朝ドラ『エール』51話ネタバレあらすじ 福島に凱旋する裕一

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第11週「家族のうた」の第51話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

娘が生まれて幸せいっぱいの裕一だが音は育児に追われて疲れ気味だった。

そんななか、福島にいる裕一の恩師・藤堂先生から校歌作曲の依頼がきて…。

朝ドラ『エール』第51話のあらすじ


 
娘の華が生まれて4か月が経ち、音(二階堂ふみ)は炊事洗濯や育児に追われる。

だが、裕一(窪田正孝)は作曲よりも娘に夢中の毎日だった。

作曲のために出かけた喫茶バンブーでも、裕一は仕事そっちのけで、保(野間口徹)や恵(仲里依紗)、お客さん相手に娘のかわいさを自慢する始末…。

そんなある日、恩師の藤堂先生(森山直太朗)から福島の小学校の校歌を作曲して欲しいという手紙が届いた。

裕一は音に励まされ曲をつくるのだが…。

朝ドラ『エール』第51話のネタバレ

娘の華が生まれて裕一は華を可愛がった。

裕一は仕事そっちのけで華を可愛がっいて音はそろそろ作曲に取り組んだほうがいいと話す。

喫茶「バンブー」でも裕一は華のことで頭がいっぱいで恵と保、常連客にも華の自慢をしていた。

バンブーの常連客に早く娘を両親に会わせたほうがいいと言われ裕一は思い悩む。

家に帰ると恩師の藤堂先生から手紙がきて、福島の小学校が新しく校歌を作ることになり裕一に校歌の作曲依頼をした。

音と裕一は一緒に校歌の作曲をして、後日藤堂先生から手紙がきた。

裕一の作曲した校歌を藤堂先生が気に入り校歌の完成披露会が開かれることになり裕一たち家族を招待した。

裕一は母親のまさからの手紙を読んで家族と裕一が帰ってくるのを心待ちにしていると書かれていた。

鉄男の屋台で裕一は実家に帰るべきかどうか悩んでいて木枯に相談した。

木枯は家族を捨てて東京に来たけど時々母ちゃんのことを思い出すと裕一に告げる。

家に帰っても裕一は家族のことを考えていて、帰っていいのか葛藤する。

裕一は娘の華に福島で生まれたんだぞと言いたいと音に言い、音は裕一が両親に親孝行できるようにと願っていた。

福島に帰ることを決意して、裕一は音と華とともに福島に帰郷した。

校歌の完成披露会の会場に来た裕一たちは福島の人たちから祝福された。

裕一は恩師の藤堂先生と久しぶりに会い再会を喜び合っていたーー。

朝ドラ『エール』第51話の感想

裕一の親バカっぷりがなんともおかしくてww

娘の華のことで頭がいっぱいで作曲にも手がつかない。

そんな時に恩師の藤堂先生から校歌の作曲依頼がきて裕一は音と一緒に校歌の作曲をする。

裕一と音が作曲した校歌を僕も聞きたい♬

藤堂先生から校歌の完成披露会に招待された裕一は家族を捨てて出てきたので福島に帰るべきか悩む。

たしかに喧嘩して出てきたから家族に責められるんじゃないかと思うと帰りづらいよな…。

裕一は音が親孝行を望んでいると知り福島に帰ることを決意する。

藤堂先生と再会できてあとは裕一が家族と仲良くなればいいけど(^ν^)

まとめ

朝ドラ『エール』第11週「家族のうた」の第51話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

娘が生まれて大興奮の裕一だけど音は家事と育児に追われて大変そう…。

仕事そっちこけで裕一は娘の華を自慢していた。

親バカな裕一もいい♬

藤堂先生から校歌の作曲依頼がきて、裕一は音とともに校歌の作曲をする。

藤堂先生から手紙が来て校歌の完成披露会に招待されて裕一は福島に帰るべきか悩む。

家族の反対を押し切って上京してきたから家族と会いづらいんだろうな…。

第52話では、福島に帰ってきた裕一たち家屋は子供達が元気に校歌を歌う姿を見て作曲のお願いを引き受けてよかったと喜んでいた。

披露会の後に、裕一は久しぶりに実家を訪れて父の三郎や母のまさと再会をする。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする