なら心配するよね(`・ω・´)

美智花の死体は見つからず久子はどこかで美智花が生きていると信じていた。

当麻の推理で、”パーフェクト・スーサイド”の幹事を殺害したのは久子だった。

久子は念動力のスペックを持っていて幹事が乗ったバイクのブレーキレバーを破壊して幹事を死に至らしめた。

しかし、フルフェイスを被った幹事はなんと美智花だと明らかになり久子は娘を自らの手で殺してしまったことを知り後悔の念をにじませた。

自分の手で娘を殺してしまったと知ったらさぞショックだろう…。

哀しい結末だけど当麻と瀬文は久子を捕まえようとする。

ラストシーンで津田が久子と瀬文、当麻を拉致するシーンでこれから何が起こるのか期待が膨らむ♪( ´θ`)ノ

まとめ

ドラマ『SPEC スペック』第4話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

ミショウにやってきたのは古戸久子で自殺サークルに入って娘が自殺した話をしたが娘はまだどこかで生きていると信じて娘の捜索を依頼した。

当麻の推理で久子が念動力を使って幹事を殺害したと明らかになり久子は本性を現して当麻たちに襲いかかる。

その時、津田たちが現れて久子と瀬文、当麻を拉致してどこかへ連れ去っていった….。

第5話では、未詳に公安部公安第五課の秋元課長代理がやって来た。

ここ一ヶ月の間に公安の刑事が5人、次々と亡くなっており、調べて欲しいという依頼を受けて当麻たちは捜査を始めるが….。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする