ドラマ『中学聖日記』5話ネタバレあらすじ 教師を辞める聖に…

有村架純主演のドラマ『中学聖日記』第5話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

聖のマンションの前で聖と晶は勝太郎と愛子と鉢合わせしてしまった。

その翌日に、聖は校長の三千代に学校に呼び出されて同席した愛子にこれまでの経緯を説明しようとするが….。

ドラマ『中学聖日記』第5話のあらすじ

聖(有村架純)と晶(岡田健史)は、夜の砂浜でキスをしてしまう。

聖のマンションの前で勝太郎(町田啓太)と愛子(夏川結衣)と鉢合わせをしてしまった2人。

我に帰った聖は、勝太郎に話をしようとするが、勝太郎は「信じてる」というばかりだった。

翌日、塩谷(夏木マリ)から学校へ呼び出された聖は、同席した愛子の前でこれまでの経緯を説明するが…。

一方、愛子が学校に行ったことを知った晶。

晶は、上布(マキタスポーツ)の制止を振り切って、学校に向かう。

そこで、自宅謹慎を命じられた聖と会ってしまうーー!?

ドラマ『中学聖日記』第5話のネタバレ

「好きだけじゃダメらしい…。」と晶の日記に書かれていた。

聖の自宅マンションに来た聖と晶は手を握っていたところを鉢合わせた勝太郎と愛子に目撃された。

勝太郎は聖を部屋に連れていき、聖を追いかけようとした晶を愛子が引き止める。

聖の家に来た勝太郎は晶のペースに乗せられただけでしょと聖に言い晶についてこれ以上話そうとしなかった。

一方、晶は愛子に聖のことが好きで世間からどんなに非難されても聖と付き合っていずれ結婚すると伝える。

その言葉を聞いて愛子は晶をビンタして「目を覚ましなさい!」と激怒した。

翌日、聖は三千代から連絡があり学校に呼び出された。

その頃、晶がスマホを探していると上布が愛子がスマホを解約して学校に行ったことを聞かされる。

聖が学校に行くとそこには三千代と愛子が座っていた。

三千代は聖の行為は淫行の疑いがあると言って聖にこれまでの経緯を話すように告げた。

最初から晶はみんなとは少し違う生徒だと語り晶に好きだと言われる中で学生時代のことを思い出して惹かれたこともあったと言う。

そして、花火大会の時に2人で海に来てそこでキスをしたと三千代と愛子に伝えた。

その話を聞いて愛子は晶をここまでそ出ててきたのはあなたにプレゼントするためじゃないと怒る。

「あんたの退屈しのぎのためになんでうちの晶がっ!」と聖の肩を揺すりながら激怒する。

三千代が愛子を制して聖が提出した退職願を返して処分が決定するまで自宅謹慎し生徒には決して会わないように聖に命じた。

一方、晶は上布の監視を振り切って学校まで自転車を走らせて廊下にいる聖を呼び止めた。

聖は晶に帰りなさいと言いつけ晶の顔を見ずに去ろうとする。

聖を追いかけようとした晶の前に三千代が現れて聖は処分が決まるまで自宅謹慎だと言ったが晶はかまわず聖を追いかける。

聖と会った晶は腕を掴んで事情を聞き聖は間違いだった、許されないことだったと話す。

「あなたは15歳だから!」と聖は晶に叫び晶はショックを受けて手を離す。

聖は学校から去っていき晶は三千代に先生をやめさせないでと訴えた。

一方大阪で、律は聖が急に学校を辞めて大阪に行くことにしたことが不自然だと勝太郎を問い詰めようとするが勝太郎は笑ってごまかした。

晶は聖の家に行こうとするが上布が晶が会おうとすればするほど聖の立場が悪くなると言われ晶は自転車を置いて立ち去る。

大阪に来た晶は勝太郎と会おうとしたが会えず、その時律に話しかけられた。

律は晶に勝太郎と会ってどうするのと聞くと晶がわからないと答える。

「俺には聖ちゃんしかいないから」と晶が言うと律は何も持っていないようで大きな物を持ってる感じていいと晶を褒めた。

晶のことを”少年”と呼び、聖に愛されたいなら大人になれと律は助言した。

家に帰ってきた晶は愛子に部屋まで連れていかれてこれ以上聖と会おうとするなら聖をクビにさせると脅した。

晶は言うことを何でも聞くから聖をやめさせないでほしいと土下座して愛子は唖然としていた。

一方、学校に行ったるなは三千代に聖と晶に何があったのか尋ねて聖のことを考えると自分が嫌な子になると話す。

聖は自宅に来た千鶴に晶の気持ちに応えることも拒絶することもできなかったと言い元々先生向いてなかったと告げる。

聖の言葉を聞いた千鶴は聖を実家まで連れていき親に生徒を好きになって先生辞めることになったと話すように言う。

実家に帰った聖は母親に生徒を好きになって学校を辞めることになったと打ち明ける。

その話を聞いた母親は勝太郎に許してもらえるなら結婚しなさいと聖に告げる。

勝太郎と結婚して聖が幸せにするのと母親は訴える。

一方、勝太郎はランニングを終えて部屋に帰ってきて律が勝太郎を元気づけにそばを作った。

新婚間近なのに元気のない勝太郎に律は励まして2人は蕎麦を食べた。

家で落ち込んでいる晶に上布は男なら男らしいところを見せて認めさせるよう頑張ることだと助言した。

上布の言葉を聞いた晶は聖に言われた言葉を思い出して勉強を始めた。

勝太郎は聖に電話して大阪に行って心機一転やり直そうと伝え聖は三千代に手紙を出した。

引っ越しの手伝いに勝太郎は聖の家に来て、晶の家に来た九重は聖のところに行ってぶんどってこいと言って背中を押した。

聖のところに行こうとしたところ愛子が必死に止めて晶に父親の手紙を見せた。

晶の父親の仕事がうまくいかなくて家を出て行った時に父親の家具を買ってくれた建築家の人を好きになったと愛子は晶に告白した。

その建築家とは結局うまくいかなくてひどく傷ついたけど時間がたてば忘れたと言い時が経てば忘れると愛子は晶を説得した。

しかし晶は納得せずに聖のもとへ全力で駆け出した。

大阪で律が仕事をしていたが我慢できず勝太郎に電話する。

電話で律は勝太郎の結婚を止めようとして本当にこれでいいのと問いかける。

勝太郎はもっといい男なのにこのままじゃ2人を引き離そうとするつまらない男だと律は勝太郎に語る。

律は勝太郎のことが好きで勝太郎が不幸になる結婚は望んでいなかった。

聖は勝太郎より晶のことが好きになったんだと律は勝太郎に告げたが勝太郎は聖を乗せて車を走らせた。

その頃、三千代は聖からの手紙を読んでいてせっかく良くしてもらったのに自分から台無しにしてしまったと謝罪した。

聖の手紙を読んでもっと育てていきたかったと呟く。

一方、自転車で聖を追いかける晶は必死に聖の名前を呼び続ける。

晶の声を聞いて振り返る聖、晶は転倒しても追いかける。

晶の叫びを聞き聖は車を停めさせた。

今のままの状態で結婚をしても勝太郎に甘えるだけで不幸になると聖は話す。

勝太郎は「誰のせいでこんなみっともない状況になってるんだ!」と聖に怒る。

1人になって全部無くせばいいと勝太郎は聖に言い、聖は指輪を置いてどこかに消えてしまう。

聖が消えて何年か経ち、晶は18歳になっていたーー。

ドラマ『中学聖日記』第5話の感想

聖と晶は手を繋いで聖の自宅に帰ろうとしたが2人の前に勝太郎と愛子が現れる。

一番見つかりたくない2人に会っちまうのはどんな気分なんだろ?

勝太郎は晶のサンダルをわざと踏んづけて聖を部屋まで連れていく。

愛子も晶を無理やり連れて帰り教師である聖との恋愛は許されないことを話す。

生徒と教師の禁断の恋は何度かドラマや映画で描かれてるけど晶は今のところ聖のストーカーにしか見えない…。

愛子は学校に行って三千代と聖との3人で顔合わせをする。

ここ一番で緊張する場面だな、やっぱり聖は学校を辞めることになるだろうな。

晶に対していかがわしい感情を持ってしまったことを聖は愛子に謝罪したけど愛子は聖のことを許さなかった。

大事に育てた息子が女教師にキスをされたと知れば怒るのも当然か!

結局聖は学校を辞めることになって晶は聖に迫るけど中学生の晶と付き合うことはできないと突き放す。

勝太郎と結婚して新しい人生を歩もうとする聖だけど追いかけてくる晶をジッと見つめる聖を見て勝太郎は別れを切り出す。

聖が本当に好きなのが晶だと気づいたから別れたんだな勝太郎は。

勝太郎が本当にかわいそう…。

まとめ

ドラマ『中学聖日記』第5話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

晶と聖の禁断の恋がついに周りにバレてしまい聖は教師を辞めることになってしまう。

晶は聖に言い寄るけど中学生だから何もできず…。

聖の婚約者である勝太郎は聖と晶を引き離そうとするけどそうすればするほど自分がカッコ悪く思えてきて聖に別れを切り出す。

聖もはっきり拒絶すればよかったけど晶が純粋に聖のことを想い続けることで聖も晶に惹かれちやったわけね💖

聖がこれからどうなるのか気になります!

第6話では、晶の前から姿を消した聖は勝太郎とも別れて先輩の千鶴と同じ小学校で教師を続けていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする