ドラマ『探偵 由利麟太郎』1話ネタバレあらすじ 親子の悲しき真実

吉川晃司主演のドラマ『探偵 由利麟太郎』第1話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

頭脳明晰な元捜査一課長で名探偵である由利麟太郎はミステリー作家志望の三津木俊助を助手にしていた。

ある日、花髑髏と名乗る人物から殺人予告のメールが届き、指定された場所へ向かった由利はそこで血が滴る冷蔵庫を発見して….。

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第1話のあらすじ

由利麟太郎(吉川晃司)は、元捜査一課長の経歴を持つ名探偵である。

頭脳明晰で「警視庁にその人あり」と言わしめるほど優秀な人物であったが、ある事件をきっかけにして退職をした。

現在は学生時代を過ごした京都に住まいを移して骨董(こっとう)品屋を営む波田聡美(どんぐり)が家主となる部屋を拠点にしていた。

また、由利を「先生」と呼んで慕うミステリー作家志望の三津木俊助(志尊淳)を助手に従えて犯罪心理学者として活躍している。

一方で、警察からの依頼を受けて事件の捜査を手伝っていた。

そんな由利のもとに、ある日“花髑髏”と名乗る人物から殺人予告のメールが届いた。

「挑戦状だ!」と息巻いている俊助とともに、早速指定された場所へ向かった由利は、そこで血が滴る冷凍庫を発見する。

中には、遺伝子研究者として知られる日下瑛造(中村育二)の養女・日下瑠璃子(新川優愛)が全身を縛られて血を流した状態で閉じ込められていた。

瑠璃子にまだ息があることを確認した由利は救急車を呼んで冷凍庫の持ち主である日下の屋敷へと急ぐ。

そして、由利の旧友でもある京都府警の等々力警部(田辺誠一)と合流した。

俊助が人影を見たという2階へ駆け上がると、瑛造の息子・瑛一(長田成哉)の部屋と思われる一室で、致死量に達するほどの大量の血が付着したダウンコートを発見する。

さらに研究室では、日下が胸に短刀を突き立てられ、無残な姿で見つかった。

由利は、遺体の傍らに不気味に置かれている血で真っ赤に染まった頭蓋骨が気になっていたーー!?

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第1話のネタバレ

犯罪心理学者の由利麟太郎は屋敷の前で弓道をしていた。

由利は元捜査一課長で現在はこきょうである京都に移り住んで弓道をしたり森で座り込んだりしている。

その頃、助手の三津木俊助は小説家志望で今は「由利麟太郎の事件簿」というサイトを運営する。

執筆活動は止まっていて、由利から教わった現場をジッと観察してちょっとした違和感を見極めるという言葉を思い出す。

その時、由利宛てに花髑髏と名乗る人物から殺人予告メールが届く。

早速俊助はそのメールを由利に見せに行き、花髑髏から指定された場所まで行った。

そこに血が滴る冷蔵庫を運んできたリサイクル業者の男2人が来た。

違和感に気付いた由利が冷蔵庫を開けると中にはナイフで刺されて縛られている女性が入れられていた。

由利と俊助は京都府警の警部・等々力に会い日下邸に入る。

俊助が人影を見たという2階へ駆け上がるとベッドの下に致死量に達するほどの大量の血が付着したダウンコートを発見する。

さらに、悲鳴が聞こえて研究室に向かうと遺伝子研究者として知られる日下瑛造の遺体があった。

日下は胸に短刀を突きつけられていて遺体の傍には不気味に置かれた血で真っ赤に染まった頭蓋骨が気になる由利。

由利たちはナイフを刺されて冷蔵庫に入れられていた日下瑠璃子に話を聞いた。

瑛造の息子である瑛一から自分が本当の娘ではないと聞かされた瑠璃子は動揺した。

瑛一が動揺して瑛造を殺害して瑠璃子と心中しようとしたのではないかと等々力は考える。

その証拠は血がついたダウンコートが示していると等々力はコートを持ちながら話す。

由利は血のついた髑髏のことが気になり湯浅に髑髏のことを聞いた。

日下の共同研究者である湯浅建彦は日下が人間を超音波で凶暴化する研究を進めていて、凶悪な強盗犯・八十川藤吉が実験台になり大人しくさせるために日下が超音波を浴びせる。

八十川は大人しくなったもののセロトニンの分泌が激しく最後は自分の首の骨を折って死んでしまう。

日下たちは八十川の遺体を引き取り、不認可の研究が明るみにならないように隠蔽した。

この家にはもう1人引きこもっている日下魁太がいて、由利たちは魁太に会いに行くが部屋にはいなかった。

日下の研究室に来た瑠璃子は昔日下から襲われた時のことを思い出していた。

その時、瑛一が瑠璃子の前に現れて自分はやってないと訴える。

やったのはあの少年に違いないと瑛一は瑠璃子に言い、瑠璃子はポケットから紐を取り出し人体模型の首を切断する。

「今度襲われたら私だって黙ってない!」と瑠璃子は瑛一に宣言する。

一方、由利は俊助と事件のことを整理していて、そもそも理論の立て方が間違っているかもしれないと由利は俊助に話す。

由利は研究室に隠し部屋があるのを発見して部屋の中で考えを巡らす。

そんななか、リサイクル処理場で魁太の遺体が見つかり遺体はスクラップされた鉄塊の中にあった。

等々力たち警察は由利と俊助とともに捜査を進める。

処理場にあった魁太のゲームをやっていた俊助はあることに気づく。

魁太がプレイしていたアカウント名は「スロープ9」でこれは”日下(くさか)”を表しているのではないかと推理した。

そして、魁太が一緒にプレイしていた「デビー」が「スロープ9」が消えたと言っていたことからデビーこそが日下を殺害した犯人ではと俊助は由利に話す。

一方、瑠璃子は魁太のことを思い出していて日下が彼を実験台にした。

隠し部屋の前に髑髏が飾られていて、その隠し部屋で日下は魁太を実験していた。

ある日、瑠璃子は日下の胸に短刀を突き立てて殺害した。

絵を黒く塗りつぶし瑛一はこれで邪魔者2人が消えたと瑠璃子に呟いた。

瑠璃子は暗い顔をして去っていく…。

その頃、由利たちは日下の研究室に来て隠し部屋の前に飾られていた髑髏は瑠璃子の父親・八十川の遺骨であると由利は俊助と等々力に話す。

瑠璃子のアトリエに来た由利たちは絵の中から日下の研究ノートを見つける。

絵に描いてあった瑠璃堂に向かう由利。

瑠璃子と瑛一は瑠璃堂に行き瑠璃子は瑛一を紐をで首を絞めて殺そうとする。

そこに現れたのは由利たちで瑠璃子の犯罪を止めようとした。

瑠璃子の息子である魁太は日下との間にできた子どもで日下の子どもでも母親として魁太を愛していた。

瑛一には兄として魁太を守ってほしかったが所詮自分のことを女としてしか見ていない瑛一に殺意を抱く。

魁太の死を偽装してまで瑠璃子は少年を守りゲームの中でだけ繋がっていられた。

自分を殺そうとした瑠璃子をナイフで殺そうとした瑛一だが由利が彼を投げ飛ばす。

瑠璃子が逮捕されようとした時、八十川が持っていた瑠璃色のリボンを瑠璃子に渡す由利。

由利は瑠璃子の描いた絵の顔料のことが気になり後になってその顔料が湯浅の喘息を促進する効果があることに気づく。

湯浅が倒れたトンネルに来た由利は吸引器が落ちた下水道をジッと見る。

瑠璃子は日下と共同で研究していて八十川を実験台にした湯浅のことも恨んでいた。

血のついた髑髏のそばに置かれていた金盞花(キンセンカ)は「再生」という花言葉がある。

忌まわしい家族を葬って新しい家族を再生させるのを望んでいたのではと俊助は考えていたーー。

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第1話の感想

吉川晃司演じる由利麟太郎のカッコいいこと💓

そして助手の三津木俊助演じる志尊淳もカッコいいけどちょっとお調子者なところがいい!

今回の事件は非人道的な研究によって狂わされた家族の物語で、瑠璃子は日下が父親を実験台にして死に追いやったことで恨みを抱く。

それだけならまだしも、日下は瑠璃子を襲い挙句に子どもも孕ませた。

いやいや、こんな男と四六時中一緒にいると思うと寒気がするね( *`ω´)

瑠璃子はたとえ日下の子どもでも母親として必死に守ろうとする姿に胸を打った。

まとめ

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第1話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

吉川晃司にとっては地上波初主演ドラマになるこのドラマ。

昭和を代表するミステリー作家の横溝正史原作の『探偵 由利麟太郎』。

吉川晃司演じる主人公の由利麟太郎は見た目は美しい白髪の紳士であまり多くを語らない冷静沈着な男でもある。

吉川晃司と志尊淳の新たなバディーが誕生する!?

横溝作品独特のおどろおどろしい奇怪な殺人事件を現代風に新解釈してこのドラマはさらに面白みを増す。

事件と謎解きが複雑に絡み合う人間ドラマでありホラーミステリーでもある。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする