ドラマ『大恋愛』1話ネタバレあらすじ 医師と小説家の出会い

戸田恵梨香&ムロツヨシ主演のドラマ『大恋愛』第1話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

母の薫が院長を務めているレディースクリニックの医師として働く北澤尚は充実した毎日を送っている。

理想の条件に当てはまる年上の医師である井原侑市とお見合いをして婚約もした。

そんななか結婚式まであと1ヶ月と迫ったある日、元小説家の間宮真司と運命の出会いをした尚は…。

ドラマ『大恋愛』第1話のあらすじ

北澤尚(戸田恵梨香)34歳は母・薫(草刈民代)が院長を務めるレディースクリニックの医師として、忙しく働きつつも、充実した日々を送っていた。

雷が落ちたような恋をしたことはないけれど、理想の条件にぴったり当てはまる年上の医師・井原侑市(松岡昌宏)とお見合いをして、婚約をした。

プライベートも順風満帆だった尚。

しかし、結婚式まであと1カ月と迫ったある日に彼女の人生に変化が…。

尚は元小説家で引越しのアルバイトをする無愛想な男・間宮真司(ムロツヨシ)と運命的な出会いをした。

婚約中の医師と、引越し屋のアルバイト。

一見、不釣合いな二人に見えたが、真司こそが尚の追い求めていた人だった…。

初めて出会った本気の恋に真っ直ぐ突き進んでいく尚と、その迫力に圧倒されながらも次第に惹かれていく真司。

だが、二人の愛を阻むように、尚の身に”ある異変”が起こっていたーー!?

ドラマ『大恋愛』第1話のネタバレ

2013年の5月、北澤尚はレディースクリニックの医師の仕事を終えてウエディングドレスの試着を婚約者の井原侑市の母・井原千賀子と一緒にしていた。

その頃、ワシントンの医大でアルツハイマーの研究をしている侑市。

彼は尚のウエディングドレス姿を見て当日までウエディングドレス姿は見たくなかったと返信した。

2013年の2月に遡り、侑市と尚はお見合いをして2人は付き合い始める。

共通点の多い2人は愛情を確かめ合い婚約することになった。

尚は実家で引っ越しの準備を進めていて、尚はワシントンにいる侑市とテレビ電話をした。

新居に引っ越してきた尚は黒酢ハチミツを飲んでいる間宮真司と目が合う。

キッチンにあった黒酢ハチミツを見て盗んだと勘違いしたが間宮は黒酢ハチミツは自分で持ってきたものだと話す。

間宮は引っ越し会社の先輩・木村に部屋で飲み食いするなと叱られ、部屋を出る前に尚の本棚にあった本をジッと見ていた。

こうして、急ぎ足の尚の人生で真司と出会ってしまった。

尚がクリニックで働いていると結婚のお祝いを送ってくれた患者の名前が思い出せなかった。

寝室に戻った尚は雨漏りしていることに気づき段ボールを回収しにきた真司に助けを求める。

上の階の部屋に尚と一緒にやってきた真司は水道局に連絡したほうがいいと上の階の住人に伝えた。

新居の寝室に戻った尚は愛読書の小説の大好きな一説を真司に語って聞かせた。

それを聞いた真司は「そんなの暗記してると脳みそ腐りますよ」と尚に言う。

尚はこの小説がエロティックで独特な感性で描かれていると語り真司の話に共感して真司を食事に誘う。

居酒屋に来た2人は小説の作家のことについて話して、真司の話に尚は笑い連絡先を交換した。

帰り際に尚は真司の好きな黒酢ハチミツドリンクを渡し、2人は帰っていった。

尚は真司をメールで居酒屋に誘い2人で行った居酒屋に行ったが真司はいなかった。

仕方なく1人で食事をして店を出ると真司が外にいた。

尚は怒って真司を追いかけて小説の一説を真司に言う。

小説の一説を間違えたのに気づき真司は訂正した。

何で知ってるのと尚は驚きながら聞き、真司は尚が大好きな小説の作者であることを明かす。

尚は驚いて真司に近づき尚のイメージと実際の真司の姿を見てとは違ったと笑っていた。

自分の生い立ちを冗談を交えながら話す真司に尚は心が通じ合ったような気がした。

真司の働く引っ越し会社の前で尚は真司を待っていて、真司は木村をごまかして2人で居酒屋に行く。

尚はもうすぐ結婚するけどこのままでいいのかという疑問が頭をよぎり真司にどうしていいかわからないと話す。

尚を家に連れてきた真司は快速特急本当に降りていいの、砂漠だよと尚に告げる。

「歩く…」と尚は答えて2人はキスをして一夜を共にした。

尚は真司に結婚をやめると話し、たとえあなたと明日終わったとしても後戻りはしないと言った。

合鍵を作って尚は仕事に出かけていった。

その夜に尚は侑市に電話して婚約を解消したいと告げる。

侑市は熱におかされてるだけだと言いそこに尚の母・薫が電話をかわり必死に説得していた。

真司の家に来た尚は合鍵を作ったことを忘れてアパートの階段で真司を待っていた。

真司と尚はアップルパイを食べて尚は間宮真司の新作が読みたいと話す。

1人で考える時間が必要だと言って帰っていく尚。

ある日、クリニックの診察が終わって真司の家に向かおうとしたが途中で道が分からなくなり自転車と衝突してしまう。

病院に運ばれた尚は身体と脳に異常はみられずに退院した。

尚は鞄に入っていた黒酢ハチミツを見て真司のことを思い出して夢中で走り出した。

入れ違いに侑市が尚の入院していた病院を訪れてある患者のカルテを見てすぐ「MCI(軽度認知障害)」だと診断した。

そのカルテが尚のものだとわかり侑市は驚いていた。

尚は自分の命が僅かだと知っているが如く全力で走っていたーー。

ドラマ『大恋愛』第1話の感想

母の薫が院長を務めるレディースクリニックで医師として働いている尚は雷が落ちたような運命的な恋をしたことがない。

尚のこれまでの恋は理性的だったからな、運命的に恋をしたら一体どうなっちゃうのかな💖

理想の条件に合う年上の医師・侑市と婚約をした尚。

結婚式まであと1ヶ月と迫ったある日に尚は新居の引っ越しの依頼をした引っ越し会社のアルバイトをする無愛想な男・真司と出会う。

婚約中の医師である尚と引っ越し会社のアルバイトである真司の2人は一見不釣り合いに見えた。

だが、真司が尚の大好きな小説の作者だと知ると尚は運命を感じる。

自分の大好きな小説家が突然目の前に現れたら誰だって驚くよ♬

尚は真司の家に通うようになったがそんなある日、尚は自転車に轢かれて入院する。

幸い大怪我ではなかったが、侑市が尚のMRI画像を見ると軽度認知障害の可能性があることに気づき驚いた。

このシーンを見たとき僕も驚いた、このまま尚はアルツハイマー病になっちゃうのかな…。

まとめ

ドラマ『大恋愛』第1話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

尚は医師であり理想の条件にぴったり当てはまった年上の医師の侑市との婚約を控えていた。

結婚式まで1ヶ月を切り、尚は新居に引っ越してきて引っ越し会社のアルバイトである真司と運命的な出会いをする。

真司が尚の愛読している小説の作者だとわかり尚は運命を感じてそれ以来真司と頻繁に会うようになった。

しかし、順調に見えた尚にある異変が起きていた…。

第2話では、尚は交通事故に遭って病院で検査をしたが大きな怪我はなく退院した。

尚が運ばれた病院に来た侑市は偶然尚のMRI画像を目にして尚の脳に軽度認知障害の兆候があるのを感じ取り…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎