ドラマ『大恋愛』2話ネタバレあらすじ 真司に別れを告げる尚

戸田恵梨香&ムロツヨシ主演のドラマ『大恋愛』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

自転車に轢かれて病院で検査を受けた尚だが幸い大怪我はせず尚は交通事故のことも気にしていない。

そんな時、侑市に呼び出された尚は軽度認知障害の疑いがあると聞き簡単な物忘れ検査を受けることになるが….。

ドラマ『大恋愛』第2話のあらすじ

真司(ムロツヨシ)のアパートへ急ぐ途中、交通事故に遭ってしまった尚(戸田恵梨香)。

病院へ運ばれ検査するも、幸い大きなケガはなかった。

だが、偶然、尚のMRIを目にした侑市(松岡昌宏)は、尚の脳に軽度認知障害の兆候を感じ取っていた・・・。

交通事故に遭ったことなど気にしていない様子の尚が、真司と一緒にアパートで過ごしていると、侑市から連絡が入り会う約束をする。

結婚を自分勝手に破談にしてしまったことに負い目を感じていた尚だったが、侑市がまさか自分の脳に起こっている異変に気付いたとは思ってもいなかった。 

翌日、婚約解消の話を進めるつもりで侑市に会った尚は、軽度認知障害の疑いがあると聞き、簡単な“物忘れ検査”を受けることに。

一方、尚の母・薫(草刈民代)は一人で真司のアパートを訪ねていた。

そして「娘と別れてほしい」と真司に手切れ金の入った封筒を手渡し…。

ドラマ『大恋愛』第2話のネタバレ

尚は真司の家に行って自転車と衝突事故を起こしたと話す。

事故に遭う確率より「砂にまみれたアンジェリカ」の作家に偶然出会える確率のほうが限りなく低いと尚は真司に笑って言った。

真司とおにぎりを食べていた尚は侑市からの電話に出て病院のロビーで待ち合わせをする。

侑市は尚と2人で過ごした思い出が頭に思い浮かび、尚が軽度認知障害だと信じたくなかった。

真司が心配で尚は真司のもとに駆け寄り今夜は真司と一緒にいると真司に告げて2人は手を繋いで帰った。

翌日、尚は病院に行き侑市と久しぶりに会った。

一方、真司の部屋に薫が訪ねてきて真司は驚く。

侑市は尚のMRI画像を見せて軽度認知障害の疑いがあると尚に告げる。

安心のために検査を受けてほしいと侑市は尚に頼み尚は検査を受けるかわりに婚約解消を約束してほしいとお願いした。

その頃、真司の部屋に来た薫は真司が尚には相応しくないと言い尚と別れるようにと手切金を渡した。

尚は侑市の検査を受けたがうまく答えられずに検査終わりに街を歩く。

真司との思い出の場所を歩いてまだ覚えていると確認しながら家に戻る。

クリニックに来た尚は話があると薫に言い軽度認知障害の疑いがあると打ち明ける。

自覚症状もありこのままだと薫のことも自分のことも分からなくなると尚は話す。

その話を聞いた薫は自分が尚を守ると言って尚を力一杯抱きしめた。

後日、真司と尚はメールのやりとりをしたが真司はそっけない態度をとり薫から受け取ったお金を見ていた。

真司は引っ越しのトラックの中で木村に尚とは酒池肉林だと冗談めかして話す。

尚が元気になるために薫は尚をレストランに連れていく。

一方、侑市は尚が軽度認知障害だということを両親に話し千賀子は結婚する前にわかってよかったと喜ぶ。

尚は侑市の治療を受けることになり真司とレストランで食事をした。

薫が自分の部屋に来たと真司は尚に話し、最初は手切れ金を突っ返そうかと思ったけど結局受け取っちゃったと話した。

真司は窓ガラスを拭いている時に尚と一緒になりたいと思うようになり付き合おうと尚に告白した。

だが、尚は急に冷めて真司のことが好きじゃなったと言って別れを告げる。

家に帰った尚は薫に真司と別れたと伝え部屋に戻ると尚は感情が湧き上がり号泣した。

アミロイドペット検査が始まりアルツハイマー病の前段階であるMCI(軽度認知障害)と侑市から診断された。

アミロイドベータが溜まっている人全員がアルツハイマー病を発症するわけではないと侑市は尚に告げる。

尚はこのまま侑市に治療をお願いすると侑市に言い浮かない顔をしていた。

一方、真司はいきなり尚にフラれてショックを受けて木村に愚痴っていた。

薫は千賀子に披露宴などのキャンセル料はうちが持ちますと言い、尚は実家にまた引っ越すことになった。

入れ違いに真司の働く引っ越し会社のトラックが尚のマンションにやってきた。

荷物を運び出している時に水漏れを起こした尚の部屋の上階の住人・神谷洋子が尚が結婚をやめたことを聞かされる。

真司はどうして尚が突然別れを告げたのか考えていた。

その頃、尚は居酒屋で1人飲んでいて、その帰りに目眩を起こして真司に電話で助けを求めた。

真司は無我夢中で尚のもとに走り出して尚に駆け寄った。

呆然とした様子で尚はそのうちアルツハイマー病になると真司に打ち明けた。

真司は尚を家に連れていき、尚はアルツハイマー病の前段階の軽度認知障害だと告白する。

だから真司と別れたと尚は話し、真司はたとえ尚がどんな病気にかかったとしても尚と一緒にいたいと告げるのだったーー。

ドラマ『大恋愛』第2話の感想

真司のアパートへ急ぐ途中で交通事故に遭った尚。

尚は病院に運ばれて検査したが、幸い大怪我はしなかった。

自転車に轢かれて特に大きな怪我がなくてよかったけど、まさか尚が…。

尚が運ばれた病院に偶然やってきた侑市は尚のMRI画像を目にして脳の異常に気づき、尚が軽度認知障害ではないかと疑う。

侑市はアルツハイマー病研究の第一人者だから侑市以上にアルツハイマー病に詳しい医者はいない。

その侑市が違和感を感じるというのはただ事ではないな(´・ω・`)

尚を病院に呼び出した侑市は軽度認知障害の疑いがあると告げ、物忘れ検査を受けるように話す。

この時に尚がうまく答えられずに結果は軽度認知障害だと診断される。

尚はもちろんつらいし母の薫も周りの人たちもつらい。

一方、薫は1人で真司のアパートを訪ねて娘と別れてほしいと言って真司に手切れ金の入った封筒を手渡す。

尚のことが心配だから真司に手切れ金を渡したと思うけど誠意のないやり方ではあるね( *`ω´)

結局、真司はお金を受け取ったけど尚とレストランで食事をした時に尚と一緒にいたいと言うけど、尚はいきなり真司に別れを告げた、

この時、尚はそのうちアルツハイマー病になるかもしれないと知っていて真司の重荷になりたくなから別れを告げた。

なんだかすごく切ない….。

真司も諦めようとするけど尚から助けてと電話があって無我夢中で走り出す。

そして、真司は尚からアルツハイマー病になるかもしれないと告白されて、尚がどんな病気になっても一緒にいたいと話す。

真司は男だね、というよりこの言葉が真司の本心なんだ💗

まとめ

ドラマ『大恋愛』第2話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

尚は医師の侑市から軽度認知障害と診断されてものすごいショックを受ける。

薫に軽度認知障害だと打ち明けて薫は1人娘の尚を守ると決めた。

将来アルツハイマー病になるかもしれなおと恐怖を抱いた尚は真司に別れを告げる。

尚が真司に別れを告げた後に自分の部屋で泣いたシーンには胸を締めつけられた(`・ω・´)

楽しい記憶がどんどん失われていくことを恐れ真司に電話で助けを求める。

真司は尚から軽度認知障害だと告白されて自分と一緒にいれば辛い思いをさせると告げた。

その話を聞いた真司はたとえ尚がどんな病気になっても一緒にいたいと尚に話し尚は救われた。

第3話では、真司と一緒に暮らすことになった尚は古くて狭い真司のアパートから新しいマンションへ引っ越したいと言い出す。

ようやく2人の関係を許すことにした薫にも引っ越しを勧められて尚の実家近くで新居を探すことになるが…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎