99.9-刑事事件専門弁護士- シーズン2・8話ネタバレあらすじ

松本潤主演のドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン2・第8話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

選挙を間近に控えた藤堂の秘書・上杉が毒殺され、毒の入った羊羹を送ったとされる西川五郎が逮捕された。

佐田は西川の弁護を深山たちに依頼して捜査を始めるが…。

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン2・第8話のあらすじ

選挙を目前に控えた、元文部科学大臣・藤堂正彦(佐野史郎)議員の選挙事務所で、毒物による殺害事件が起きた。

事務所に送られてきた羊羹を食べた、藤堂議員と妻の京子(森口瑤子)、後援会長の金子源助、第一秘書の上杉の4人のうち、上杉が死亡した。

藤堂の妻・京子は意識不明の重体になった。

事件後、羊羹の送り主である、ニシカワメッキ社長・西川五郎(おかやまはじめ)は逮捕・起訴されてしまう。

羊羹に混入されていた毒物は鑑定の結果、依頼人の会社が保有するものと一致した。

しかも、新規事業のために西川は、藤堂議員に陳情に行き断られていたという動機まで発覚する。

絶対的不利な状況の中、別人のように乗り気な佐田(香川照之)。

一方、深山(松本潤)はある矛盾に気付いた。

そこで、斑目所長(岸部一徳)の紹介で、個人で鑑定をやっている元科捜研・沢渡清志郎(白井晃)に鑑定を依頼し、重要な証拠を見つける。

そんな中、舞子(木村文乃)は、この裁判の裁判長が川上(笑福亭鶴瓶)であることを知る。

不気味な笑顔を見せる川上。

そして、川上から深山たちに予期せぬ判決がーー!?

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン2・第8話のネタバレ

選挙を目前に控えた、元文部科学大臣・藤堂正彦(佐野史郎)議員の選挙事務所で第一秘書の上杉が毒物によって殺害された。

佐田は羊羹の送り主である逮捕されて起訴されたニシカワメッキ社長・西川五郎(おかやまはじめ)の弁護を深山たちに依頼した。

羊羹に混入されていたセトシンと依頼人の西川の会社が保有するものと一致した。

個人で鑑定をやっている元科捜研・沢渡清志郎(白井晃)に鑑定を依頼し、重要な証拠を見つける。

羊羹に混入されたセトシンと2年前、当時の従業員・鹿島が工場に保管されていたセトシンと一致した。

舞子が早速再鑑定を請求してそれを川上がチェックして川上は鑑定人の欄にあった沢渡の名前を注視した。

裁判所が再鑑定を許可してそのことを知った最高裁判所の事務総長・岡田が川上に再鑑定を許可した理由を問い詰める。

川上はここで雌雄を決するのはどうかと岡田に提案し、公正な判決をするためには必要だと話す。

2年前に友人を殺害する「毒物殺害事件」が起きていてそのセトシンと羊羹のセトシンが一致した。

平塚と藤堂の関係は?

深山たちは島根県に行って「平塚冶金工場」の社長・平塚に会う。

平塚がセトシンを持ち出して藤堂を殺害しようとしたのではと深山たちは考えたが動機があるどころか平塚には藤堂に恩義があった。

2年前に平塚の会社は倒産する寸前だったが藤堂の口利きで平塚の会社がとある修復工事を受けた事実が明らかになる。

また、週刊誌の記者である清水からの情報で、亡くなった秘書の上杉から別の記者に藤堂のスキャンダルのリークがあったと判明。

藤堂はクラブのママ・ゆう実と不倫していて上杉と妻の京子を殺害する動機があった。

そして、平塚が藤堂の父と不倫相手の子供、つまり藤堂と平塚が異母兄弟であることがわかる。

会社の危機を救ってもらった恩がある平塚が2年前の事件で使用されたセトシンを藤堂に横流しした。

藤堂が羊羹に毒物を混入させて京子と上杉を毒殺しようと計画したのではと深山は推理した。

藤堂の選挙事務所に来た佐田と深山、舞子が訪れる。

自分たちの検証の結果、この事務所でセトシンが混入された可能性があると深山たちは藤堂に話す。

羊羹は事件当日に宅配業者から第2秘書の氷室が受け取り、それから開封するまでの2時間、アルバイトと氷室が監視していた。

そして、事務所でそれぞれが自分の好きな羊羹を一切れずつ取ったことから意図的に毒物の入った羊羹を食べさせることはできない。

この話を聞き選挙事務所で羊羹にセトシンを混入させる隙がないことがわかる。

事件の真相が見えた深山

小料理屋「いとこんち」に来た深山は明石とかなこが肉豆腐を食べていて明石が食べかけの肉豆腐を新しい物とすり替えたのを見て閃いた。

刑事事件専門ルームに来た深山は佐田にあらかじめ毒物を混入させた羊羹と選挙事務所に来た羊羹とに藤堂がすり替えたのではと自分の推理を話す。

選挙事務所に来た深山たちは氷室に頼み込んで検証を行わせてもらうことになった。

藤堂役の明石が表のポスターを直すように指示してアルバイト役の深山と舞子が席を外す。

すると、氷室が事件の時に支援者名簿を取ってくれと藤堂先生が言ったのだと訂正した。

次に深山と舞子は京子が入院している病室を訪れて藤堂に愛人がいたこと、藤堂が不倫がバレるのを恐れて京子と上杉を殺害しようとしたことを伝える。

そして、上杉が藤堂に愛人がいたことを告発しようとしていたことを聞かされる京子。

舞子がゆう実に確認した結果、ゆう実が藤堂に頼まれて羊羹を買いに行ったことが判明した。

その話を聞いて京子は藤堂の家に選挙事務所と同じ羊羹があったことを深山たちに証言した。

舞子は自宅に羊羹があったことを裁判で証言するように京子に頼んだ。

裁判で衝撃展開!

裁判の日を迎えて、証人の沢渡は洋館に混入されていたセトシンと西川メッキのセトシンが別物で、羊羹のセトシンが2年前の事件で使用されたセトシンであると証言した。

続けて証人台に氷室が座って、あらかじめ毒物を仕込んだ羊羹と事務所の羊羹を藤堂がすり替えた可能性があると指摘した。

氷室が自分が監視していたからすり替えることは不可能だと言うと、深山は事務所で撮影した検証動画を裁判で再生した。

動画には支援者名簿を取ってくれと藤堂役の明石に命じられた氷室が名簿を取っている間に洋館がすり替えられている様子が事務所の棚のガラスに映し出されていた。

単なる可能性に過ぎないと言う氷室に可能性に過ぎないということは可能性があるということだと深山は話す。

証人尋問で京子が裁判に呼ばれて藤堂に愛人がいたことと事件と同じ木箱に入った羊羹が事件前日に自宅にあったことを証言した。

検察が事件の日に事務所にあった羊羹と同じものが自宅にあったのかと尋ね京子は「多分…」と答えた。

京子をジッと見ていた裁判長の川上が京子に自宅で見たのは本当に事務所にあったのと同じ羊羹だったのかと尋ねる。

問い詰められ自信なく証言する京子を見た川上。

川上は病み上がりに弁護士に夫に愛人がいると聞かされて動揺したあまり同じ洋館が自宅にあったと勘違いしたのではと川上が確認する。

川上に確認され京子は「そうかもしれません」と答えたのだ。

判決公判で川上は被告人を無期懲役と判決を下した。

裁判が終わって、深山は机を叩き何か見逃してしまったのだとつぶやく。

斑目法律事務所に来た深山たち、佐田は控訴審で無罪を勝ち取るしかないと話す。

ここ数年でセトシンを用いた事件は全て有罪の判決が出ていて、新方式で鑑定結果を認めるとその数件の判決も覆せざるを得ないことから、控訴審でも判決を覆すのは難しいと斑目は語った。

刑事事件専門ルームに戻った深山は裁判の時に藤堂が落ち着いていたのがひっかかっていた。

その時、パラリーガルの中塚がケーキを持ってきて明石がみんなより先にケーキの苺を突いて食べる姿を見て深山は閃いた。

深山は事件現場の写真を見てここにあるべき”あるもの”がないことに気づく。

もう一度藤堂の選挙事務所に来た深山たちは氷室たちから煙たがられながらも事務所を捜索して深山が爪楊枝を発見した。

こうして深山の頭の中で全てが繋がった。

導き出された0.1%の真実

後日、選挙事務所に藤堂と京子、金子がやってきた。

佐田が頼み込んで京子が洋館を取り出すところから検証させてもらえることになった。

洋館がテーブルに出されて事件当時使われていた爪楊枝入れを深山が持ってきた。

その爪楊枝入れを見て藤堂の顔が青ざめた。

深山はそれぞれに爪楊枝を配って、藤堂に爪楊枝を差し出す。

食べてくださいと深山が促したが藤堂と京子は食べなかった…。

深山はセトシンが入っていたのは爪楊枝の方だったと藤堂たちに話す。

事件当日、氷室が名簿を取っている間に箱に入っていた未開封の羊羹を毒入りの洋館にすり替えた藤堂。

京子が事件当日に爪楊枝を配ったという話を聞いた深山は京子も共犯だと突き止めた。

爪楊枝入れの中には3つの仕切りがあって、一つ目には致死量のセトシンが含まれた爪楊枝を、二つ目には死なない程度に薄めたセトシンを含ませた爪楊枝を入れた。

京子は一つ目の爪楊枝を上杉に、二つ目の爪楊枝を自分が取って羊羹を食べた。

セトシンを含んだ羊羹を京子が食べたのは無差別殺人に見せかけるためだと深山は自分の推理を全て話した。

深山に追い詰められた京子は犯行を認めて、藤堂がゆう実と不倫していることを知っていた。

それでもなお藤堂と共犯になったのは落選したらただの人になり、自分はただの人の妻になってしまうと犯行の動機を呆然と語った。

控訴審で西川は無罪を勝ち取って「よかったやないか?」と川上は深山と舞子に話しかけた。

川上はあくまでも判決が変わったのは新たな事実が出てきたからで、自分の判決が間違っていたわけではないとほのめかした。

その言葉を聞いた深山は「何言ってるんですか?最初から事実は一つですよ」と挑戦的に言って法廷を出ていった。

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン2・第8話の感想

佐田はニシカワメッキ社長・西川五郎(おかやまはじめ)が元文部科学大臣・藤堂正彦(佐野史郎)議員の秘書・上杉を殺害した容疑で逮捕された。

殺害に使われたのはセトシンという毒物で、羊羹に混入されていたセトシンと西川メッキのセトシンが鑑定の結果一致したとのことだった。

だけど、斑目が紹介した個人で鑑定をやっている元科捜研・沢渡清志郎(白井晃)に鑑定を依頼すると羊羹と西川メッキのセトシンはまったく別物だとの鑑定結果が出た。

沢渡はかなりクセのあるキャラで意見を言うときは「はい」と言って手を挙げろと深山たちに怒ってるシーンが面白いww

調べを進めると羊羹のセトシンと2年前の事件で使われたセトシンが一致したことが判明。

「平塚冶金工場」の社長・平塚が2年前に殺害に使われたセトシンを隠し持っていてそれを藤堂に渡したことがわかる。

実は藤堂と平塚が異母兄弟であることが判明して2人が共犯関係なのが明らかに。

まさかこの2人が異母兄弟だとは思わなかった!

さらに、藤堂は妻に内緒で不倫していたことが明らかになり秘書の上杉が藤堂の不倫を告発しようとしていたことも突き止める。

藤堂には妻と上杉を殺害する動機があるけど妻が事件の重要な証言をすると約束したのに突然証言を翻したことが引っかかる。

それもそのはず、藤堂の妻・京子は藤堂の不倫を知っていて爪楊枝にセトシンを含ませて上杉を殺害した。

まさか藤堂と京子が共犯だったとは流石に予想外だったよ❗️

裁判官が体裁のために事実を歪めるなんてあってはならないことだな、深山たちのような弁護士が増えれば冤罪も無くなるね。

まとめ

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』第8話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

今回は毒殺事件を深山たちが捜査したけどラスボスの川上が裁判を引き受けた。

川上は事件に使われたセトシンの鑑定結果が間違っていると証明されたらセトシンが使用された事件が有罪判決を受けた裁判にも疑問符をうたれることになると恐れる。

裁判官にとっては何がなんでも有罪にしようとするでしょうね!

でも、深山の真実をつかむまであきらめない熱意で真実をつかんだ。

それでも川上は自分が間違っていないと認めようとしない、裁判官の不正に負けるな深山!

最終話では、深山(松本潤)たちのもとに、死刑囚・久世貴弘(小林隆)の再審請求の依頼がきた。

依頼人は、久世の息子・亮平(中島裕翔)で、久世は8年前に妻を殺害後、放火したとして「建造物放火及び殺人罪」で死刑判決を受けていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする