ドラマ『SPEC スペック』1話ネタバレあらすじ 毒殺を予言?

戸田恵梨香&加瀬亮主演のドラマ『SPEC』第1話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

瀬文焚流は警視庁特殊部隊(SIT)に大抜擢されて小隊長にまで上り詰めた凄腕。

だが、部下の志村優作を誤射したことで警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係(通称:ミショウ)に飛ばされてしまう。

瀬文がミショウで出会ったのは当麻紗綾で、彼女と出会ったことにより様々な難事件に巻き込まれることになるーー!?

ドラマ『SPEC』第1話のあらすじ

警視庁は、未解決事件の捜査強化のため、捜査一課弐係 (通称:ケイゾク) に加え、公安部に未詳事件特別対策係を設立した。通称、ミショウ。通常の捜査一課的手法では、捜査の対象にならないような特殊な事件を主に取り扱う。つまり、証拠がほとんどなく、また、目撃証言もほとんどないプロの犯行によるとされる事件や、国や政治、宗教団体がらみの不可解な事件など、捜査一課では手に余る事件を主に扱う。
ミショウの係長は野々村光太郎 (70) [竜雷太]。のらりくらりの天才狸と言われた男が、嘱託で係長になった。一見風格もあるし、まず、年寄りを怒鳴るクレーマーはあまりいない。
「まあまあ、今、我々未詳事件特別対策係が全力を挙げて捜査してますから」
と、相手の怒りやテンションを受け止め、ずるずると、ごまかす。そんな効果が期待されての部署なのだ。
そんな野々村の下に、部下がつけられた。トラブルを起こしてミショウに飛ばされてきた二人。問題はあるけど、実力はハンパない。
一人は、当麻紗綾 (24) [戸田恵梨香]。頭は異常によく、学校も行かず、塾も行かず、京大理学部に合格。しかも、京大在学中に FBI に何故かもぐりこみ、X-FILE の研究をしてきた変わり種。IQ はなんと、201。頭が良すぎるため、上司を小馬鹿にし、しかも、オタクかと思ったら意外にケンカっ早い。ミショウに入って1年で犯人と格闘して大けがを負い、今でも左手はギプスのまんま、というつわものだ。
もう一人は瀬文焚流 (36) [加瀬 亮]。現場のたたき上げ。警視庁の花形である警視庁特殊部隊 (SIT) に大抜擢され、27歳の若さで小隊長の位置にまで上り詰めた凄腕。銃器の扱いは警視庁で一番、極真空手も師範代クラス。ところが、ある事件が理由で、ミショウに飛ばされた。
当麻と瀬文は、犯人が通常の人間ではないとしたら、どういう SPEC の持ち主かと言う前提で、捜査を開始する。「 犯人の、特殊な能力 (UNKNOWN SPEC) は何か 」 を推理し、のうのうと逃げおおせようとしている犯人を追い詰めていく。当麻と瀬文は SPEC を逆手にとり、ケンカし協力し合いながらトラップを仕掛け、犯人と息詰まるような攻防を繰り広げていく。
(引用元:SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜公式ホームページ)

ドラマ『SPEC』第1話のネタバレ

瀬文焚流はSIT(特殊事件捜査係)の部隊を指揮していた。

だが、部下の1人の志村優作を誤射したと疑われて警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係に左遷された。

一方、餃子店で餃子を食べる当麻紗綾はシュレディンガーの猫がウケると呟く。

その時に店主のやっていパズルを一目見ただけで1ピース足りないと気づくほどの頭脳の持ち主である当麻。

瀬文は警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係(通称:ミショウ)にやってきて係長の野々村光太郎に会う。

彼はなぜか柿ピーを持っていて瀬文にミショウがどういうところかを説明する。

ミショウでは科学では解明できない警察も検察も立証できないような事件を扱うと説明したが要するに役立たずの部署でしょと瀬文はツッコんだ。

そんななか、当麻が餃子店の店主に髪を引っ張られてミショウに連れてこられた。

当麻が食い逃げをして連れてこられて野々村がかわりに代金を支払う。

DVDで超能力があるという噂の老人の映像を見ていて、人間の脳は10%しか使われてないと語り始める。

映画『レインマン』で描写されているサバン症候群は超能力じみた才能がある人間が実際に存在すると当麻は話す。

そして、実際に超能力や霊能力者に会ったことがあると当麻は瀬文に告げる。

とその時、野々村の恋人である正汽雅が正義党の国会議員にして五木谷グループの代表取締役・五木谷春樹と彼の第一秘書の脇智宏を連れてきた。

脇は五木谷が懇意にしている占い師の冷泉俊明が財界の大物や名だたる政治家が出席するパーティーで五木谷が殺されると予言した。

占い師が言うことだからと言ってパーティーを延期するわけにもいかずミショウに警護を依頼してきたのだ。

当麻と野々村は警護課に行って警護を頼んだが当然断られて仕方なくミショウだけで警護にあたることになった。

警護をする前に紗綾たちミショウは冷泉のもとに聞き込みに行く。

冷泉は当麻と瀬文の未来を占い、瀬文は冷泉を恐喝罪の疑いで逮捕した。

しかし、これも想定内だと冷泉は言い明日のパーティーで五木谷は必ず”毒殺”されると宣言する。

瀬文は冷泉を無理やり牢屋に押し込み瀬文の未来が書かれた紙を破り捨てる。

パーティー会場のホテルに行き当日の警備を確認する瀬文。

当麻は冷泉が五木谷が毒殺されると予言したことを脇に伝えるが瀬文は毒殺という言葉に惑わされると警備の本質を見失うと忠告する。

その頃、野々村は仕事をサボって雅に会い雅はいつ奥さんと離婚するのと野々村に尋ねていた。

瀬文はたとえ悪人でも人の命は重いんだと当麻に諭した。

餃子店で餃子を食べていた当麻の前に元カレの地居聖が現れてやり直さないと話し当麻は速攻断った。

予言の時間が来て当麻が紙を見ると「運命の人と再会、餃子を食べるのが吉」と書かれていた。

一方、瀬文が志村の入院している病院に行くと志村の病室には志村の妹・美鈴がいた。

瀬文は謝罪の気持ちとしてお金を渡そうとしたが美鈴が拒絶して罪を認めてほしいと告げる。

拘置所にいる冷泉を連れ出した津田助広は冷泉に占いをさせて、占いをした冷泉は自分がこれから津田に殺される未来が見えて恐怖した。

パーティー当日、五木谷に何も口にしないようにと瀬文は忠告して念のため毒物を判別する機械を用意する。

パーティーが始まり祝い酒に毒が入っているのでは疑った野々村は自ら毒味を買ってでた。

野々村が酒を飲んだが異常はなく酒は会場にいる招待客に配られた。

五木谷が酒を飲んだその時、五木谷は突然苦しみ出して死んでしまう。

パーティー会場に警察が駆けつけて捜査一課の馬場と鹿浜がミショウを責める。

解剖の結果五木谷の死因は心臓麻痺だと明らかになり当麻たちミショウは驚く。

五木谷の部屋に来た当麻は冷泉がなぜ2億円を五木谷に要求したのかその理由を脇に話す。

五木谷を殺害した犯人から脅し取れると考えて2億という大金をふっかけたのだと当麻は脇に告げる。

瀬文はどこからも毒物は出てこなかったから捜査は終了だと言って当麻を無理やり連れて帰る。

ミショウに戻った当麻は突然書道をして考えを巡らし、ひとつの真実をたどりつく。

一方、脇は補欠選挙に出馬しないかとの打診がありテニスボールを持って大きく口を開けた。

パーティー会場に来た脇だったが当麻が先に来ていた。

当麻は五木谷が毒殺されたのだと脇に話し推理を語り始める。

人体にも含まれていて司法解剖でも検出されないカリウムを使い五木谷を毒殺したのは脇だと告げる。

脇は当麻たちに毒殺といえば食べ物や飲み物に毒物を混入させる方法だと思い込ませる。

その後、野々村が酒を飲んでみんなの注目が集まった瞬間に髪の毛よりも細い注射針を使い五木谷にカリウムを注射した。

そして、脇が注射器を天井に豪速球で投げて注射器を隠したのだ。

当麻が天井にあった注射器を見つけると脇がテニスボールを弾丸のように天井に投げ注射器を粉々にした。

しかし、その注射器はあらかじめ偽物とすり替えられていて本物はすでに瀬文が回収していた。

すると、脇が瀬文の肩に向かってテニスボールを投げて瀬文の肩が折れてしまう。

脇は当麻と瀬文を殺そうとして当麻の頭にテニスボールを投げて当麻の頭にボールが当たり当麻は倒れる。

脇を撃とうと拳銃に手をかけた瀬文だったが脇がものすごいスピードで瀬文から拳銃を奪う。

脇が瀬文に拳銃を向けて銃を撃ったが突然時間が止まった…。

当麻たち三人の前に現れたのは一十一で、彼が現れた途端時間が止まったようになり十一が指を鳴らすと突然脇が銃で撃たれて仰向けになって倒れる。

脇は何が起きたのかわからないまま死んで、その様子を見た瀬文は志村が突然銃で撃たれて倒れた現象と同じだと直感した。

一方、津田は冷泉に守るかわりに約束を守るように告げるのだった…。

志村の病室にいた美鈴は志村のおでこを触ろうとした時にあるビジョンが頭に流れ込んできてびっくりしていたーー。

ドラマ『SPEC』第1話の感想

ミショウに依頼してきたのは正義党の国家議員にして五木谷グループの代表取締役である五木谷春樹と彼の秘書・脇智宏だった。

当麻たちが話を聞くと、五木谷が相談に乗っている占い師の冷泉俊明が政界パーティーで五木谷が殺されると予言した。

冷泉の占いは必ず当たると評判で五木谷は占いが本当になることを危惧してミショウに依頼してきたのだ。

単なる占いでパーティーを延期させるわけにはいかないからなo(`ω´ )o

占いって案外侮れないから….。

当麻たちは早速捜査するけど手がかりはつかめず五木谷が毒殺されると予言した冷泉に聞き込みに行く。

冷泉のしたことは恐喝罪に当たると瀬文は冷泉を逮捕して拘置所の牢屋に入れた。

冷泉の目的が何なのかわからないのは不気味だな。

パーティーが始まり当麻たちは五木谷に何も口にしないようにさせたが結局五木谷は毒殺ではなく心臓麻痺で死んでしまう。

事件は未解決になるかと思われたが、当麻の推理で脇が犯人であると明らかになる。

脇のスペックは異常に発達した運動能力でこの力で瀬文の左腕は負傷して当麻は意識不明になる。

恐ろしい能力があったもんだ、もはや兵器だな❗️

瀬文が脇に殺されようとしていたその時、一十一(ニノマエジュウイチ)が現れて時間が止まり瀬文を殺そうとした脇を殺した。

このニノマエは一体何者なのか現時点では何もわからない。

でも時間を止める能力ってとんでもないスペックを持ってるな(´⊙ω⊙`)

まとめ

ドラマ『SPEC』第1話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

天才的な頭脳を持つ当麻と強い正義感があり高圧的で生真面目な軍人気質の瀬文のドタバタコンビが難事件を解決する刑事ドラマ。

単純に事件を解決していくミステリーものかと思いきや、後半からはSPECに関わる陰謀劇を描く。

特殊能力を持つ人間が事件に絡むことによってこの作品はより面白さを増している。

パロディ的な要素を含んだ小ネタが随所に散りばめられていて最後まで飽きない演出が数多く見られた。

僕はこういう作品が好きだしこれからも見守っていきたい💓

第2話では、千里眼を持つと話す死刑囚の桂小次郎が「青山華道家死体なき殺人事件」の犯人に天罰を下すと宣言した。

当麻と瀬文はそれを阻止するため事件の捜査を進めるが….。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする