朝ドラ『はね駒』74話あらすじネタバレ みつが離縁される!

斉藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第74話のあらすじネタバレと感想をまとめてみました。

みつは子どものために英語の歌をりんから教えてもらっていて子どもに会えるのを楽しみにしていた。
 
そんななか、勘太郎が橘家にやってきてみつの人形を持って「やや子の代わりだ」とみつに告げたが…。

朝ドラ『はね駒』第74話のあらすじ

りん(斉藤由貴)は、妹・みつ(小野ゆかり)に英語の歌を教えていた。

病気が治りうちに帰ったら、赤ん坊に英語の歌を聞かせてやりたいと頼まれたからだ。

そんななか、みつの夫・吉川勘太郎(佐藤B作)が、橘家にお見舞いに訪れる。

みつのかわいがっていた人形が手土産だった。

「やや子の代わりだ」と勘太郎は言い、大喜びのみつだったが…。

朝ドラ『はね駒』第74話のネタバレ

みつは子どものために英語を覚えたいと言ってりんから英語の歌を教わる。

自分にできることはこれくらいしかないとみつは言いりんは自分にできないことをみつはたくさんしていると語った。

その時、勘太郎が訪ねてきてみつの人形を持ってきた。

みつは子どものかわりにこの人形を抱いて抱っこの練習をしたいと勘太郎に話す。

その姿を見た勘太郎はみつを抱きしめ子どものことは自分に任せてみつは早く病気を治せと告げる。

その夜、勘太郎のおかげでみつは元気になったと家族は喜んでいてみつが歩く練習がしたいからと言って降りてきた。

徳右衛門がみつを支えてみつはゆっくりと歩く。

りんが家の前で掃除をしていて鶴次と会い仙台へ伝道に行ってくると告げ菊代とともに仙台へ行く。

そして、みつの荷物が吉川家から送り返されてきてりんは驚いてやえに伝える。

荷物がこの家に届いたということは吉川家と離縁されるかもしれないのではと思い橘家のみんなは不安に思う。

みつはこのことを知らずに子どもに会える日を楽しみにしていた。

みつのことを思い弘次郎は吉川家に向かい、みつにこのことを知られないように納屋にみつの荷物を隠した。

やえは吉川家のやり方に怒り心頭の様子で徳右衛門も気持ちは同じで庭で素振りをしていた。

朝ドラ『はね駒』第74話の感想

りんはみつが英語の歌を教えてみつは子どもに英語の歌を教える日を楽しみにしていた。

こうしてみるとりんとみつは本当に仲のいい姉妹なんだなと改めて気づかされるな。

みつは子どものために英語の歌を教えてもらいたいという子ども思いなみつに感動💓

橘家にやってきたのはみつの夫の勘太郎で、みつが可愛がっていた人形をやや子の代わりと言って持ってきた。

みつが子どもに会えるのを楽しみに待っていて嬉しそうなみつを見て勘太郎の顔がなぜか曇っていた。

この勘太郎の表情がこれから起こる悲劇を予兆している…。

ある日突然みつの荷物が吉川家から返されてきてりんはこのまま吉川家と離縁されるのではと橘家は危惧していた。

こういうやり方は許さないな僕も、跡取りが生まれた途端みつを捨てるような真似するなんて!

これじゃあんまりにもみつがかわいそうだ(´・ω・`)

まとめ

朝ドラ『はね駒』第74話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

りんはみつが英語の歌を教わりたいということで英語の歌を教えていた。

そんな時に勘太郎が橘家を訪れてみつのためにみつの大事にしていた人形を持ってきてくれた。

そして、みつを抱きしめた勘太郎はやや子のことは俺に任せろとみつに告げた。

この言葉の本当の意味をこの時まだみつは知らない….。

ある日、みつの荷物が返されてきてりんは吉川家がみつを離縁しようとしていると直感した。

吉川家の行動に弘次郎は怒り吉川家に向かった。

弘次郎が吉川家に雷を落とすことを期待して待とう💗

第75話では、弘次郎は吉川家に行って姑のたかと話をするがたかは意外な離縁の理由を語り始める。

その一方で、みつは納屋に家族が隠しておいた自分の荷物を見つけてしまう…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする