野ブタ。をプロデュース 8話ネタバレあらすじ 孤立する修二

亀梨和也&山下智久主演のドラマ『野ブタ。をプロデュース』第8話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

酔っ払いの男に絡まれたOLを助けた修二だったが警察から男を殴ったと疑われてしまった。

人間不信になる修二はクラスメイトの夕二が3人組に絡まれているのを目撃したが関わり合いたくないと見て見ぬふりをして….。

ドラマ『野ブタ。をプロデュース』第8話のあらすじ

酔っぱらいの男に絡まれたOLを助けるが、逆に警察官から男を殴ったと疑われる修二(亀梨和也)。

修二が人間不信に陥る一方で信子(堀北真希)は、放送部での校内リポートを成功させ、生徒の支持を得ていた。

そんな中、修二は、タニ(大東俊介)が3人組に絡まれるところを目撃する。

かかわり合いを避けようと、修二は見て見ぬフリをしてしまう。

ドラマ『野ブタ。をプロデュース』第8話のネタバレ

悟は伸子からの電話に出て伸子は浩二と修二に友達がいるかと聞いた。

公園で信子が修二に抱きついたあの日以来、信子は修二を避けていた。

教室で修二は信子を屋上に連れ出してプロデュースを再開すると宣言する。

信子は修二に抱きついたことを気にしていて、気にしていないと伝える。

人にあまり慰めてもらえてないからリアクションに困っただけだと修二は信子に言い、信子はまり子が誰かに慰めてもらえたのかなと気にする。

信子はみんなが幸せになれればいいと願っていて、修二は彰を呼んで久しぶりに3人が集まる。

記念に彰はくす玉を割ろうとしたけど、くす玉は屋上から校庭に落ちていった。

このくす玉はまるで修二のこれからの未来を予感しているようだった。

ある日、修二は男に絡まれていたOLを助けようとしたが警察に男を殴ったと勘違いされて交番に連れていかれた。

警察に事情を話したけど信じてもらえず目撃者がいたおかげで家に帰ることができた。

でも、修二は人に信じてもらえないことがいかに怖いことか実感した。

一方、信子は校内リポートで人気に火がつき生徒たちから支持を得る。

修二が家に帰ろうとすると3人組の男に殴られている青年が見えたがかかわり合いたくないと思いそのまま家に帰る。

その青年は修二のクラスメイトであるタニで、タニは修二に気づき助けを呼んだがその声は届かなかった。
 
校内リポートで信子はまり子はランチの突撃リポートをしたがまり子だとわかるとやめようとする。

修二は教室に戻りまり子のお弁当を食べたと嘘をつくが教室のテレビでまり子のランチ姿が映っていた。

修二の嘘がクラスメイトにバレて修二は心の中で焦る。

さらに、タニが3人組に殴られて大怪我を負い教室に戻ると修二を睨んでいた。

タニと修二は男子トイレで話をして、修二はその時に3人組に絡まれていた青年がタニだと気づいた。

修二は絡まれてるのがタニだと気づかなかったと言ったがタニに信じてもらえなかった。

修二がタニに見て見ぬふりをしたことが学校中で噂になりみんなは修二から離れていった。

学校で修二は孤立して、それでも彰と信子は修二から離れなかった。

修二が公園で鳩に向かって石を投げている時に誰かが修二を隠し撮りしていた。

それに気づいた修二が隠し撮りした人物を追いかけると何と信子の友達のあおいだった!

あおいは修二に信子が公園で抱きついた時の写真を見せる。

そして、あおいがこれまで信子に嫌がらせをしてきた犯人だと修二が気づき何でこんなことをするのかあおいが修二に動機を口にする。

あおいは修二が信子のプロデュースをする理由と同じで、誰かの人生を変えるのが楽しいと不気味に笑いながら話した。

修二が学校に行くとあおいは何事もなかったかのように修二の前で信子と仲良くしていた。

その様子を見た修二はあおいを屋上に呼び出して何も言わずに信子の前からいなくなってほしいと頼んだ。

信子があおいに嫌がらせをされていたことを知ったら傷つくから信子には黙っているよう修二はお願いした。

しかし、あおいはもっと信子と仲良くなってから言った方が傷つくでしょと修二に話す。

そのほうが自殺するほど傷つくとあおいが言うと修二は怒ってあおいの胸ぐらを掴む。

すると、あおいは急に叫んで彰と信子が屋上に駆けつける。

信子にすがりついて泣いているあおい、修二はまたみんなから信頼されなくなった。

彰は修二に何があったのか話すように言ったが修二は頭を整理させてから話したいと彰に告げる。

修二の前に信子が現れてあおいが嫌がらせをしたのは本当かと修二に尋ねる。

あおい自身がそう言ったが修二は信子を守るために嘘をつく。

一方、彰の下駄箱に封筒が入っていて中には修二と信子が抱き合っている写真があり彰はショックを受ける。

信子はキャサリンから信じたいものを信じればいいと言われて修二のことが頭をよぎる。

下宿先の豆腐屋で彰は知りたくなかったものを忘れるにはどうしたらいいと平山に相談する。

平山は家に代々伝わる糠味噌の中に入れれば嫌なことは笑って見れるようになると彰に話す。

学校の教室で彰と信子は修二に声をかけ信子は修二が結んだ輪っかを繋げて3人で教室を出ていく。

誰にも信じてもらえなくても彰と信子が信じてくれればそれでいいと修二は心の底から思えるようになったーー。

ドラマ『野ブタ。をプロデュース』第8話の感想

修二の嘘がクラスメイトたちにバレる。

さらにタニが3人組にボコられている時に見て見ぬふりをしたのをきっかけに修二はクラスから孤立した存在になる。

人から信じてもらえないことがこんなに恐ろしいとは知らなかったと修二は思い自分の言葉はみんなには届かないと諦めていた。

修二は「オオカミ少年」状態になったけど、彰と信子だけは変わらずに接してくれる。

思わぬところで修二は信子に嫌がらせをしていた犯人が信子の友達のあおいであると知る。

信子が傷つくのを恐れて修二はあおいに嫌がらせをしたことを信子には黙っているようにあおいにお願いした。

しかし、あおいは信子を自殺するほど追い込むために仲良くなってから告白すると修二に告げる。

あおいは悪魔みたいな女だな、どんな育ち方をすればこんなねじ曲がった人間になるんだ( *`ω´)

おおいの悪魔のような発言を聞いて修二は憤り彼女の胸ぐらを掴むとあおいは突然叫び出して修二があおいに乱暴したことになってしまう。

修二は誰からも信頼されてないから説明してもわかってもらえないな…。

それでも彰と信子は修二を信じて3人は固い友情を誓う。

こういう友情って一生大事にしたいよね💓

まとめ

ドラマ『野ブタ。をプロデュース』第8話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

クラスメイトであるタニが3人組に襲われて大怪我を負う。

タニは修二が自分のことを見て見ぬふりをしたと勘違いしてその噂が学校中に流れる。

教室で修二は孤立したが彰と信子は修二から離れなかった。

そんななか、信子に嫌がらせをしていた犯人が信子の友達のあおいだと明らかになる。

この事実を知れば信子が深く傷つくと思い修二はあおいに黙っているようにお願いするがあおいは信子を傷つけるのを面白がっていた。

あおいは修二に暴行されたと教室のみんなに嘘をつき、彰と信子も修二を疑い始める。

だが、彰と信子は自分の気持ちに従い修二を信じることにした。

修二、彰、信子の3人は固い絆で結ばれるのだった。

第9話では、信子は嫌がらせをしていた犯人が親友だと信じていたあおいだと知り愕然とする。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする