海外ドラマ『名探偵ポワロ』11話ネタバレあらすじ エンドハウスの怪事件

海外ドラマ『名探偵ポワロ』第11話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

セントルーという海辺の町にやってきたポワロはホテルで若い女性のニックが拳銃で命を狙われる事件に遭遇した。

ニックは岬に建つ古い館のエンドハウスの主人で最近3度も事故に遭って、その度に命拾いをしていたが….。

海外ドラマ『名探偵ポワロ』11話のあらすじ

海辺の町セントルーにやって来たポワロは、ホテルで若い女性のニックが拳銃で命を狙われる事件に遭遇する。

彼女は岬に建つ古い館エンドハウスの主人で、最近三度も事故に遭い、命拾いをしてきたという。

ポワロは捜査を開始し、警護のためにニックのいとこのマギーを呼び寄せる。

そして花火大会の夜、エンドハウスにニックの友人が集まる中、マギーが何者かに銃で撃たれ死亡する。

その時マギーは、ニックのケープを身に着けていた。

海外ドラマ『名探偵ポワロ』11話のネタバレ

飛行機に乗っていたポワロだが高所恐怖症のため目を開けられずにいた。

セントルーに到着したポワロとヘイスティングスはホテルを訪れる。

いつまでもウェイターが来ないことにイライラしたポワロは痺れを切らしてウェイターを呼びにいく。

その時くるぶしを痛めてそこに若い女性のニックと出会う。

ニックは3度も事故にあったとポワロたちに話し、海軍の中佐であるジョージと会った。

ニックの帽子に興味を持ったポワロは帽子に穴があるのに気がつく。

帽子のそばに銃弾があるのを見つけてニックを狙っている何者かがいるとポワロは考える。

ニックのエンドハウスにポワロとヘイスティングスの2人が訪ねてきて帽子を返しに来た。

ポワロは話したいことがあるとニックに言いニックの頭を掠めたのはハチじゃなく銃弾だと告げる。

ニックの友人たち4人は同じ時計をしていて友人の女性かれニックは大変な嘘つきだと聞かされるヘイスティングス。

ベッドの上にあった絵が落ちてきたり車のブレーキがきかなくなって事故を起こしかけたりと死にかけた経験があるとニックはポワロに話す。

ニックはエンドハウスの周りの道をポワロとヘイスティングスと散策した。

信頼できるいとこのマギーがいるとニックはポワロに話す。

ニックは父から譲り受けたモーゼル銃があるとポワロに言ったがその銃がどこにもなかった。

バイス法律事務所に来たポワロはバイス氏と会う。

エンドハウスが売られる予定があるかとポワロはバイスに尋ねるとバイスはニックがエンドハウスに妙な愛着があると教えられる。

ニックの車を修理した修理工にヘイスティングスが話を聞きにいくとブレーキ弁が緩んでいたと言われたとポワロに報告する。

再びエンドハウスを訪れたポワロたちはドアが開いているのに気づき中に入る。

そこにはクロフトがいてクロフトは婦人のところに連れていってバイスがニックのことが好きだという話を聞く。

ポワロとヘイスティングスはエンドハウスでニックと会い、家にはいとこのマギーもいた。

ポワロたちは食事をして夜のパーティーで花火を見る。

エンドハウスに戻って毛皮のコートを取りに行くニック。

ポワロとヘイスティングスが館に戻ろうとすると館の階段にマギーが倒れているのを目撃する。

マギーはニックの着ていたケープを身につけていた。

マギーは銃で撃たれて殺害されていて、警察と医者が館に訪ねてきた。

ニックが死んだと思ってジョージが急いで駆けつけてきてニックの無事だと知り喜ぶ。

ポワロは医者にたとえニックの友人であっても面会させてはならないと伝えた。

マギーを殺してニックの命を狙っている犯人はニックの友人の中にいるとポワロは断言した。

なぜ最近眠れないのか、なぜ黒が嫌いなのに黒のドレスをきたのか、なぜニックは生きる目的がないと言ったのかが気になるポワロ。

ジャップ警部がポワロに会いに来て、何とも奇妙な事件だと話す。

凶器である銃の捜索に難航していて、何かあったら知らせるようにジャップ警部はポワロに告げる。

ニックはパイロットのシートンと婚約していたがラジオのニュースで亡くなったと聞かされて死ぬほどショックを受ける。

遺言状の行方をポワロは尋ねて探すことを許してほしいとニックに告げニックは承諾した。

大富豪であるシートンが亡くなり彼の莫大な遺産が婚約者のニックに相続されるとポワロはヘイスティングスに興奮しながら話す。

ポワロはジョージに話を聞きに行き、ジョージはニックがシートンと婚約していることを知らなかった。

ホテルの部屋に戻ったフレディはジョージから受け取った時計の文字盤を開けて何かを取り出そうとしていた。

エンドハウスに来たポワロとヘイスティングスはニックの遺言状を捜索する。

シートンのラブレターを見つけたポワロは手紙を読み始める。

ニックはバイスが遺言状を持っていることを思い出して手紙を書こうとした。

その時、葡萄を食べようとするとポワロは外部から持ち込んだ物は口にしないようにと忠告した。

バイスは遺言状など受け取っていないとポワロたちに告げポワロは何かの間違いだったのでしょうと言い帰っていく。

クロフトの家に行ったポワロはクロフトがニックから預かった遺言状をバイスに送ったと証言した。

ポワロはヘイスティングスにシートンの弁護士に会うように言う。

ホテルに戻ったポワロは医者に呼び出されてニックが毒入りのチョコを食べたことを知らされる。

毒入りのチョコにはポワロのメモがあり何の疑いもなくニックが食べたのだ。

その後ニックは亡くなりポワロは殺人を防げなかったと自分を責めて部屋にこもる。

病院に行ったポワロは看護婦の証言からフレディがチョコを送ったことが判明する。

フレディに話に聞きに来たポワロはニックからチョコを送ってきてほしいと頼まれたとフレディは証言した。

ヘイスティングスが調べたところによるとバイスのもとに6ヶ月遅れでニックから遺言状が送られてきたという。

ポワロは事件が複雑ではなくいかにも単純だったとジャップ警部に話し、何も見えていなかったと告げる…。  

ニックの関係者が一同に介してバイスが遺言状を読み上げた。

遺言状には遺産はすべてクロフト夫婦に譲ると書かれていてクロフト夫婦は喜んだ。

その時、ポワロは突然降霊会を開こうと言い出しミス・レモンが降霊するふりをした。

すると白いドレスを着たニックが突然現れてその場にいたみんなは驚愕した!

実はニックはポワロに指示されて死んだように見せかけていたのだ。

ニックはクロフト夫婦が遺言状を偽装して自分たちに遺産が相続されるようにしたのだと話す。クロフト夫婦は逮捕されて事件は解決したかに見えた。

フレディの上着のポケットに何故か銃が入っていてフレディは犯人じゃないと強く訴えた。

ポワロはフレディが犯人ではなくマギーを殺害したのはニックだとポワロは語る。

ニックの名前はマグダラでマギーとおなし名前だったとポワロは話す。

シートンの本当の婚約者はマギーでニックはマギーになりすましてシートンの遺産を手に入れようとしたのだ。

動機は大好きなエンドハウスを維持していくための費用にすることだった。

ニックはジョージからもらった時計を持って警察に連行された。

おそらくニックは死刑になるが時計がそれを阻止するだろうとポワロは話す。

ニックの持っていった時計の中にはコカインが入っていて、ジョージが叔父と協力して麻薬密売をしていたことが明らかになる。

ジョージも逮捕されて事件はすべて解決した。

ポワロとジャップ警部は海岸で事件が解決するとスッキリすると話していた。

ヘイスティングスとミス・レモンも加わり4人で楽しそうにアイスを食べていたーー。

海外ドラマ『名探偵ポワロ』11話の感想

今回の事件は4度も命を狙われたニックという女性の事件でポワロは事件の捜査を開始する。

海辺の町のセントルーに来たポワロはホテルで若い女性のニックが拳銃で命を狙われる事件に遭遇した。

4回も命を狙われるなんてただ事じゃないな!

ニックは岬に経っている古い館エンドハウスの主人で、最近3度も事故に遭ってその度に命拾いした。

運がいいのか、それとも自作自演なのか、自作自演だとしたらどういう目的が?

事件の捜査を開始したポワロは警護のためにニックのいとこのマギーを呼び寄せた。

花火大会の夜にエンドハウスにニックの友人たちが集まっている中でマギーが何者かに銃で撃たれて死亡した。

マギーは誰に殺されたのか、ニックの命を狙っている犯人か?

捜査をする中でポワロはニックがマギーを殺害した犯人だと突き止めて、動機はシートンの遺産を手に入れるためだった。

ニックはシートンの本当の婚約者であるマギーを殺害してシートンのラブレターはマギー宛に送ったものだったがそれをさも自分宛の手紙のようにずっと保管していた。

マギーを殺すために命を狙われているふりをしたニック。

怖い女だね、金を手に入れるためには手段を選ばないとは( *`ω´)

まとめ

海外ドラマ『名探偵ポワロ』11話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

4度も命を狙われた若い女性のニックを守るためにポワロは事件の捜査に乗り出した。

しかし、捜査は困難を極めて謎が解けないポワロは起死回生の一芝居を打った。

それはミス・レモンを降霊師にして死んだニックが幽霊になって蘇ったかのように演じた。

実はニックはポワロによって死んだように装っていただけだった。

遺言状を偽装した犯人も捕まって一件落着かと思われたが、マギーを殺害した犯人は別にいてなんとニックが犯人だった。

ニックはマギーの婚約者・シートンの莫大な遺産を手に入れるために自分の命が狙われているように芝居をしていた。

今回の事件でもポワロの灰色の脳細胞がフル回転!?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする