朝ドラ『はね駒』68話あらすじネタバレ みつを心配するりん

斉藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』68話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

りんの妹のみつは産み月になっても実家に帰ってくることはなくりんはやえにみつのことを相談した。

やえは自分の立場ではみつを帰してほしいと吉川家のたかには頼めないとりんに話して….。

朝ドラ『はね駒』第68話のあらすじ

りん(斉藤由貴)の妹・みつ(小野ゆかり)は、産み月になっても実家に帰って来ない。

嫁ぎ先の吉川家の農作業で忙しいからだったのだ。

様子を見に行っていたりんは、母・やえ(樹木希林)に相談した。

みつはかなり体調が悪そうなのだが、姑のたか(草村礼子)に里帰りを言い出せなかった。

やえも自分の立場では、たかには頼めないということだ。

納得がいかないりんは、再度吉川家を訪ねるのだが…。

朝ドラ『はね駒』第68話のネタバレ

りんは実家に帰りみつが吉川家に気兼ねして帰ろうとしないのを不思議に思っていた。

みつの夫の勘太郎と姑のたかは帰りたかったらいつでも帰っていいよとみつに言ったが優しいみつは嫁入りした家に気を使い帰れなかった。

りんはやえに吉川家に行ってみつを帰すように働きかけたらどうかと提案した。

しかし、やえは嫁の家のほうから口答えはできないとりんに言いもしそうすれば後で吉川家との関係が悪くなると話す。

結婚とは何なのかりんにはわからなくなった。

やえとりんは食事中でもみつのことを心配して、考え事にしていた。

心配でたまらないりんはもう一度吉川家に来てみつの様子を見にきたらそこにやえがいてやえもみつのことを心配そうに見ていた。

その時、みつが倒れて吉川家に運ばれる。

りんはたかにみつを帰すように言うがたかは仕事が忙しいと言うだけで、見かねて畑仕事を手伝うことにした。

一方のやえは弘次郎にみつを迎えに行ってほしいと頼もうとするが弘次郎は生まれてくる孫のことで頭がいっぱいで言い出せなかった。

りんは畑仕事をしていたがあまりの大変さに根を上げた。

その時、みつが起きてきて畑仕事をすると言い出しりんはそんなみつに対して怒った。

しかし、みつはたかからのプレッシャーに耐えきれずに畑仕事をすると言って聞かない。

疲労がたまったみつは畑に倒れて勘太郎とりんは心配でみつに駆け寄っていた….。

朝ドラ『はね駒』第68話の感想

りんはみつのことについてやえに相談する。  

みつは吉川家に嫁入りしたけどみつは姑のたかに気をつかって実家に帰らずに必死にお腹の子どもを抱えて農作業をしていた。

たかもみつの気持ちを察して家に帰るようちゃんと話したほうがいいと思うんだけど…。

姑側にたとえ悪気はなくても嫁のほうが気をつかって姑の言う通りにするしかないと思い込むこともある。

やえはりんに嫁の家の人間が嫁ぎ先の家に意見を言うのは許されないと話し、何もしないのが一番だとりんに伝える。

その言葉にりんは納得できずりんは吉川家に行って畑仕事を手伝う。

妹思いのりんを見てると泣けてくる(ノ_<)

みつがたかからのプレッシャーを感じて畑仕事をやめようとしない。

嫁と姑にしかわからないプレッシャーがあるからな、側にいる人間が何を言ったって聞きやしない❗️

まとめ

朝ドラ『はね駒』第68話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

りんはみつのことを心配して吉川家に行ってみつの様子を見てくる。

姑のたかに気をつかってみつは農作業を続けている。

見かねたりんはやえにみつのことを相談するがやえは自分の立場では意見を言えないと話す。

りんは再び吉川家に行くとやえもみつの様子を見にきていた。

みつを休ませるためにりんは畑仕事を手伝い、みつはそれでも農作業をやめようとしなかった。

そして、みつは畑で倒れてりんは心配になってみつに駆け寄っていた。

第69話では、みつは畑の中で産気づいてりんとやえが出産の支度をして吉川家を訪ねる。

すると、みつは納屋の中で寝かされていた…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする