ドラマ『SPEC スペック』2話ネタバレあらすじ 千里眼を持つ男

戸田恵梨香&加瀬亮のドラマ『SPEC スペック』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

ミショウに神父の大野がやってきて死刑囚の桂小次郎から奇妙な話を聞いたと相談する。

桂は警察に対して挑戦すると言い出し、10年前のある事件の真犯人を捕まえなければ真犯人に天罰を下すと宣言して….。

ドラマ『SPEC スペック』第2話のあらすじ

警視庁公安部公安第五課、未詳事件特別対策係。通称・ミショウに飛ばされてきた刑事、瀬文焚流(加瀬亮)は、同僚の当麻紗綾(戸田恵梨香)と共に追っていた事件で左腕を負傷。犯人に銃を奪われ、その銃で撃たれたと警視庁の聴聞委員会で発言するが、瀬文が犯人を射殺したのに嘘をついていると聴聞委員は怒り心頭。

一方の当麻は、聴聞委員会をわざとサボっていた。目の前で起きた事実を話したとしてもそれは無意味で、瀬文のように、警察の上層部から目をつけられるだけだと分かっているのだ。

その頃、瀬文の部下で現在植物状態にある志村(伊藤毅)の妹・美鈴(福田沙紀)は、担当医・海野(安田顕)にある相談をしていた。それは、兄に触れた途端、美鈴の脳内にいろんなヴィジョンが飛び込んできたという。

ある日、ミショウに神父の大島(佐野史郎)が相談にやって来る。その神父はボランティアで死刑囚の話を聞く教誨師もやっているらしく、桂小次郎(山内圭哉)という死刑囚が「警察に挑戦する」「自分には神の力が宿った」と語っているのだと言う。神父が語る神の力をもつ死刑囚の話に興味津々の当麻は、10年前に起きた未解決事件「青山華道家死体なき殺人事件」の再捜査を行うことに!桂からの挑戦、「24時間以内に事件を解決しなければ、自分が犯人に裁きを下す」に真っ向勝負するつもりだ。当麻と瀬文は、死刑囚より先に真犯人を確保すべく、動き出す。
(引用元:SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜公式ホームページ

ドラマ『SPEC スペック』第2話のネタバレ

当麻と瀬文は早速青山のアトリエに赴き、被害者の新進気鋭の華道家・鬼門拓也のアトリエだった現場を調べる。

現場は当時のままの姿で、部屋は荒され床には鬼門の血痕がありカップが置かれていた。

アトリエのそばには鈴虫がうるさいほど鳴いている。

瀬文は犯人が小口径の銃を使えば血痕をそれほど残さずにすむと当麻に話す。

犯人が女性なら被害者を車に乗せてから人気のないところまで連れていき殺害することも可能だと真理子に話す。

真理子のことを疑っている様子の瀬文を連れて当麻たちミショウは鬼門の関係者に聞き込みをしにいく。

鬼門の片腕と言われた板野貞雄に事件当時の話を聞く。

あの日板野は京都のイベントに行っていてファンと京都で撮った写真もありアリバイはある。

当麻は鬼門と電話した話を板野から聞き、板野はあの時電話越しから鈴虫の鳴き声がうるさかったと証言した。

次に当麻たちは鬼門の愛弟子だった松井和生に聞き込みにしに行き、事件当時松井は家族と映画に行っていた。

映画の途中で息子が吐いて大変だったと松井は話し、後で松井の元妻に確認するとその話は本当だと確認が取れた。

2人にはどちらもアリバイがあり事件は難航した。

ミショウに戻った当麻は半紙に事件に関係した言葉を書きその半紙を破き細切れになった半紙を投げて紙吹雪が舞う。

「いただきました!」と当麻は呟き事件の真相が見えた….。

当麻と瀬文は板野のもとに行き当麻が自分の推理を話し始める。

板野は鬼門の家に待ち伏せて鬼門を京都に連れて行って鬼門に真理子に青山のアトリエにいると嘘をつかせてその直後に殺害した。

アトリエが荒らされていたのは板野がアリバイ工作のために荒らしたもので床に置いたカップは松井に罪を着せるためのものだったが松井にアリバイがありそれも無駄になった。

当麻が板野が真犯人だと確信したのは板野が証言した「鬼門と電話している時に鈴虫の鳴き声がうるさかった」という言葉。

その言葉が嘘だと気づき板野を犯人だと思った。

なぜなら、鈴虫の鳴き声は受話器から聞くことができずこのことは野々村との電話で立証された。

こうして板野は逮捕されて、留置所にいる桂に勝利宣言した当麻。

しかし、桂は不敵な笑みを浮かべて犯人は板野だけじゃないと言い出す。

実は、真理子と板野は男女の関係で共犯で鬼門を殺害しようと計画していたのだ。

そして、真理子は松井とも男女の関係があり板野との関係を知って激怒した松井に首を絞められて殺された。

桂が人の命を何とも思っていない態度に瀬文は激怒してトイレの便器に桂の頭を押し付ける。

当麻にニノマエの名前を言い瀬文の過去も知り尽くしている桂。

当麻たちが帰った後、桂の前に津田が現れる。

津田は桂の本当の能力は千里眼などではなく異常に発達した聴覚によって数百キロ離れた場所の音も聞こえるSPECホルダーだったと見抜く。

法務大臣から許可をもらった死刑執行書を桂に見せて部下に命じて桂を絞首台に連れて行った。

桂の首に縄がつけられて今にも死刑執行されようとしていたその時、突然時間が止まった。

桂の前に現れたのは一十一(ニノマエジュウイチ)で、彼は桂に「助けてほしい」と尋ねる。

桂はか細い声で助けを求めたがニノマエは笑いながら嫌だねと言って指を鳴らした。

すると、時間が動き出して桂の死刑は執行されたーー。

ドラマ『SPEC スペック』第2話の感想

今回の事件は神から授けられた千里眼を持つと自称する桂が10年前の事件の真犯人を捕まえるように話す。

当麻と瀬文は10年前の事件の捜査を始めるけど捜査は難航。

かと思いきや、当麻が板野が犯人だと推理して事件は解決かと思われた。

板野を追い詰めるシーンで受話器から鈴虫の鳴き声が聞こえないというのは初めて聞いてびっくりした❗️

板野の共犯者が真理子だと明らかになり彼女は松井に殺された。

結果的に桂との勝負は負けたけど、その後桂の死刑が執行される。

桂はもちろん悪い奴だけどなんだか不憫…。

ラストに現れたニノマエが何者なのか、この先の『SPEC スペック』がますます気になってきた💓

まとめ

ある日、ミショウに神父の大島(佐野史郎)が相談にやってきた。

ボランティアで死刑囚の話を聞く教誨師もやっている大島は桂小次郎(山内圭哉)という死刑囚が「警察に挑戦する」「自分には神の力が宿った」と語っているのだと当麻たちに話す。

神父が語る神の力をもつ死刑囚の話に興味津々の当麻は桂から警察に挑戦するつもりなのを聞く。

そして、10年前の事件の真犯人を捕まえなければ真犯人に天罰を下すと宣言した。

真犯人は板野と真理子だと明らかになり板野は当麻の名推理で逮捕できたが真理子は松井によって殺害される。

その後、桂は津田によって死刑が執行されてしまう。

第3話では、人に憑依するSPECを持つ何者かが次々と人に取り憑き事件を起こし当麻たちミショウを翻弄する….。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする