朝ドラ『はね駒』67話あらすじネタバレ みつの初産を待つりん

斉藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第67話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

りんはみつの初産のために福島の相馬新里帰りした家族も楽しみながらもそわそわしてみつの帰りを待っていた。

源造が挨拶に来てくれると思って落ち着かない様子でいるりん。

朝ドラ『はね駒』第67話のあらすじ

夏、りん(斉藤由貴)の妹・みつ(小野ゆかり)が初産のため福島県相馬の実家に里帰りすることになった。

橘家の家族たちは楽しいながらもそわそわする毎日だった。

りんも実家で、実は小野寺源造(渡辺謙)があいさつに来るのを待っており落ち着かなかった。

ある日、なかなか実家に帰ってこないみつを心配したりんは、妹が嫁いだ吉川家を訪れるが…。

朝ドラ『はね駒』第67話のネタバレ

東京に行く前に相馬に寄ってご両親に挨拶すると源造はりんに約束した。

りんは相馬に帰ってきて子どもの着物を繕っていた。

弘次郎と徳右衛門は孫にじいさんと呼ばれるか「大じじい」と呼ばれるかでもめていた。

「大じじい」と呼ばれるのはすごい年寄りになった感じで嫌だと徳右衛門は弘次郎に文句を言う。

菊代は鶴次に引き取られて幸せに暮らしていてりんの洗濯を手伝う。

菊代といると幸せな気分になると鶴次はいいこの子は神が自分に遣わしてくれた天使だとりんに話す。

りんは鶴次が家族を失ってなんだかかわいそうだとやえに言う。

先のことがわかったら鶴次もあんな不幸な目にあうことはなかったのにと呟く。

りんの言葉にやえは先が見えないから人間は生きていけるんだとりんに語って聞かせた。

みつが子どもを産みにいくということで家族も心待ちにしていた。

りんが様子を見にいくことになりみつが畑仕事をしていると知り畑に行くりん。

暑い日にみつが畑仕事をしているのを見ていたたまれなくなり辛くなったらいつでも家に帰ってきていいんだよとりんはみつに告げる。

りんの優しさにみつはりんの胸にすがりついていたーー。

朝ドラ『はね駒』第67話の感想

りんは源造と結婚すると決意して源造が結婚の挨拶をしに福島の相馬に寄るとりんに約束した。

そのことでりんは落ち着かない様子で相馬の実家に帰っていた。

源造が結婚の挨拶に来るかと思うと落ち着かないよな(*´∀`*)

りんはみつが初産をしに相馬の実家に帰ってくると知りみつの帰りを家族と待ちわびていた。

もうすぐ孫が生まれるということで弘次郎はそわそわしてる。

こんな弘次郎はなかなか見れないな(●´ω`●)

鶴次は菊代を引き取って幸せに暮らしていたけどりんは鶴次の家族のことを思うと鶴次がかわいそうだとやえに話す。

菊代が慰めにしかならないんじゃないかって考えてりんは不安に思ってるんだな。

帰りの遅いみつの様子を見にいくためりんは吉川家にやってくる。

みつは妊娠している身体にもかかわらず畑仕事をしていた。

吉川家で肩身の狭い思いをしてるのかなみつは?

吉川家の人に無理やり働かされてる感じじゃないからみつが望んで畑仕事をしてるってことか。

知らぬ間に吉川家からの重圧を感じてるんだろ、自分は吉川家に相応しい嫁だと思ってないのかみつ…。

まとめ

朝ドラ『はね駒』第67話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

りんはみつの初産のため相馬に帰省して家族とともにみつの帰りを待ちわびていた。

もうすぐ孫が生まれると知り弘次郎はそわそわしていた。

帰りの遅いみつの様子を見にいくためりんは吉川家を訪ねる。

そこでみつはお腹の子を抱えながら畑仕事をしていて、りんは無理をせずに家に帰ってきてもいいとみつに告げる。

りんの言葉にみつは救われてみつはりんの胸に寄り添った。

第67話では、みつの様子を見に行ったりんはみつの体調が悪そうなのをみてやえに相談する。

みつが姑のたかに里帰りを言い出せない自分の立場ではたかには頼めないと考えていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする