映画『記憶にございません!』ネタバレあらすじ 総理が記憶喪失!

僕は三谷作品といえばやはり『古畑任三郎』だと思う。

僕の好きな古畑の回は明石家さんまさんの弁護士、山口智子さんの『しばしのお別れ』。

山口さんの演技は今でも印象に残っている。

三谷幸喜監督の作品は細かいところに笑いがあり見るたびにいつも笑わせてもらっています。

僕は『王様のレストラン』も『ラヂオの時間』もまだ見ていないですが、皆さんからの評価が高いので時間が空いたら見てみたいと思います。

三谷ファミリーの面白い掛け合いが三谷作品の面白いところですが、『ギャラクシー街道』ではその面白さがあまり発揮されてなかった記憶があります。

ということで最新作の『記憶にございません!』のレビューに行きましょう!

予告では中井貴一さんの「記憶にございません!」が耳に残り実は見たくてたまりませんでした。

あらすじ

国民からは史上最悪のダメ総理と呼ばれた総理大臣の黒田啓介は、演説中に一般市民の投げた石が頭にあたり、一切の記憶をなくしてしまう。
各大臣の顔や名前はもちろん、国会議事堂の本会議室の場所、自分の息子の名前すらもわからなくなってしまった啓介は、金と権力に目がくらんだ悪徳政治家から善良な普通のおじさんに変貌してしまった。
国政の混乱を避けるため、啓介が記憶を失ったことは国民には隠され、啓介は秘書官たちのサポートにより、なんとか日々の公務をこなしていった。
結果的にあらゆるしがらみから解放されて、真摯に政治と向き合うこととなった啓介は、本気でこの国を変えたいと思いはじめようになり……。
映画.comより

キャスト

主人公の記憶を失った総理大臣を演じているのは中井貴一さん。

『ステキな金縛り』では幽霊が見えているけど幽霊の存在を信じようとはしない正義感の熱い検事役を見事に演じきっています。

そして彼を支える首相秘書官にディーン・フジオカさん、妻の聡子役に石田ゆり子さん、事務秘書官役に小池栄子さんなど豪華な俳優陣が顔を揃えています。

三谷作品で常連の梶原善さんも出演しています。
そのほかにも草刈正雄さん、佐藤浩市さん、吉田羊さんなどが出演しています。

感想

よくある記憶喪失ものということでどこかの作品で見たことのあるシチュエーションもありましたがそこは三谷節の小ネタを挟み全体的に面白い作品に仕上がっています。

日本のトップの総理大臣がもし記憶を失ったら・・・。

という架空の設定で記憶を失ったからこそ自由に日本の政策や将来について思案できるという三谷監督の政治に対する考えをそのままこの作品に落とし込んでいて僕は良かったと思います。

ディーン・フジオカさんと小池栄子さんのコンビはこれまでの三谷作品にはあまりなかったような組み合わせなのでこれも面白かった。

木村佳乃さんの女性アメリカ大統領のあの演技も僕的にはツボでしたw

ここからネタバレ注意!

キャラクター

本作のキャラクラーはどれも魅力的でそれぞれの掛け合いが見事に絡み合っていると思います。

他の三谷作品を観てもわかるようにどれもキャラクターの作りが凝っていて共感できたり笑えたりと魅力が詰まった作品が多かったと思います。

有働由美子さんのキャスターは最後辺りまでなかなか気づかなかったほどすごい変身ぶりでしたw

三谷作品では初めて出演したディーン・フジオカさんも首相秘書官がものすごくしっくりきてました。

石田ゆり子さん演じる聡子と不倫するわけですが最初は総理を嫌っていて好きでもないのに彼女と付き合うというなかなかひどい男。

ですが、その後総理が記憶喪失になり人が変わり人に優しくなったことで秘書官の総理への見方が変わっていきます。

小池栄子さん演じる事務秘書官も総理のために彼のプライベートにまでついていき総理を必死に支える姿はなんとも言えずよかった💗

マイペースの家政婦を演じた斉藤由貴さんも総理のいつもを持ってくる姿は笑えたw(チョコバナナやキムチ?)

閣議の場で半袖という違和感アリアリの格好をしていた閣僚を演じた小林隆さんは「アレ、アレ」というよくわからない会話も何気に笑えた( ^∀^)

色々な個性的なキャラが出てきて飽きることなく最後まで見れました。

濱田龍臣さん演じる総理の息子が最初は父親のことを嫌っていましたが総理の変わりように最後は父親のような総理大臣になりたいというようになりました。

ベタな展開が続くこの作品ですが、記憶喪失の総理が日本の政治を変えていくという内容には納得させられました。

三谷作品は面白い

僕が初めて劇場で観た三谷作品は『ザ・マジックアワー』です。

佐藤浩市さんのナイフを舐める芝居がすごく印象的でギャングを芝居で騙すという設定に引き込まれ三谷作品の面白さに触れた気がしました。

『古畑任三郎』はどれも面白くサスペンスでありながらも展開が読めずいつもハラハラしながら観ていました。

こういう作品がもっとTVでやってほしいのにと思い今日この頃・・・。

田村正和さんのあの演技は唯一無二の存在です💗

まとめ

映画の内容については先に話した通りで、三谷作品の最高傑作との呼び声が高いこの作品ですが記憶喪失二ありがちな設定ばかりなので見る人によってはつまらないという人が多いのかもしれません。

しかし、三谷作品のおなじみの小ネタが散りばめられていて観客を飽きさせない工夫が施されている気がします。

それでは、また‼︎