映画『引っ越し大名!』あらすじと感想 引きこもり侍が引っ越しを!

僕は引きこもり侍が前代未聞の引っ越しに挑む星野源さん主演の『引っ越し大名』を鑑賞してきました。

本作の『引っ越し大名』は、姫路(兵庫)から日田(大分)への国替えつまりは引っ越しをコミカルに描いた時代劇コメディです。

星野源さんはドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で主演を務めて主題歌も歌った『恋』が社会現象を巻き起こすほど有名になりました。

その星野源さんの魅力がたっぷり詰まった作品です。

僕はコメディ映画が大好きで毎日笑顔になり元気をもらえます!

それでは映画『引っ越し大名』のネタバレとあらすじ&感想を書いていきたいと思います。

映画『引っ越し大名』は2019年8月30日に公開されました。

生涯に7回もの国替えをし、“引っ越し大名”と呼ばれた実在した大名・松平直矩をモチーフとした土橋章宏さんの小説『引っ越し大名三千里』を映像化した作品です。

監督は『ジョゼと虎と魚たち』『のぼうの城』を手がけた犬童一心さんです。

脚本と原作は『サムライマラソン(幕末マラソン侍)』『超高速!参勤交代シリーズ』などの土橋章宏さんです。

スタッフ&キャスト

原作・脚本 土橋章宏『引っ越し大名三千里』
監督 犬童一心
音楽 上野耕路
主題歌 UNICORN『でんでん』

片桐春之介(星野源)
鷹村源右衛門(高橋一生)
於蘭(高畑充希)
松平直矩(及川光博)
山里一郎太(小澤征悦)
中西監物(濱田岳)
藤原修三(西村まさ彦)
本村三右衛門(松重豊)
仲田小兵衛(山内圭哉)
勘定奉行(正名僕蔵)
高橋四郎(飯尾和樹)
田中衆三郎(和田聰宏)
和泉屋若旦那(岡山天音)
綾瀬主水(松岡広大)
波津(富田靖子)
蛭田源右衛門(中村靖日)
戸田采女(矢野聖人)
音松(鳥越壮真)
小野田真之(斉藤暁)

丘みどり(特別出演)
柳沢吉保(向井理) 友情出演
ナレーション 立川志らく

登場人物紹介

片桐春之介(星野源)

姫路藩書庫番で、引きこもって本ばかり読んでいるのでついたあだ名は「かたつむり」です。

侍たちが嫌がる仕事の引っ越し奉行に任命されます。

主人公の片桐春之介を星野源さんが演じています。

所属事務所はアミューズ(音楽業)、大人計画(俳優業)です。

2019年8月30日には自身初となる海外ツアー『星野源 POP VIRUS World Tour』の公演が決定しています。

鷹村源右衛門(高橋一生)

姫路藩の御刀番で、春之介とは幼馴染です。

春之介を引っ越し大名に任命した張本人でもあります。

鷹村源右衛門を演じているのが高橋一生さんです。

所属事務所は舞プロモーションで、所属レーベルはユニバーサルシグマです。

2018年10月期から2019年4月期の間、3期連続で連続ドラマの主演を務めた『僕らは奇跡でできている』、『みかづき』、『東京独身男』。

『東京独身男』では、主演を務めるだけでなく主題歌も担当して、これが正式な歌手デビュー作となりました。

於蘭(高畑充希)

全引っ越し奉行の娘で、子持ちの出戻りで音松という息子がいます。

於蘭を演じているのが高畑充希さんです。

所属事務所はホリプロで、所属レーベルはワーナーミュージック・ジャパンです。

2020年上映開始の舞台『ミス・サイゴン』にキム役で出演します。

キムを演じることに憧れを抱いていた高畑充希さんは自らオーディションを受けました。

映画『引っ越し大名!』のあらすじ

姫路藩書庫番の片桐春之介は人と接するのが苦手で、いつも書庫にこもり書物にあたっていた。
幕府から豊後(大分県)の日田への国替を言い渡された藩主の松平直矩は、度重なる国替からの借金と、これまでにない遠方への引越し、さらに減棒と、国の存亡が危うくなるほどのピンチに頭をかかえていた。
この国難を乗り切れるかは、国替えを仕切る引っ越し奉行の腕にかかっていたが、前任者は激務が原因ですでに亡くなり、国替のノウハウも失われていた。
そんな中で、書物好きなら博識だろうという理由から、春之介が引っ越し奉行に任命されてしまう。
(映画.comより)

映画『引っ越し大名!』の感想&レビュー

時代劇というと難しい言葉が出てきて堅苦しいイメージがありますけど全然そんなことはなかったです。

時代劇コメディなので出てくる言葉も現代人の僕にもわかりやすくなっていました。

わかりやすい勧善懲悪ものでエンターテイメントの時代劇として満足のいく作品になっています。

高橋一生さんはあまり体育会系の役は見たことないんですけどとってもイキイキしていました💓

チャンバラもとても迫力があって見応えは充分でした。

コメディ時代劇として一級品

本作の『引っ越し大名』は、“引っ越し大名”とあだ名された実在の大名の松平直矩をモチーフにした作品です。

幕府小納戸役の柳沢吉保(向井理)からの夜のお誘いを断った直矩。

これが原因で直矩は、日田藩への無茶な国替えをに命じられます。

こんな理由で国替えを命じられたらたまったものじゃありませんねえ〜〜。

そんな中、“引っ越し大名”に任命されたのがいつも書庫にこもっている引きこもりの片桐春之介です!

春之介は書庫で本ばかり読んでいる引きこもりで人ともまともに話せません。

そんな春之介は、亡くなった元引っ越し奉行の娘の於蘭に会いに行きます。

於蘭は「女抜きで引っ越しができるとお思いですか?」と実に頼もしいセリフです。

“引っ越し奉行”の春之介を中心に個性的な仲間たちが集まり笑いあり、涙あり、恋ありのコメディ時代劇が展開していきます。

小ネタがあり常に笑わせていただきました。

星野源さんのキャラが春之介の役にはまりこの作品をより面白いものにしています。

引っ越しはとにかく大変!

引っ越しはとにかく大変で僕も何度か引っ越しをしているのでその大変さがよくわかります。

江戸時代じゃなくてもしんどい姫路の兵庫から日田の大分までの距離を国替えをするという大変なプロジェクトを書庫番の春之介が任命されます。

藩ごとの引っ越しは侍だけでなくその家族も丸ごと引っ越すということだからとんでもない規模の引っ越しだということがわかると思います。

引っ越し大名の片桐春之介!

春之介は引っ越しをする上で、まず藩士たちの家財を減らして人員削減つまりはリストラをし商人から借金をするというどれも辛く大変なことばかりです。

春之介はその全てをこなし引っ越し奉行として見事な成長を遂げました!

春之介は誰でも分け隔てなく接する性格の人でだからこそ仲間が協力してくれたのでしょう。

引っ越し唄の監修と振り付けは野村萬斎さん

引っ越し唄の振り付けと監修は狂言師で俳優の野村萬斎さんです。

このうたは僕も耳に残っていてこの作品の肝にもなる唄だと思います。

鷹村源右衛門(高橋一生)と侍たちが陽気に歌う姿がとても印象的です。

まとめ

コメディ時代劇ということで肩の力を抜いて観賞できました。

普段時代劇は堅苦しくて遠ざけていたという人にも優しい作品になっていると思います。

時代背景などもナレーションで説明してくれるので初めて時代劇を見るという方にもおすすめです。

ちなみにナレーションは落語家の立川志らくさんです。

噺家だからかスッと耳に入っていき心地よかったです。

星野源さん、高橋一生さん、高畑充希さん、濱田岳さんの4人のコントみたいなやりとりは見ているだけで飽きなかったです!

主演が星野源さんだからこそ成り立った映画だと思います。

興味がある方はこの機会に是非ご覧になってみてはいかがでしょうか?