朝ドラ『エール』55話ネタバレあらすじ 三郎の遺言とは?

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第11週「家族のうた」の第55話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

浩二は養蚕農家の畠山のもとを再び訪ねていて、渡した資料がよく調べられていたと素直な返事をされた。

一方で、三郎は裕一に大事な話があると言い2人で話をして…。

朝ドラ『エール』第55話のあらすじ

養蚕農家の畠山(マキタスポーツ)を再び訪ねる浩二(佐久本宝)。

畠山は浩二の資料がよく調べられていたと話して浩二に素直な返事をしてくれた。

一方、三郎(唐沢寿明)は、浩二(佐久本宝)に大事な話があると二人で話をした。

そして、裕一(窪田正孝)は三郎のためにハーモニカを聞かせようとするが…。

その後、裕一と音(二階堂ふみ)は、久しぶりに権藤茂兵衛(風間杜夫)を訪ねた。

朝ドラ『エール』第55話のネタバレ

浩二は畠山のもとに行き頭を下げて三郎や裕一、世の中を見返すために働いていたと打ち明ける。

畑がうまくいかなくて福島を出ていった人たちもいる中で自分たちにもできることはないかと浩二は考えていた。

畠山は浩二に資料を渡してよく調べられていると褒めて新しいことに挑戦すると話す。

そのためには補助金が必要だと畠山は言い浩二は必ず取りつけると約束した。

裕一は三郎のためにハーモニカを聞かせてあげたいと思ったがその時に三郎が倒れた。

寝ている三郎のもとに浩二が駆けつけて裕一から病気のことを知っていたと知りカッコつけてんじゃねェよと浩二は三郎に怒る。

3日間意識が戻らなかった三郎だが裕一が話しかけた時に三郎が目を覚ます。

浩二と三郎の2人きりで話をして、浩二は三郎と裕一が音楽の話をするのがずっと嫌だったと打ち明ける。

三郎は裕一との話題は音楽しかなかったと浩二に話し、もし俺が死んだら古山家の家長はお前だと告げる。

三郎が裕一にお願いしたのは喜多一を浩二に継がせたいということだった。

裕一は承諾して、浩二は長生きしてくれと三郎に泣いてすがりつく。

家の縁側で裕一は三郎のためにハーモニカを演奏して、その夜に三郎は安らかに息を引き取った。

裕一と音が東京に帰る日、浩二は裕一にリンゴ農園をやることになったと話しそのうちリンゴを送ると約束した。

裕一と音は東京に帰る前に茂兵衛のもとを訪れた。

自分が身勝手で叔父さんにも迷惑をかけたと言って裕一は茂兵衛に謝る。

茂兵衛は陶芸をやりながら本当はずっとこれをやりたかったと裕一に話し、裕一と音に夫婦茶碗をプレゼントしたーー。

朝ドラ『エール』第55話の感想

浩二は世の中を見返すためにリンゴ農園をやりたいと畠山に打ち明ける。

家族は衝突したり嫉妬したりなかなかうまくいかないことのほうが多い…。

それでも気持ちをわかちあえばうまくいくこともある。

畠山は浩二の熱意を知りリンゴ農園をやることを決意する。

裕一が三郎のためにハーモニカを聴かせようとしたが三郎は突然倒れて三日三晩眠っていた。

三郎は浩二にできることは喜多一を継がせてやることだけだと裕一に訴えてるシーンが印象に残っていて浩二をどれだけ想っていたのかが伝わってきた。

長生きしてくれという浩二の願いは届かずに三郎は逝ってしまったけど裕一と浩二がなくなったのはよかった。

やっぱり兄弟は仲良くないとね♬

裕一が音を連れて茂兵衛のもとに行き茂兵衛が2人のために夫婦茶碗をプレゼントした。

だけど、裕一と音の茶碗がどれかわからず音が苦笑いをしているシーンが面白かったww

まとめ

朝ドラ『エール』第11週「家族のうた」の第55話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

浩二は仕事で養蚕農家の畠山の桑畑を訪ねて資料がよく調べられられていたと褒められる。

浩二にとっては嬉しい言葉だろうね、人に認めてもらえたんだから。

一方で、三郎は裕一に大事な話をして三郎のためにハーモニカを聴かせようとする裕一。

三郎は裕一に浩二に喜多一を継がせたいとお願いして裕一も承諾した。

その夜に三郎は亡くなったけど浩二と裕一は仲良くなった。

第56話では、音が幼い時に亡くなった父の安隆が地上に帰ってくることになった。

だが、その姿は親族にしか見えなかった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする