ドラマ『鍵のかかった部屋』特別編6話ネタバレあらすじ 自殺の真相

大野智主演のドラマ『鍵のかかった部屋』特別編・第6話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

とある貿易会社の事務所で厳重な鍵と防犯カメラを設置していた榎本。

貿易会社の社長室には純子と芹沢もいて榎本たちは取締役の野々垣から3日前に副社長が眉間を撃たれて銃殺された事件の話をして…。

ドラマ『鍵のかかった部屋』特別編・第6話のあらすじ

榎本径(大野智)は、とある貿易会社の事務所で厳重な鍵と防犯カメラを取り付けていた。

その貿易会社の社長室では、榎本の紹介で法律相談を依頼された青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)が社長の富樫(岩松了)と会っていた。

貿易会社社長とは思えない富樫のイカつい顔に芹沢は不安を覚える。

取締役の野々垣(哀川翔)が榎本に知り合いのように声をかける様子に驚いた芹沢が尋ねる。

すると、3日前に会社で副社長が眉間を撃たれて銃殺された事件が起きて壊れたドアの鍵を直すため派遣されたということだ。

警察は事件を自殺と他殺の両方から調べていたが、榎本は自殺ならこめかみを撃ち抜くのが自然だと告げる。

他殺の場合の容疑者は八田(鈴木亮平)という男だった。

八田は事件当時に別の部屋にいたが、銃声を聞いて副社長室に走ると副社長が死んでいたと証言する。

数日後、野々垣は事務所から帰ろうと犬山(佐藤祐基)に車を玄関に回すよう命じると当日の夜の電話番を担当する八田を呼び止めた。

その後、車を回してタバコを吸いながら待っていた犬山から禁煙中の野々垣が「1本くれ」と、吸い始める。

同僚の坂口(高杉亘)は「さっさと乗れ」と催促するが…。

と、その時事務所から銃声が響く!

中には八田がいるはずだが、中から施錠され開かなかった。

そこで、榎本が呼ばれて鍵を開けることになりドアの鍵を解錠した。

そこで室内の様子を見た榎本は驚くべき光景を目にするーー!?

ドラマ『鍵のかかった部屋』特別編・第6話のネタバレ

6つの鍵がかけられた事務所に防犯カメラ、この厳重な部屋のなかでどうやって密室を破るのか。

生活リズムが新たな悲劇を生むと榎本は語る。

榎本は貿易会社の社長が法律相談をしたいと芹沢と純子に電話で話す。

富樫貿易に来た芹沢と純子は社長の富樫と取締役の坂口に会った。

明らかにヤクザの雰囲気がある会社の社員たちに芹沢と純子はすっかり震え上がる。

榎本は3日前の事件で社員がドアを蹴破って鍵が壊れたので新しい鍵を設置していた。

その事件とは副社長室で副社長の岡崎が殺されているのを八田が発見する。

警察は岡崎の手に硝煙反応があったことから自殺と他殺の両方で捜査している。

岡崎と八田だけが事件当時事務所にいて警察は八田が岡崎殺しの容疑者とした。

事務所に八田の娘の美沙がやってきて榎本の顔を見てタイプと話す。

芹沢は富樫から新しい仕事の依頼をされてヤクザの仕事はしたくないと帰り際に榎本と純子に告げる。

その夜、野々垣と犬山、坂口は事務所の外にいたが銃声が鳴り急いで事務所に向かう。

榎本がピッキングをして事務所の鍵を開けて野々垣たちが事務所になだれこむと八田が口から血を吹いて手に銃を握りしめて亡くなっていた。

その後、警察は八田が岡崎を殺したことを苦にして自殺をしたのだと結論づけた。

そんななか、芹沢の事務所に美沙がやってきてお父さんの死の真相を調べてほしいと頼まれて芹沢は純子に押し付けた。

榎本と純子は富樫貿易の事務所に来て捜査を始める。

事務所に鍵をかけたのは八田で現場は密室になっていた。

事務所の外の廊下の防犯カメラは八田が角度を変えてエレベーター前が死角だった。

野々垣は坂口が犯人だと疑っていて坂口は怒って2人は喧嘩になった。

美沙に話を聞くために純子は美沙の学校に行く。

公園で美沙は純子に副社長が殺された後に野々垣が八田に副社長の部屋で何か見なかったかと尋ねていたと話す。

その時に八田は事件当時に事務所の外で野々垣の車が走り去るのを目撃したと野々垣に告げる。

一方、坂口は芹沢の後をつけて芹沢は思わず逃げ出し坂口が追いかける。

ようやく芹沢に追いついた坂口は芹沢に調べてほしいことがあると頼んだ。

防犯会社の倉庫にいた純子は犬山からいろいろ話を聞いたと榎本に話して、その時野々垣が倉庫に来た。

野々垣は犬山の口が軽いからしめてきたと純子と榎本に話し、2人を脅した。

そこに芹沢が現れて野々垣たちの武器が暴力なら弁護士の武器は法律だと訴える。

野々垣は帰っていき、榎本は事件のことを整理するために純子に美沙とはなしがしたいと話す。

美沙に話を聞いた榎本は八田が毎日美沙と電話で話をしていることと、八田と美沙が水鉄砲で遊んでいたことを聞く。

そして、八田と美沙が水鉄砲で遊んでいたことを野々垣も知っていたという話を聞き榎本は「密室は破れました」と真実にたどり着く。

榎本は富樫貿易の事務所に行き野々垣に自分の推理を話し始める。

八田の事件当時、野々垣は拳銃型の水鉄砲を八田に見せてその水鉄砲の中に幻のの日本酒を入れる。

そして、帰り際に野々垣が水鉄砲の中の日本酒を飲んでいいと八田に告げ事務所を出る。

その後八田は日課である夜10時に美沙と電話で話をして、そのことを知っていた野々垣はアリバイを作るために坂口たちと事務所の外にいた。

美沙との電話が終わった後、八田は事務所の鍵をかける。

そして、野々垣が水鉄砲と本物の拳銃を事前にすり替えてい八田が水鉄砲と思い銃口を口に向けて引き金を引いたのだ。

八田が本物の拳銃だと気づかなかったのは野々垣が拳銃の銃口に詰め物をしていたからだ。

その詰め物は八田が引き金を引いた途端吹っ飛び八田の座っていたソファに落ちた。

そこまで推理を話し終えると野々垣が証拠はあるのかと言って榎本を睨む。

証拠の水鉄砲は防犯カメラの死角になっているドアの郵便受けに隠したのだ。

榎本は予備防犯の話をして富樫から八田の事件の後に予備防犯として死角にならないようにもう一つ防犯カメラを仕掛けた。

その防犯カメラを意識して野々垣は水鉄砲を回収できなかった。

野々垣はブチ切れてそれじゃ何の証拠にもならないと怒鳴る。

その時、芹沢は岡崎を殺害した動機の証明をする。

野々垣はダミー会社を使って裏カジノを経営していてそれが岡崎にバレて富樫に告発されようとしていた。

それを阻止するために野々垣は岡崎を殺害し、銃声に気づいた八田が副社長室に入ってきた。

その時に八田を殺害されなかったのが野々垣の失敗。

八田が野々垣の車が事務所から走り去る姿を目撃したのを知り口封じに八田を殺害した。

そこまで話をした榎本に銃を向けるが富樫が野々垣に銃を向けた。

富樫はこんな卑怯な手を使う野々垣は男じゃないと告げ野々垣を見放す。

こうして事件は解決し、榎本は美沙がいたから事件を解決できたと話す。

美沙は榎本を遊びに誘い榎本は彼女の手に引かれて一緒にブランコで遊ぶのだったーー。

ドラマ『鍵のかかった部屋』特別編・第6話の感想

今回の事件はとある貿易会社の副社長の岡崎が殺害された事件と八田が拳銃で亡くなった事件。

一見どつちも自殺かと思われたが、実はこの二つの事件はどっちも野々垣が犯人だった。

たしかに見るからに怪しいけど本当に人殺しだったとは!

榎本は美沙と八田が水鉄砲で遊んでいることを知り野々垣がそれを利用して八田を殺害する。

まさか水鉄砲と拳銃を入れ替えるとはなんて恐ろしいことを考えるo(`ω´ )o

榎本の名推理で事件を解決して最後は美沙と榎本が遊ぶシーンでほのぼのした💓

まとめ

ドラマ『鍵のかかった部屋』特別編・第6話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

防犯マニアの榎本は貿易会社の副社長が銃殺された事件が発生して壊れたドアの修理のために派遣される。

自殺ならこめかみを撃ち抜くのが自然だと榎本は野々垣に話す。

この事件がもし他殺である場合に容疑者は八田という人物。

八田は事件当時に八田は別の部屋にいたが銃殺を聞きつけて副社長室に行くと副社長が死んでいたと証言。

数日後に容疑者の八田が事務所で拳銃自殺をした様子で亡くなっていた。

だが、榎本はこの事件を殺人と断定して捜査を始める。

今回も密室を破った榎本の鮮やかな推理に驚き❗️

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする