大河ドラマ『麒麟がくる』21話ネタバレあらすじ 桶狭間の戦い!

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第21話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

今川から元康を離反させる企みは失敗に終わって、今川が本当に大軍勢なのかを疑って自ら前線へ出陣して桶狭間へと向かうーー!?

大河ドラマ『麒麟がくる』第21話のあらすじ

信長の今川から元康(風間俊介)を離反させる工作は失敗に終わる。

信長(染谷将太)は、父・信秀の教えを思い出す。

今川が本当にうわさされるような2万もの大軍であることを疑い、前線へ出陣した。

局地戦を展開して義元(片岡愛之助)自ら率いる本隊から徐々に兵を引き離す作戦を決行する。

一方の元康は三河勢を駒のように扱う今川方に次第に嫌気が差し始め、織田軍の迎撃に加わることを拒否した。

そして暴風雨の中、数の減った今川本隊は桶狭間山での立ち往生を余儀なくされる。

そこに織田の軍勢が襲いかかったーー!?

大河ドラマ『麒麟がくる』第21話のネタバレ

永禄3年、今川義元は尾張に侵攻を始めて沓掛城を攻めた。

大高城にいる松平元康と合流して信長を討つ作戦を練る。

一方、大高城にいた元康は今更義元を裏切ることはできないと菊丸に話す。

もし裏切れば元康の家族も殺されることになると元康は言い義元の報復を恐れて信長を討つことを決意する。

その頃、光秀は左馬助とともに信長のもとへと向かっていた。

織田方の丸根砦で、元康率いる軍勢が夜明け前に砦を攻める。

信長は元康の伯父・水野信元が引き続き元康の説得にあたると聞き篭城すると家臣たちに伝えた。

「人間50年〜♪」と信長は歌い始め、敵に篭城と思わせて手薄になっている今川軍を攻める作戦に打って出る。

もし鳴海城を攻めて大軍が待ち構えているなら自分は死ぬと信長は帰蝶に話し、側室に生ませた奇妙丸を帰蝶に見せる。

自分がもし死んだら奇妙丸を頼むと信長は帰蝶に言い帰蝶に奇妙丸を託した。

丸根砦と鷲津砦が陥落して、元康は勝どきをあげた。

それを見はからい信長は桶狭間へと向かう。

光秀は清須城に到着して帰蝶と話をして、信長が善照寺砦に向かったと聞き光秀も善照寺砦に向かう。

一方、善照寺砦に着いた信長は義元率いる本軍が大高城のいる軍と集結する前に攻める作戦を立てる。

大高城にいる元康軍が後ろから攻めることを信長は懸念していて、元康を丸め込む手はないかと考えていた。

その頃、大高城に到着した元康は義元の家臣からすぐに鳴海城に向かうように命じたが元康軍は疲れ果てていた。

桶狭間で宴をしていた義元軍は自分たちの軍が織田軍の乱取りをしていると知り激怒して大軍をそこに向かわせた。

義元の本軍が減りこれを好機とみて桶狭間に急いでいた。

その時に雨が降り、義元は吹きさらしにあうため岩影に避難した。

義元の家臣は急いで桶狭間に向かうように元康に命令したが元康は家臣に従わず大高城にとどまると家臣に言い元康の家臣もそれに従った。

桶狭間に着いた織田軍は義元の本軍を攻めて義元は逃げようとした。

信長も兵たちとともに戦い、織田家の家臣・毛利新介と服部小平太が義元を討ち「桶狭間の戦い」は信長率いる織田軍が勝利を収める。

元康は大高城にとどまり桶狭間に行くことはなかった…。

光秀は信長と会い戦の勝利を祝い、信長は家族の誰にも育てられずにここまで生きてきたと話す。

だが、帰蝶だけが自分を褒めてくれて母親のような存在だと信長は光秀に語る。

立ち去る信長に義元を討ちとって次は何をするのかと尋ねる。

帰蝶の故郷である美濃を手に入れると信長は光秀に宣言し、美濃を手に入れたら何をすると光秀は信長に聞く。

信長は光秀の問いに何も語らずに尾張へと帰っていった。

そんななか、駒と東庵は駿河にいて義元が討たれたことで京に帰ることを決意した。

駒は京へと旅立つ前に芳仁という人の手当てをした。

駒が京に帰ると聞いた芳仁は彼女になんでも治す薬の作り方を書いた紙を駒に渡し作ってみるといいと話す。

駒は東庵とともに京へと帰り、光秀は信長の行く末を見てみたいと胸を躍らせて馬を走らせていたーー。

大河ドラマ『麒麟がくる』第21話の感想

今回は今川義元と織田信長が激突したあの有名な「桶狭間の戦い」を描いている。

元康は幼い頃から今川義元を討ち取ろうと画策していた。

信長に離反を求められた時も一度は断ったけど義元が戦に勝っても冷遇されるのは目に見えていると知り戦には参戦しないと決意した。

松平元康を演じる風間俊介の迫真の演技が今回の見どころかもしれない💗

信長は義元の本軍が手薄になったタイミングを狙って桶狭間のくぼんだ場所まで誘い込んで一気に攻めるという信長の本領が一番発揮できた戦かもしれないと僕は考える。

結局、義元は油断したから信長に破れたんだな、「油断大敵!」と義元に言いたい。

「桶狭間の戦い」で光秀は信長のすごさを目の当たりにして信長のそばに支えたいと決心するまでになった。

これが信長に仕えるきっかけになった戦いなんだと思うとこの戦いで日本史が大きく動いたんだなと改めて実感した。

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第21話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

『麒麟がくる』は若き日の明智光秀と織田信長、今川義元と豊臣秀吉、徳川家康が所狭しを駆け巡っていく大河ドラマ。

戦国初期の群雄割拠の戦乱の中で、各地の英傑たちが天下を狙いあって、命をまたは誇りをかけて戦う。

第21話で「桶狭間の戦い」が描かれて織田信長の見事な戦力によって織田家の宿敵である今川義元を討ちとった。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で第21話で大河ドラマ『麒麟がくる』は放送休止になる。

また観れるのを楽しみに待ってようかな♬

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする