朝ドラ『はね駒』71話あらすじネタバレ みつを心配するりん

斉藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第71話のあらすじネタバレと感想をまとめてみました。

実家に帰ってもみつの病状は回復せずに弘次郎はみつのために嫌いな商人に頭を下げてまでもお金を手に入れようとする。

源造もみつに元気になってもらおうと牛乳を手配してそれをりんに渡して….。

朝ドラ『はね駒』第71話のあらすじ

りん(斉藤由貴)の妹・みつ(小野ゆかり)は実家に帰っても弱りきっていて、病状はなかなか回復しなかった。

祖父・徳右衛門(山内明)は、川でフナを釣り、小野寺源造(渡辺謙)は牛乳を手配し、何とかみつに滋養のつくものを食べさせようと必死。

父・弘次郎(小林稔侍)は、嫌いな人間に我慢して頭を下げてまで商品を売り、みつのためのお金を手に入れていて…。

朝ドラ『はね駒』第71話のネタバレ

りんは栄養補給のために牛乳をみつに飲ませてはどうかとやえとことに提案したが2人は牛乳がどんな味なのか想像できなかった。

そんな時に徳右衛門が釣りから帰ってきたが魚が一匹しか釣れずにボヤいていた。

弘次郎もみつのために嫌いな商人に骨董品の鎧を売ろうとしていた。

家の外で源造に会ったりんは源造がみつを元気付けるために牛乳を持ってきていた。

源造から牛乳を渡されたりんは源造の優しさが嬉しかった。

商人は掛け値を引いてほしいと頼み弘次郎は掛け値込みで売るのが方針だと話すがみつのために仕方なく売る。

寝ているみつのそばに弘次郎は来てみつの顔の汗を念入りに拭いていた。

みつを元気にして必ず子供のところに帰してやると約束してそれが子供への祝いだと弘次郎はみつに話す。

それを見ていたりんはやりきれない気持ちだった。

その夜中にみつは起きて子供のところに行こうとした。

みつを必死に引き止めるりんとやえは子供に会いたいあまり子供の泣き声の幻聴が聞こえるみつを見てりんは心を痛めていた。

朝ドラ『はね駒』第71話の感想

みつは家に帰っても元気にならず家族はみつのためにできる限りのことをする。

みつを元気にするために家族が一致団結となっている姿に感動💗

源造もみつのために牛乳を持ってきてそれをりんに渡してりんは源造の優しさに救われていた。

この2人の距離が徐々に縮まっていくのがわかるな。

弘次郎はみつのために鎧を売ってお金を作ってみつの顔の汗を拭いて看病していた。

みつを元気にして必ず子供のところに帰してやると弘次郎がみつに約束する姿にみつへの愛を感じた。

夜中にみつが子供に会いに行こうとして、子供に会いたい気持ちが抑えられなくなって子供の泣き声の幻聴まで聞こえた。

このシーンを見ているとすごく切なく感じて僕もやりきれない気持ちでいっぱい….。

まとめ

朝ドラ『はね駒』第71話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

みつは実家で療養していたがなかなか病状は回復せずにりんたち家族は心配していた。

徳右衛門は川でフナを釣って、源造はみつのために牛乳を持ってきた。

2人はなんとか滋養のあるものを食べさせようと必死だった。

一方で、父の弘次郎は嫌いな人間に頭を下げてまで商品を売ってみつのためにお金を作ろうとしていた。

第72話では、子供に会えない辛さでますます弱っていくみつを見かねてりんは一度でいいから赤ん坊をみつに抱かせてやりたいと姑のたかに訴える。

しかし、たかはりんの申し出を断ってこのことを源造に話すと源造はりんと2人でなんとかしようと作戦を練って…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする