ドラマ『中学聖日記』6話ネタバレあらすじ 晶と再会する聖

有村架純主演のドラマ『中学聖日記』第6話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

聖が姿を消して3年が経ち、聖は千鶴と同じ小学校の教師になっていた。

穏やかな日常を過ごしていた聖だったが、雑貨市で偶然晶の姿を見かけてしまい…。

ドラマ『中学聖日記』第6話のあらすじ

3年後ーー2018年。

聖(有村架純)は、晶(岡田健史)の前から姿を消して、勝太郎(町田啓太)とも別れてしまう。

千鶴(友近)と同じ小学校で教師を続けていた聖。

穏やかな日々を過ごしていた聖だったが、同僚の野上(渡辺大)と訪れた雑貨市で晶の姿を見かけてしまう。

晶は愛子(夏川結衣)の元を離れ、上布(マキタスポーツ)の実家に下宿していた。

過去の記憶がよみがえり動揺する聖。

一方、勝太郎は東京本社で過去を吹っ切るようにバリバリと働いていた。

だがそこへ原口(吉田羊)が新しい部長として東京へ戻ってきていた。

そんな中で担当する生徒・彩乃(石田凛音)の遠足費の支払いが滞っていることを知った聖。

彼女は、母親・美和(村川絵梨)の元を訪ねるが…。

ドラマ『中学聖日記』第6話のネタバレ

「あの頃の僕は周りのことも自分のことも見えなくなるくらい先生のことが好きでした」と晶は日記に書く。

そして、晶の15歳の夏から聖は消えたーー。

あれから3年が経ち、九重たちは中学のクラスメイトを集めてクラス会をしようと話していた。

そこに晶も呼ぼうと海老原は提案したが晶がどこにいるのか誰にもわからなかった。

一方、聖は千鶴の務めている小学校で教師をしていた。

聖の同僚・野上は結婚の話がなぜダメになったのかと千鶴に聞いたが千鶴は何も答えなかった。

聖は怪我をした生徒の彩乃を保健室に連れていき、彩乃からビンタされると晶のことが頭をよぎる。

聖の頬に虫が止まっていて叩いたと彩乃は言い聖はびっくりしたと笑っていた。

千鶴から遠足費の支払いが滞っていることを聞いた聖は彩乃とともに彩乃の家に向かう。

彩乃の母・美和にすぐに帰されて聖は玄関に男物の靴があるのを確認した。

そのことを先生たちに話すと美和は浮気した末に離婚してそれからは大地主の親があてがった家で暮らしてると聖は先生から聞かされる。

こんな小さい街じゃ一度悪い噂が流れたら終わりだと聞き聖は秘密がバレるのではないかと怯えていた。

聖は校長の湯呑みをうっかり割ってしまい雑貨市で野上と同じものを購入した。

そこで高校生になった晶を見かけ、聖は晶に見つからないようにした。

上布は雑貨市で偶然聖を見かけて晶を急いで雑貨市から離そうとした。

晶を目撃した聖は3年前の晶との記憶が蘇る。

祖母の家で上布と暮らしていた晶は母の愛子のことを避けていた。

愛子は晶の祖母の家に挨拶に来た時、上布から聖が雑貨市にいたことを話す。

聖と晶が会わなかった聞いて愛子はホッとして、晶がこのまま穏やかに大人になってくれたらそれでいいと上布に告げる。

一方、東京の本社にいた勝太郎は過去を振り切るように働いていた。

部長になって東京に来ていた律は勝太郎が必死に聖のことを忘れようとしていると気づくが勝太郎は聖のことはもう関係ないと律に告げる。

その頃、聖は千鶴に晶を見かけたことを言い昔のことを思い出したと話した。

先生を辞めた後、聖は実家に住んでいたがこのままではダメだと思い学習塾の講師をしていた。

そして、千鶴が今の小学校を聖に紹介して三千代の働きかけで働かせてもらえることになった。

聖は千鶴と三千代に感謝して教師の仕事を続けている。

野上と結婚して安定した生活をするよう千鶴は聖に言うが、聖はまだ結婚のことは考えられないと話す。

同窓会に晶が出席してみんなが解散した後るなと一緒に帰った。

一方、聖は野上と一緒に帰っていると勝太郎が聖の前に現れた。

晶は県内一の進学校に通っていて、るなは改めて晶に告白した。

聖の家に来た勝太郎は別れた時に聖にひどいことを言ってしまったと言って謝った。

勝太郎はそろそろお互いのことを考えて前に進む時なのかもと聖に告げた。

会社に戻った勝太郎は律に気になると告げ、聖は野上のことが気になり始めていた。

晶たちはプラネタリウムに行こうとしたが予定が合わず晶とるなの2人が行くことになった。

一方、愛子は上布から聖がまだ教師を続けていることを知り激しく憤る。

聖は野上の担任の生徒たちとともに課外授業に行った。

昼食休憩の時に野上は聖に勝太郎のことについて尋ねるが聖は元婚約者だと言いそれ以上は何も言わない。

その時、聖は生徒の1人の彩乃のことが気になって彩乃の家に行く。

彩乃の家に美和の浮気相手の妻が殴り込みに来ていて美和ともめていた。

聖が止めようとするが浮気相手の妻の怒りは収まらず過去にやらかした人はまた同じ過ちを繰り返すと美和に叫ぶ。

彩乃を家に送り届けた帰りに野上は職員室で人の失敗を許さない社会にはしたくないと聖は語る。

そして、野上は聖に晶と何があったのかと尋ねる。

野上の知り合いが聖と晶との噂を聞いていてその知り合いから野上に伝わった。

野上に問いかけられて聖は勝太郎と結婚することになっていたが晶のことを好きになったと告白した。 

るなは晶に告白して一緒にホテルに来た。

進学校に進学して前を向いている晶に比べて聖はあの頃のまま止まっていると語る。

るなは晶の裸が見たいと言い聖のことを忘れさせてあげると話す。

聖の言葉に野上は一歩ずつでも前に進んでいると励まし、泣いている聖に野上は彼女に抱きついた。

その頃、勝太郎は律の手を引き律は聖にフラれて慰めに自分と付き合うなら嫌だと言うが勝太郎は律にキスをした。

ホテルにいた晶とるなもキスをする。

愛子はいろんな学校に問い合わせてようやく聖の務めている小学校を突き止める。

浮気相手に電話していた美和は面白い先生を見つけたと不敵に笑っていたーー。

ドラマ『中学聖日記』第6話の感想

聖は晶の前から姿を消して勝太郎とも別れてしまい千鶴の務める小学校に赴任する。

千鶴と校長の三千代が頼み込んだことで聖は教師を続けられることになったけど晶のことがバレたらまた辞めさせられるな…。

雑貨市で聖は同僚の野上と買い物をしていると偶然成長した晶の姿を目にした。

この時に聖が考えたのは晶に会えた嬉しさよりも自分の秘密がバレるかもしれないという恐怖心だな。

聖は担当している生徒の1人の彩乃が気がかりで母親の美和は娘の彩乃を育児放棄しているのではと疑っていた。

育児放棄は社会問題になってるからな。

美和は浮気したという噂が流れてこの町で肩身の狭い思いをしている。

聖の秘密がどうやら美和にバレたみたいで聖の平穏な暮らしが脅かされるのか!?

まとめ

ドラマ『中学聖日記』第6話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

聖は晶のせいで教師を辞めることになって3年が経ち、千鶴の勤める小学校に赴任した。

副担任として働いている聖は同僚の野上とともに雑貨市に行く。

そこで晶を偶然見かけて聖は逃げるように帰っていく。

勝太郎と律の2人に進展があってこの2人付き合うことにしたそう。

聖は野上に告白されて身を委ねたけど野上と付き合うのかな?

第7話では、野上の優しさに触れてようやく前に進める気がした聖。

そんななか、聖のクラスの児童の1人である彩乃が登校中に栄養失調からくる貧血で倒れて…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする