映画『一度死んでみた』ネタバレあらすじ 死んだふりコメディ

広瀬すず主演の映画『一度死んでみた』のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

この映画は大嫌いな父親に「死んでくれ!」と毒づく女子大生の七瀬と本当に死んでしまった父親の計が巻き起こす大騒動を描く。

広瀬すず主演、堤真一、吉沢亮共演で小ネタ満載のコメディ映画をさらに引き立てる。

『犬と私の10の約束』『ジャッジ!』で知られる澤本嘉光のオリジナル脚本。

監督は、auの人気CM『三太郎』シリーズを手がけるCMディレクターの浜崎慎治でこの作品が長編映画初監督である。

映画『一度死んでみた』のあらすじ

大学4年の野畑七瀬は、製薬会社社長の父親・計(はかる)と2人暮らし。何かと口うるさく干渉してくる計が大嫌いな七瀬は、日々「一度死んでくれ!」と毒づいていたが、計は偶然開発された「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲み、本当に「一度死んで」しまう。それは会社乗っ取り計画を耳にした計による、社内に潜んでいるであろうスパイ社員をあぶりだす秘策だった。おばけとなって姿を現した計、薄すぎる存在感から「ゴースト」と呼ばれている計の秘書・松岡、そして七瀬の3人は、会社乗っ取り計画阻止と計を無事生き返らせるミッションに挑むのだが……。
(引用元:映画.comより)

映画『一度死んでみた』のネタバレ

大学4年生の野畑七瀬は父親の計が社長を務める製薬会社の「野畑製薬」の面接を受けていた。

彼女は父親と一緒の空気を吸いたくないという理由で面接を自ら断った。

七瀬がボーカルをする「魂ズ」のライブがありそこで父親の不満と怒りを込めた歌を大熱唱していた。

「早く、死んでくれ〜〜‼︎」と七瀬が家でもライブでも言い続けていると、本当に計が死んでしまう。

そのことを計の秘書・渡部に告げられて七瀬は仰天した。

二日間だけ死ぬ薬!

2日前、七瀬は母親の百合子が亡くなった後計と実家で2人暮らしをしている。

七瀬は事あるごとに計に向かって臭いと言い消臭スプレーをかけていた。

家のそこら中に仕切るためのテープを貼り極力父親のことを避けてきた七瀬。

そんな七瀬のことを計は心配して秘書の松岡卓に偵察を頼んだ。
 
松尾はあまりの存在感の無さに周りから「ゴースト」と呼ばれていた。

社長室に来た松岡は計に気づかれずに驚かれる。

自分にしかないものは個性だと計は松岡に言い、生きる目的がない人は死んでるも同じだと語る。

その時、社長室に渡部が現れて計は慌てて隠れる。

渡部も松岡に気づかずに驚いていて新薬の「ロミオ」のことについて何か聞きたかった様子。

この「ロミオ」は野畑製薬のライバル会社である「ワトスン製薬」社長・田辺も開発していた。

この薬を飲めば若返る効果があり世界中の金持ちが「ロミオ」を欲しがっている。

田辺は計に「ロミオ」の共同開発を持ちかけたが計はそれを断り続けていた。

仕方なく渡部が帰ると計はロッカーの中で着替えて松岡を連れて研究所に向かう。

研究所には藤井さんというちょっと変わった研究員がいて彼は「ロミオ」を開発する過程で飲むと2日間だけ死ぬ薬「ジュリエット」を開発する。

その薬を使って藤井さんは2日間死んで頭をスッキリさせるという。

藤井さんはまた「ジュリエット」を使って死ぬ。

一方、七瀬の監視をしていた松岡はラーメン店で働く七瀬に本当は何がしたいのと問いかける。

社長室に来た松岡は誰かが来て慌ててロッカーに隠れる。

部屋に来たのは計と渡部で、渡部はライバル会社の「ワトスン製薬」に情報を流しているスパイを突き止めるために社長自らが死んでスパイの動きを探ってはと提案する。

計は「ジュリエット」を飲んで走馬灯で七瀬と百合子との思い出が頭をよぎる。

計がもうすぐ死のうとしている時、渡部はある書類にサインを書かせて「ロミオ」の研究ノートがどこにあるかと尋ねた。

しかし、研究ノートがある場所と暗証番号を聞き出す前に計が死んでしまう。

渡部は「ジュリエット」の取扱説明書をゴミ箱に捨てて立ち去り松岡がロッカーの中で一部始終を目撃していた。

父親を生き返らせようとする七瀬と松岡

現在に戻り、七瀬は松岡に食堂に案内されて計の遺体と対面する。

計がなぜ死んだのか七瀬は理由を尋ねるが松岡は必死にごまかす。

松岡は渡部に相談しに行き、七瀬は目の前に計の幽霊が現れて驚く。

田辺のスパイは渡部で、役員の前で「ワトスン製薬」と「ロミオ」を共同開発させると約束した。

その会話を渡部の後ろで聞いていた松岡は焦る。

食堂に戻った松岡は七瀬が1人で大騒ぎしているのを目撃する。

どうやら計の幽霊は七瀬にしか見えないらしい…。

松岡は七瀬の前でうっかり口を滑らせてしまい仕方なくこれまでの経緯を話す。

実験と観察のために死んだことを聞かされて七瀬は怒って帰って行く。

渡部は役員会議で「ワトスン製薬」と共同開発をしようと提案するが役員たちから却下されてしまう。

それでも諦めずに「ロミオ」の研究ノートを探していて、田辺から「死んだ人間を殺しても罪には問われないよな?」と言われ渡部は不敵に笑う。

渡部の策略で計の告別式は開かれず火葬をすぐに行うと会社の掲示板に告知した。

計が死んだのは23日の14時で火葬はそれよりも前に行われることに決まったからこのままだと生き返れないと松岡は焦った。

しかし、七瀬は自業自得だと言って計を見殺しにしようとして松岡は彼女を説得する。

七瀬は「生き返らせて死ぬほど文句言わしてやる!」と松岡に宣言して松岡と七瀬は計を生き返らせるミッションのために手を組んだ。

会議室で七瀬はひどい演技で告別式をやりたいと役員たちの前で泣いて訴えて同情した役員は告別式を開くよう渡部に説得した。

仕方なく渡部は了承して七瀬と松岡が計が「ジュリエット」を飲んだことを知っていると察した。

田辺と渡部は計の火葬を早めに済ませようとして2人の邪魔をする。

それに対抗して七瀬と松岡はライブと称した計のお葬式をホテルで開くことに決めた。

棺桶も「魂ズ」のライブセットを使い、七瀬は「魂ズ」のバンドメンバーとお葬式の準備を進める。

計の遺体の前で七瀬と松岡はクリスマスを祝って2人の距離は急接近!

それを幽霊になった計と天国の案内人・火野が見ていた。

翌日、幽霊の計はまた七瀬の前に現れて自分の声が聞こえない七瀬にジェスチャーで自分が生き返る方法を伝えようとした。

松岡は渡部が「ジュリエット」の取説をゴミ箱に捨てていたことを思い出して急いで社長室に向かう。

ゴミ箱から「ジュリエット」の取説を拾って、裏に研究ノートに生き返らせる方法があると書かれていた。

七瀬は部屋にあった計のスマホに計と百合子が頻繁にメールをしていたのを見て計が家族を大事にしていたことに気づく。

ロッカーにも家族の写真が貼ってあって、松岡は計が死ぬ前に「百合子…」と呟いていたのを思い出す。

計は急いで七瀬の実家に行き百合子の仏壇にあった百合子のホログラムをどかすと仏壇の中からキーボードが出現した。

そのキーボードで七瀬と松岡は心当たりのあるパスワードを入力したが開かない。

松岡は七瀬の名前が全部元素記号であることに気づき元素記号の番号を押すと仏壇の中から金庫が出てきた。

中にあった研究ノートを七瀬と松岡が持っていこうとすると田辺が送り込んだ手下が現れる。

松岡は手下たちに立ち向かったがあっさり倒されて七瀬は手下たちに回し蹴りを食らわして手下たちは倒れた。

計は生き返るのか!?

一方、計の告別式がホテルで開かれて渡部は田辺とともに「田畑製薬」と「ワトスン製薬」の共同開発のことをマスコミに発表しようと目論んだ。

その時、七瀬たちがファンを連れて現れてライブを開催して七瀬が感動的な歌を披露した。

そして、松岡は計の遺体の前に立って計にキスをすると計と松岡の唇が触れ合って高電圧の静電気が発生!

計を生き返らせる方法は高電圧の電流を計の身体に流すことだったのだ。

計の魂は計の身体に吸い込まれて生き返ろうとしていたがその前に渡部が手下たちに指示して棺桶を火葬場まで持っていく。

七瀬は渡部たちの乗った車を自転車で追いかけて火葬場に到着したが間に合わず渡部がスイッチを押すと計が入れられた棺桶は炎に包まれた。

松岡たちと七瀬のファン、「田畑製薬」の社員とマスコミが火葬場で一同に介して行方を見守った。

すると、火葬炉室の扉が開き計のお葬式に来ていた宇宙飛行士が入れた宇宙服を計が着たおかげで助かった。

計は狭いところで着替えるのを特技をしていてそれが活かされた。

一度死ぬ薬「ジュリエット」を開発したのは計だと七瀬はマスコミの前で話す。

薬は大切な人を助けるためであり金儲けに使われるべきじゃないと言って「ロミオ」の開発を中止すると宣言した七瀬。

七瀬は計が一度死んでみて大切な人の存在に気づかされたと話す。

しかし、渡部は計がサインした遺書をみんなの前で見せ計に問題があった場合年長者の指示に従うと書かれていた。

その時、藤井さんが突然渡部たちの前に現れて自分が会社の中で一番の年長だと言い出す。

実は藤井さんは見た目は若いが若返りの薬「ロミオ」の治験をやりすぎたために若返っていて実際の年齢は80歳だった。

藤井さんは渡部をクビにして田辺との共同開発も断った。

問題は解決して、七瀬は「田畑製薬」の社員になると決意して計も喜んでいた。

記念に七瀬と計はツーショット写真を撮り松岡が写真を見るとそこには死んだはずの百合子が写っていた。

七瀬と松岡はブーツを脱いで静電気が発生しないように裸足になっていて、2人でキスをしていたーー。

映画『一度死んでみた』の感想

この映画は大嫌いな父親に「死んでくれ!」と毒づき続けた女子大生の七瀬と本当に死んでしまった父親の計が巻き起こすドタバタコメディ。

2日後に生き返る薬を飲んだ父親の計を生き返らせるために娘の七瀬が奮闘する「S(死んだ)・F(フリ)」コメディという設定がまず斬新❗️

大学生の七瀬は父親のことが大嫌いで父親を嫌いになったきっかけは母親の死に目に会わずに仕事ばかりしていたからだ。

母親を見取らず仕事ばかりしている父親はそりゃ嫌いになるよね( *`ω´)

計の会社の研究員の藤井さんが開発した2日後に生き返る薬「ジュリエット」を計がうっかり飲んでしまう。

まずなぜすぐ飲んでしまうのかとツッコミたくなるな、いくらスパイを突き止めるためとはいえ。

しかも計に薬を飲ませた張本人がスパイだなんてどんだけお人好しなの計は!

七瀬演じる広瀬すずの歌った歌が頭から離れない。

「死んでくれ〜〜!」のフレーズはなかなかに印象的だった💓

広瀬すずって歌うまいんだね♬

みんなからゴーストと呼ばれている影の薄い松岡を演じた吉沢亮もイケメン俳優を封印して影の薄い男をうまく演じてた。

この作品の監督はauのCMでおなじみの『三太郎』シリーズを手がけたCMディレクターの浜崎慎治の長編映画初監督作品。

だからあちこちに小ネタが散りばめられていて笑えるシーンがいくつもあるww

佐藤健や古田新太、さらには宇宙飛行士の野口聡一など豪華ゲストがチョイ役として出演していて超豪華な映画だな(●´ω`●)

まとめ

映画『一度死んでみた』の映画レビューはいかがでしたでしょうか?

この映画は、広瀬すず演じる女子大生の七瀬と製薬会社の社長である計が巻き起こすドタバタコメディ。

広瀬すずの歌が聴けるのはおそらく?この映画だけで彼女の歌唱力にひたるだけでも見る価値あり💗

それと、周りからゴーストと呼ばれている松岡演じる吉沢亮の振り切った演技も見どころ!

2日後に死ぬ薬を飲んでしまった計を演じる堤真一の変人ぷりもなかなか見れないのでこの機会にぜひ♪( ´θ`)ノ

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎