ドラマ『中学聖日記』10話ネタバレあらすじ 聖と晶に試練が!

有村架純主演のドラマ『中学聖日記』第10話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

キャンプ場で一晩2人きりの時間を過ごして想いが通じ合った聖と晶。

聖と晶が東京の港へ戻ると聖を迎えたのは聖の母・里美で聖の弁解も聞かず里美は聖を連れ出し聖と晶は再び引き離されてしまう…。

ドラマ『中学聖日記』第10話のあらすじ

聖(有村架純)と晶(岡田健史)はキャンプ場で一晩二人きりの時間を過ごしついに想いが通じ合った。

島を出る日、晶は愛子(夏川結衣)に連絡を取る。

だが、メッセージを受け取った愛子の表情は何かを感じたのか曇ったままだ。

東京の港へ戻ると、聖を迎えたのは聖の母・里美(中嶋朋子)だった。

里美が聖の言葉に耳を傾けることなく、聖と晶は再び引き離されてしまう。

翌日、改めて二人は愛子を訪ね、里美は娘のしたことについて謝ろうとする。

しかし、意を決した聖は晶に対する想いを愛子に正直に告げるも、愛子から思わぬ言葉を投げかけられてしまう…。

一方、晶は将来的に自立し聖との関係を認めてもらうため、進学することを決めた。

そんな中、晶の元にある人物が訪ねてきて…。

一度は想いが通じ合った晶と聖の2人はそれぞれの立場で新たな決断を下すことになる…。

ドラマ『中学聖日記』第10話のネタバレ

聖と晶は小屋の中でキスをして先生だけが責められて全部を背負わされるのは嫌だと晶は聖に語る。

朝になり、2人は助けられて聖は捻挫した足を治療しもらう。

聖は勝太郎の言葉を思い出しこれからの不安を感じる。

家具を作っている康介に晶は話しかけて康介は木にできたヒビとは違って人の間にできたヒビはなかなか埋められないと話す。

「でもお前はまだ間に合う」と康介は晶に告げ、聖に晶のことを頼む。

フェリーで晶と聖は帰り、聖は愛子に晶とのこれからのことを話さないとと晶に告げる。

晶も進路をちゃんと決めると約束して、東京に戻った聖の前に現れたのは母の里美だった。

里美は聖をビンタして家へ無理やり連れていった。

実家に帰った聖は里美から先生として心配だったから晶のことを追いかけただけねと念を押された。

無理やり納得した里美は聖に隠れて泣いていた聖は晶と関係を持ったことを言い出せずにいた。

晶は上布の実家に帰り上布は男同士で語り合おうと晶に話す。

聖と里美は愛子の家に行って聖が教師として晶のことが心配だったから父親のところまで送り届けただけだと里美は釈明した。

しかし、聖は里美に謝り教師としてではなく晶のことが好きだと愛子に告白した。

その言葉を聞いて愛子は聖と晶が一緒になることを認めることはできないと聖に告げる。

聖と晶は3年前にも自分たちの気持ちを確かめ合うのに必死で周りが見えなくなっていろんなものを失った。

このままじゃ2人ともダメになると愛子は聖に話す。

愛子は晶が成長していくうちに好きな人ができてそうなったら何もかも失うことになると聖に訴える。

一方で聖はそうなっても後悔しませんと断言した。

聖の想いを知った愛子はこれ以上何かあれば然るべき措置を取ると宣言した。

里美は聖にかわって愛子に謝罪して訴えないでほしいと土下座をした。

愛子は里美に駆け寄り「私たちの気持ちを汲んでくださいてと言い、「辛い役回りさせないでください」と聖に訴えかける。

聖と里美は帰り晶を選ぶということは今まで教師になる夢のためにしてきたことすべてが無駄になると里美は聖を説得した。

実家に帰った晶は聖と一緒になることを認めてもらうよう話すが愛子は2人の仲を認めなかった。

一方、東京の会社にいた勝太郎は律に聖が晶への気持ちに気づいて認めてもらうまで待つことにしたと話す。

その話を聞いた律はやっと自分の気持ちに正直になった聖に幸せになれるよう願っていた。

聖は学校に行ってきちんと自分の思いを話してくると里美に伝え、小学校に戻った。

晶と一緒になることを決意して学校を辞める聖に千鶴は生徒たちより一時の感情に流された晶のほうが大事だったんだと聖に問いかける。

聖は学校を去り、千鶴は彼女を悲しい顔で見つめていた。

晶と聖はこっそり電話して、実家に戻って学校に通ってると晶は聖に伝える。

その時、晶は3年前と同じ夕陽を見て誰かを好きになるのは素晴らしいと実感した。

そして、晶の前に愛子が現れて晶は急いで電話を切る。

聖が家に帰るとそこには勝太郎がいて学校を辞めることを愛子から聞く。

勝太郎は聖に抱きつき一緒にシンガポールに行こうと誘ったが聖は断る。

晶と一緒になったら周りからおかしいと思われるぞと勝太郎を説得したが聖はわかってもらおうなんて思ってないと告げる。

聖は自立するために仕事を探して携帯を買い早速晶に電話する。

喜ぶ晶だったが晶の前にある人物が現れる。

そんななか、聖は部屋を借りるのに保証人が必要と言われ、両親にこれ以上迷惑をかけるわけにはいかないと思い両親に頼めずに困っていた。

その時律が聖に話しかけて聖が周りの非難にも負けずに好きな人と一緒になろうとする勇者のような姿に共感して保証人になると聖に伝える。

その夜に聖は晶の電話に出るが、晶から突然別れを告げられて聖はショックを受けた。

晶は東都国立大学というノーベル賞を受賞した教授のいるような高学歴の大学のオープンキャンパスに向かう。

一方、聖は律とともに部屋を探していたが晶から突然別れを告げられたことを律に話す。

律は何も持っていないということは何からも自由だから今は泣いていいと聖に告げ聖は律の胸の中で泣いた。

会社に戻った律は勝太郎から聖と晶が別れたのは想定内だと話し何かあると確信した。

ある日、聖の実家に律が訪ねてきて聖を晶のいる大学のオープンキャンパスへ連れていく。

晶のことを諦めようとしている聖に律は一度何もかも投げ捨てて晶のことを好きになったならとことん追求しなさいと言って背中を押す。

聖は律に言われた言葉に勇気づけられて晶のもとへと走り出した。

理工学部の教室に来た聖は晶を見つけたが晶は聖から逃げる。

聖は晶を追いかけてどんな将来を見つけたか最後に聞かせてと晶に尋ねる。

すると晶は聖が教師を辞めたことを勝太郎から聞いて聖から夢を奪わないために身を引こうと決意したのだ。

聖には後悔してほしくないと晶は聖に伝え、その時晶は大学で愛子を見つけて聖の手を引っ張り駆け出した。

聖は自分が何をしたいのか精一杯考えて自分に嘘をつかずに正直にいたいと話す。

「黒岩くんのそばにいたい」と聖は晶に笑いながら告げる。

その時、警官2人が突然聖と晶の前に現れて未成年者連れ去りの疑いで通報があったと告げられ愕然とする聖だったーー。

ドラマ『中学聖日記』第10話の感想

キャンプ場で2人きりの時間を過ごした聖と晶はついに心が通じ合ってキスをした。

東京の港に到着した聖と晶だったが、聖の前に母の里美が現れて聖を無理やり家に連れて帰った。

親に認めてもらえないというのはやっぱりきついよな、2人の前にはこれから茨の道が待っている!

翌日、改めて聖と里美は愛子のもとを訪ねて里美は娘のしたことについて謝ろうとするが聖は意を決して晶に対する想いを正直に告げた。

愛子は聖にこれ以上晶に近づくなら法的手段に出ると宣言した。

いよいよ愛子も本気で聖と晶を引き離しにかかったか、どうする聖(`・ω・´)

一方で晶は将来的に自立して聖との関係を認めてもらうために進学することに決める。

しかし、晶の前に勝太郎が現れて聖と会えば不幸になると言われて夢だった教師も辞めることになったと聞かされてきらめることを決意する。

やっと想いが通じ合っても聖のためにと晶は自ら身を引くことを決意するなんて大人になったな晶。

聖と晶は会って聖は晶のそばにいたいと自分の想いを正直に伝えた時、聖は警察に未成年誘拐罪の疑いで連行された。

大変なことになったな、どうなっちゃうんだ聖と晶❗️

まとめ

ドラマ『中学聖日記』第10話のドラマレビューはいかがでしょうか?

ついに心が通じ合った聖と晶だったが東京の港へ戻った途端、聖の母・里美が現れて2人は引き離される。

その翌日に聖は里美とともに愛子のもとに行き晶に対する想いを愛子に正直に告げた。

しかし、愛子は晶に近づいたら法的手段に出ると忠告した。

一方で、晶は聖との将来を考えて進学することを決めるが勝太郎が晶の前に現れて聖の幸せのために身を引くように言われてしまう。

晶は聖に別れを告げて聖は諦めかけたが律が聖の後押しをして晶と会って話をする。

ところが、聖は未成年者誘拐罪の疑いで警察に連行されてしまった。

最終回では、警察署に連行された聖を必死にかばう晶だが未成年ゆえに相手にされなかった。

ようやく解放されても晶は愛子に携帯を取り上げられて聖の連絡先を消されてしまう…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする