ドラマ『中学聖日記』4話ネタバレあらすじ 聖と晶、急接近!

有村架純主演のドラマ『中学聖日記』のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

聖は花火大会の夜に見回りで会場に来ていて晶とるなが一緒の姿を目撃する。

花火大会には勝太郎と律も来ていて、波乱の夜が幕を開けるーー!?

ドラマ『中学聖日記』第4話のあらすじ

聖(有村架純)は勉強合宿で、晶(岡田健史)への特別な感情に気付いた。

彼女を心配する千鶴(友近)は、「生徒に本気になったら終わり」と諭す。

自分の想いは一時のものだと、聖は気持ちを新たに教師として晶に接した。

一方、諦めきれない晶は、「花火大会のあとに会いたい」と聖にメールをした。

そんな2人の関係を愛子(夏川結衣)が疑い始める。

夏休みが始まり、つかの間の休日、聖はウェディング雑誌を読みながら挙式の準備を進めていた。

その頃、勝太郎(町田啓太)は律(吉田羊)と二人きりで海外出張に出かける。

勝太郎は、聖に誰か他に惹かれている人がいないか、ハッキリさせるよう律に迫られた。

そして花火大会の夜、見回りで会場へ来た聖は、晶の意外な姿を目撃する。

さらに、勝太郎と原口も会場に訪れ、波乱の夜が幕をあけたーー。

ドラマ『中学聖日記』第4話のネタバレ

先生に優しくできたのが嬉しいと日記で晶は書いていた。

千鶴は聖に生徒を好きになったら終わるよと忠告した。

千鶴が旦那との出会いでときめいたのと同じだと聖は千鶴に話す。

いや自分が幸せだということを勝太郎に感謝しないとと千鶴は聖に告げる。

教室で聖は期末テストの答案用紙を返していた。

るなは聖に答案用紙を返されながら自己嫌悪に陥っていて、晶も海老原のことを見ていた。

もうすぐ花火大会が始まり生徒全員が喜ぶ。

晶と九重が下校していると晶が転んでそのままになっていた自転車が置かれていた。

自転車に乗って晶は走り出し、聖はこのまま夏休みまでに会わなければ大丈夫だとプール掃除の時に自分に言い聞かせていた。

その時、学校に愛子が来て晶のことについて聖に尋ねる。

愛子はるなが家に来て聖が晶のことをジッと見ていて終点まで送っていったと話したと聖に報告する。

そんなことを言い出するなのことが心配だと愛子は聖に告げるなのことを気をつけて見てあげてくださいと伝える。

聖と別れた後、愛子は聖のことを意味深に見ていた。

一方、律にキスされた勝太郎は律の顔を見てどう声をかけていいか迷った。

シンガポール出張が決まって勝太郎は夏休みになっても聖と会えなかった。

1学期が終わり聖は花火大会を楽しみにしていたが先生たちは見回りがあるから花火なんか見れたもんじゃないと言われる。

三千代は一時はどうなることかと思ったが無事に終えてホッとしたと聖に告げる。

夏期講習の許可のサインをもらうために晶の家に来た聖だが晶が家に帰ってきて進路相談をしたいと言い出す。

晶は行きたい高校が見えてこないと聖に言う。

晶にアドバイスをした聖が帰ろうとすると晶が突然聖の腕を掴み花火大会を先生と一緒に行きたいと話す。

聖は晶の家を出ていき、勝太郎との結婚式の準備を進める。

学校で晶はるなから聖のメアドと交換条件で花火に行かないかと誘われる。

家に帰っても晶は聖のことを考えていて、聖が晶のハチマキを捨てようとした。

その時、晶からメールがあり花火大会に誘われ、その後神社で待ってると告げられる。

出張でシンガポールに来ていた勝太郎と律は仕事の帰りにホテルに泊まる。

その後律と勝太郎はレストランで食事をした。

勝太郎は律との気まずい空気の中で律は勝太郎とキスした後勝太郎のことが好きなのかわからなくなったと話す。

聖に誰か他に好きな人がいないかはっきり確認した方がいいと律は勝太郎に告げる。

夜に勝太郎は聖にテレビ電話して花火大会誰かと行くのと尋ねる。

仕事で花火大会の見回りをすることになったと聖から聞き勝太郎はホッとした。

晶のことを忘れるために聖はハチマキを捨て、メールの着信拒否をした。

千鶴は聖に勝太郎と一緒にいて愛情を温めないとと助言する。

聖からの返信がなく晶が落ち込んでいる時に上布が晶の部屋に入る。

上布が聖は大人のルールの中で生きてるから聖のことは諦めるように晶に告げる。

大阪に戻った勝太郎だが聖が浮気してるのではないかと疑いSNSで聖のアカウントを見るまでになる。

それを見かねた律は勝太郎を花火大会に誘った。

花火大会の会場に来た聖は先生たちとともに見回りに行った。

晶とるなも一緒に来ていて聖は2人が一緒にいるのを見て心がざわつく。

勝太郎と律も花火大会の会場に来て聖を見かけた勝太郎だが彼女に話しかけなかった。

夜になって晶とるなが花火を見ていると今までるなのことを傷つけたことを晶はるなに謝った。

晶は聖に好きだと告白したとるなに言いみんなから反対されて聖にも避けられて落ち込む。
 
その姿を見たるなは感情が抑えられなくなり晶にキスをして抱きついた。

その時、晶が聖を見つけて慌てて追いかけにいった。

聖が晶のもとを離れようとすると律に腕を掴まれる。

律は聖に勝太郎のことが好きか問いかけ聖は婚約するんですよと答えた。

自分の気持ちに正直に生きたほうがいい、自分の気持ち騙して世間の目を気にして結婚するほうがダサいと律は聖に告げる。

勝太郎と一緒にいた律は勝太郎のことがほしくなったと勝太郎に言いこのまま不幸な結婚をするようなら私が止めると宣言した。

返事を聞かせてほしいと律は詰め寄るが勝太郎は答えなかった。

見回りが終わって先生たちとバスで帰ろうとした時聖はるなが晶と一緒にいないことに気づき晶の待っている神社に向かった。

神社に着いた聖だが晶がどこにもいなくて泥で汚れた靴を洗おうと海に来た。

勝太郎は聖に電話したが聖は勝太郎の電話に気づかない。

靴が海に流れてしまったその時、晶が聖に声をかけた。

晶はそのままの聖が好きだと聖に伝え、聖に優しくなりたいと告げる。

婚約者がいるとか無しにして聖のことが知りたいと聖に言うが聖は知ったらもっと好きになっちゃうかもしれないのにと答えた。

晶は聖のことを諦めるために聖のことを知りたいと考えた。

「先生と呼ばれる資格はない」と聖は泣きながら晶に呟き、晶は聖にキスをした。

先生に優しくなれたのが嬉しいと晶は思っていて、タクシーで晶と聖は聖の部屋に帰る。

その時、聖のマンションの前にいた勝太郎と遭遇し勝太郎は聖と晶が手を繋いでいるのを目撃。

そして、聖と晶の前に愛子が現れて聖は逃げ出そうとしたが晶が聖の手を引く。

まさかこんなことになるとは思いもしていない聖と晶だったーー。

ドラマ『中学聖日記』第4話の感想

花火大会が始まり聖は見回りのために会場に来ていた。

花火大会って絶対何かあるだろう、でも仕事だから仕方ないか。

聖は晶とるなが一緒のところを見て心がざわつくシーンはこれからの不幸を予感させるシーン。

晶への気持ちを必死に押し殺して聖は晶と距離を取ろうとするけと晶はそんなことお構いなしだな( *`ω´)

本当に好きなら諦めろっつうの!

聖は晶のことが気になり晶が待っている神社に行くけど晶はどこにもいない。

このまますれ違ってればよかったのに。

海に来た晶と聖はキスをして聖の家に帰るけどそこには勝太郎と愛子がいた。

これ完全に修羅場だよね、ここまで怖いシーンはなかなかないよ…。

まとめ

ドラマ『中学聖日記』第4話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

第4話で晶は懲りずに聖のことを追いかけて聖は晶のことが気になり始める。

だけど教師という立場である以上晶の気持ちに応えることはできない。

これがもどかしいけど勝太郎という婚約者もいて教師だから世間的には絶対に許されない恋。

花火大会で聖と晶の距離は急接近するけど、2人が手を繋いでいるところを勝太郎と愛子に見られてしまう。

第5話では、聖の自宅前で愛子と勝太郎に鉢合わせて聖は激しく動揺した。

その翌日に聖は校長の三千代から学校に呼び出されて…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする