99.9-刑事事件専門弁護士- シーズン2・最終回 ネタバレあらすじ

松本潤主演のドラマドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン2・最終回のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

死刑囚の久世貴弘の再審請求の依頼が深山たちのもとに来た。

依頼人は久世の息子である亮平で久世は8年前に妻を殺害した後に放火したとして「建造物放火及び殺人罪」で死刑囚判決を受ける。

だが、亮平は父と母は仲が良く、父が母を殺すはずがないと言い切っていて…。

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン2・最終回のあらすじ

深山(松本潤)たちのもとに、死刑囚・久世貴弘(小林隆)の再審請求の依頼がきた。

依頼人は、久世の息子・亮平(中島裕翔)で、久世は8年前に妻を殺害後に放火したとして「建造物放火及び殺人罪」で死刑判決を受けていた

だが、息子の亮平は「両親は仲が良く、父が母を殺すわけがない」と言い切っていた。

深山と舞子(木村文乃)は、自分自身の経験もあって久世の無実を立証するために調査に乗り出すことになった。

しかし、再審請求は『開かずの扉』と呼ばれるだけあって、一度最高裁で結審した判決を覆すことはほぼ不可能に近く、苦戦を強いられる。

その上、再審請求を審理する裁判長に川上(笑福亭鶴瓶)が就任する。

久世の無実を立証すべく奮闘する深山たちに辛酸をなめさせられ裁判所内で後がない川上。

川上は、建前では公平に審議するためと言いつつ、深山たちに無理難題を押しつけるのだった。

佐田(香川照之)はマスコミ介し世論にアピールすることで、審議を有利に進めようとする。

しかし、反対に都合が悪いことを週刊誌に書かれてしまって依頼人である亮平たちからの信頼を裏切ってしまう…。

0.1%の可能性さえも潰されつつある中、深山たちは事実にたどり着き『開かずの扉』をこじ開けることができるのかーー!?

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン2・最終回のネタバレ

依頼人の久世亮平は父親の久世貴弘が死刑判決を受けていてずっと世間から苦しめられてきた。

父の死刑判決を覆したいと亮平は深山たちに依頼した。

亮平は父と母が仲が良く父が母を殺すはずがないと信じていた。

一方、事務局長の岡田は久世が死刑判決を受けた裁判の再審請求があることを川上に話しもう失敗は許されないと釘を刺す。

深山と舞子は貴弘の接見に行き自分のことはどうでもいいが亮平を殺人犯の息子にしたくないと訴える。

刑事事件専門ルームで深山たちは事件の資料を見直していて、事件当時の様子を再現しての検証が行われた。

貴弘の主張と検察側の主張の両方の検証を行い検察側の主張のほうが合っている結果になった。

深山は白いポリタンクに入っている水を見てパラリーガルの藤野から子ども用のプールを借りてピッタリ5ℓ残せるか検証を行う。

何度やってもピッタリ5ℓ残すことは不可能で貴弘の証言通り事件当時に5ℓの灯油を買ったのではと深山は考える。

深山と舞子は貴弘が事件当日に灯油を買ったガソリンスタンドに行って話を聞く。

店長の三村は横浜ベイスターズのファンでプロ野球の試合でサヨナラホームランを打ったことで大喜びしていたとみ深山に証言する。

その話を聞いて事件当日のプロ野球の試合を確認する。

映像を見てあることに気づいた深山は川上と検察官に事件の資料に書かれていた15ℓの灯油を買ったのは別の人物だと深山は話す。

なぜなら、プロ野球の試合でサヨナラホームランを打った時間は防犯カメラの8分後で防犯カメラの時計が8分遅れていた。

貴弘は5ℓの灯油を買ったことが実証されたが川上はポリタンクに灯油が入っていないことを実証するように言いつける。

川上は昔再審請求の裁判を任されていたが再審請求を認めた途端左遷されて出世コースから外れた。

その頃から川上は組織に迎合していい判決を他の裁判官にも期待するようになった。

佐田は会見を開き再審請求が却下されたことに亮平とともに抗議をした。

再審請求を通すために深山たちは貴弘が経営していたアパートの元住人の島津や海老沢に話を聞きに行く。

すると、事件当日に消化活動にあたっていた消防士の話で山岡真一というアパートの元住人がアパートの炎を携帯で撮影して燃えちまえと呟いていたという。

山岡を捜索したが見つからず、さらに佐田が強欲弁護士だという週刊誌の記事を見て激怒した亮平は依頼を取り消すと言い去っていった。

それでも諦めずにみやまたちは事件の捜査を続けて、佐田が店の割烹着の下が燃えていないことに気づく。

深山たちは「富理木火災研究所」の火災専門家の内山愛理に話を聞く。

貴弘が経営していた「音吉庵」の元従業員の中原銀次から割烹着がぶら下げて干していたことを聞かされる。

事件現場の写真を見て厨房にあった燃えかすを不審に思う。

その燃えかすの正体は天かすで天かすは自然発火で燃えたことが明らかになる。

出火元は2つで被害者の久世直美は転倒して頭を打ちそれから一酸化炭素中毒になったのではと深山は推理する。

そうなると、天かすの自然発火とは別に雑誌に放火した犯人が別にいるということになる。

深山は山岡の実家に行ったが山岡はすでに亡くなっていた。

山岡のガラケーを入手して8年前の火災の様子をおさめた動画を見直したが画質が悪く証拠になるものは映っていなかった。

落合に画像処理を任せて深山は小料理屋「いとこんち」で考えを巡らせていた。

加奈子が黒歴史の証拠を燃やしているのを見て深山は放火した犯人が燃やしたいものと一緒にアパートを燃やしたのではないかと推理した。

そして、落合の画像処理が終わって動画を確認して新たな証拠が見つかり深山は事件の真実が見えた。

深山たちは検証の実施を川上に頼み、川上も承諾した。

中原に事件当時の話を聞き、読んでた雑誌を直美に捨てられたと証言する。

雑誌を取りに行こうとその辺をブラブラしていたと話すが深山は途中で店に立ち寄ったのではないかと疑った。

次は海老沢に話を聞いて直美が捨てた漫画雑誌があったと証言した。

その後、海老沢は島津を助けてそのままアパートから逃げたと話す。

関係者からの話を聞き終わり、明石が実証実験で週刊バイブスを燃やそうとする。

その途中で深山は中原、島津、海老沢、亮平の中に証言が矛盾している人物がいると断定した。

週刊バイブスを含めた雑誌の山に火をつけて建物はあっという間に燃え広がった。

この映像から見てもわかる通り火のついた雑誌は火がつくとあっという間に灰になり週刊バイブスかどうか判別できないほどだった。

それなのに雑誌の中に週刊バイブスがあると海老沢が証言したのは雑誌の山に火をつける前に週刊バイブスを見たからだと深山は話す。

そして、深山は山岡が録画した映像を川上たちに見せ、その映像には海老沢の部屋が映し出されていた。

部屋には「新日本体育大学付属女子中学校」から盗んだ下着が映し出されていて山岡が下着泥棒の証拠を持って海老沢を脅迫した。 

海老沢は自分の犯罪の発覚を恐れて天かすに火をつけた。

しかし、火は思ったほど燃え広がず下着泥棒の証拠を隠滅するために雑誌の山に火をつけたのだ。

追い詰められた海老沢は「俺は知らん!」と叫び部屋を出ていった。

深山は海老沢の部屋を捜索した方がいいと検察に告げ検察も部屋を出て行く。

再審請求を要求した深山だが川上は再審請求を認めようとしない。

舞子は川上に詰め寄り裁判官、検察、弁護士のトライアングルを歪めているのは川上だと告げる。

裁判官、検察が結託して司法システムを歪めることで被疑者は驚異にさらされると深山は川上に語る。

再審請求は認められて、再審裁判をすることになった。

その裁判で川上は無罪判決を下し、被告人の貴弘に深く謝罪をした。

貴弘と亮平は喜び合い、深山たちに感謝する。

川上は無罪判決を下したことで事務総長の座に就き、事務総長だった岡田は失脚した。

出世のために川上は無罪判決を下したのかと舞子は考え裁判官としての良心があったのではと期待していたがそうではなくがっかりした。

深山たちはこれからも弁護士として歪んだ司法を正すために弁護を続ける。

小料理屋「いとこんち」に来たのは海外に留学していた立花彩乃だった。

彼女はプロレスラーと写真を撮りパラリーガルの中塚とは同じプロレスファンを言うことで意気投合した。

一方、佐田は娘が外国人の恋人を連れてきたことでショックを受けた。

刑事事件専門ルームにいた深山たちは新しい依頼が来て早速依頼人の接見に行ったーー。

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン2・最終回の感想

今回の事件は「建造物放火及び殺人罪」で死刑囚判決を受けた久世貴弘の弁護で、深山たちは捜査を開始する。

検察の捜査の矛盾に気づき、深山は真実を追求するためには決して諦めない。

深山のこの姿勢が歪んだ司法にメスを入れて無罪判決を勝ち取っていく。

このドラマは0.1%の真実を突き止めるために決して諦めない弁護士たちの姿が描かれていると言うのが面白いところだなww

でも今回は死刑判決の再審請求ということで再審請求は「開かずの扉」と呼ばれていて、一度最高裁で結審した判決を覆すことはほぼ不可能に近い。

川上は公平に審議するためという大義名分をたてて深山たちに無理難題を押し付ける。

川上が無理難題を深山たちに押し付けるのは何か意図があってのことなのか?

捜査を進めるうちに深山はアパートの元住人である海老沢が犯人である可能性を示す証拠を川上たちの前で突きつける。

このシーンが一番スカッとしたな、悪事は必ず暴かれるんだよ!

川上が無罪判決を下したのは裁判官としての良心が残ってたからじゃなく出世のため岡田を失脚させるためだった。

川上に良心が残ってたという結末の方がスッキリしたんだろうけどこっちの方が川上らしいっちゃあ川上らしいな。

まとめ

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン2・最終回のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

このドラマもいよいよ最終回を迎えて最終回は2時間拡大でお届けする。

深山(松本潤)たちのもとに、死刑囚・久世貴弘(小林隆)の再審請求の依頼がきた。

依頼人は、久世の息子・亮平(中島裕翔)で、久世は8年前に妻を殺害後、放火したとして「建造物放火及び殺人罪」で死刑判決を受けた。

深山と舞子が捜査に乗り出して無実を証明するためにあらゆる可能性を模索した。

そのうちに、火災があったアパートの住人の1人の海老沢が下着泥棒の証拠を隠すためにアパートを放火したことが判明する。

貴弘は再審裁判で無罪判決が出て息子の亮平と喜び合った。

深山と舞子の名コンビのストーリーをもっと見たかったけどこの2人はこれからも真実をつかむために一生懸命捜査するだろう。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする