99.9-刑事事件専門弁護士- シーズン2・7話ネタバレあらすじ

松本潤主演のドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン2・第7話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

佐田が顧問弁護士を務めているオガタテクノロジーの社長・緒方が突然失踪した。

そして、佐田は業務上横領の疑いがある緒方から300万円を受け取った証拠がらあるということで業務上横領幇助の容疑で逮捕されてしまうーー!?

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン2・第7話のあらすじ

佐田(香川照之)が顧問弁護を務めるオガタテクノロジーの社長・緒方(ヒャダイン)が突然失踪した。

検察庁に呼び出された佐田は検事から、緒方が1週間前に会社の資金3000万を引き出した。

その後、姿をくらまして業務上横領の罪がかけられてることを聞かされる。

さらに、失踪当日に佐田の個人口座へ300万円の振り込みがあったことも分かる。

佐田は業務上横領幇助の容疑で逮捕されてしまう!

弁護を請け負った深山(松本潤)と舞子(木村文乃)はオガタテクノロジーを訪れる。

専務の大河原孝正(佐戸井けん太)と経理担当の中村麻美(田中美奈子)から話を聞く。

さらに、従業員の笹野桜(比嘉愛未)立ち会いの元、緒方の自宅を見せてもらうことになった。

そこで深山はある矛盾に気付く——。

そんな中、佐田の担当裁判官に意味深な笑顔で近づく川上(笑福亭鶴瓶)。その川上の真意は?

やがて、佐田の公判が始まった。

果たして、深山と舞子は佐田を救うことができるのかーー!?

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン2・第7話のネタバレ

佐田は報道番組に出演して国家賠償請求訴訟の説明をしていた。

裁判が実は不公平ではないかと佐田は強く訴える。

少し挑戦的だったのではと斑目は注意したが、世間に訴えることが必要だと佐田は語る。

佐田は検事の弐良に呼び出されて業務上横領の罪がかけられているオガタテクノロジーの社長・緒方が突然失踪したことを聞かされる。

そして、佐田の個人口座に緒方から300万の振り込みがあったことから業務上横領幇助の容疑で佐田は突然逮捕されてしまう。

深山と舞子が佐田の弁護を担当して、容疑を晴らすにはまず緒方を見つけることだと佐田は2人に指示した。

早速、深山と舞子はオガタテクノロジーに行って専務の大河原と経理の中村に話を聞く。

緒方は車の運転の時と日常で使う物と2つの眼鏡を持っていることを聞かされる。

次に深山たちはオガタテクノロジーの広報・笹野桜に緒方の自宅を案内された。

緒方は銀行に行った後車を自宅に置いて逃走したのだと聞かされて深山は不審に思う。

緒方の部屋には同じ物が何個もあり、事務所に来た緒方の元妻・満里恵から離婚した後も緒方に愛されていたと聞く。

誕生日には緒方から花を贈られていたがある日を境に贈られて来なくなったと言い緒方がもう死んでいるのではとと話す。

深山は緒方の自宅で笹野が持っていたバッグのレシートを見つけて笹野と緒方が付き合っているのではと疑う。

満里恵からもらった緒方のスケジュールによると笹野と緒方が付き合っている証拠を見つける。

深山と舞子は佐田の接見に行ったが佐田は深山が送ってきた服の文句を言っていた。

一方、裁判官の小島が佐田の裁判を担当することになり事務総長の岡田から佐田の「横領補助罪」有罪を想定した判決参考書を渡されている。

裁判が始まり、中村が緒方から頼まれて佐田の個人口座に300万を振り込んだことを認めた。

被告人質問で、舞子は佐田に緒方に騙されたのではないかと質問したがプライドのため騙されていないと答えた。

弐良はやはり業務上横領幇助をしたのではないかと追及したが佐田は怒鳴ってばかりで裁判が進まない。

斑目は裁判が終わった後川上を見かけて、裁判官と検察の間で今後の模範となるようにストーリーは完成されてるのではと深山たちに話す。

そうだとすれば佐田はかなり危険な状態だと言うが深山は真実を突き止めるだけだと話す。

深山と舞子は再び佐田の接見に行き、緒方は病院に通院していたのではと話しスケジュールにあった「S」の字を手がかりに通院した病院を捜索すると伝える。

深山と舞子は緒方が通院していた病院に行くと緒方の担当医から珍しい病気で一定期間薬を飲まないと死ぬことがあると告げられた。

舞子は緒方が事件に巻き込まれた可能性があると小島に伝えてもう判決は決まっているのではと尋ねる。

そこに川上がやってきて判決があらかじめ決まっていることはありえないと舞子に話す。

そのあと、小島は川上に「横領補助罪」有罪を想定した判決参考書を見せてこのことは忘れるように川上は小島に命じた。

一方、深山と舞子は笹野が緒方と交際して、緒方を殺害したのではと疑っていてた。

深山たちは笹野の家を張り込んで彼女が緒方のスーツと黄色のメガネを捨てているのを目撃した。

それを笹野に突きつけた深山たちは笹野から会社用のとは別に緒方と笹野だけの秘密の携帯があったと聞かされる。

笹野は緒方からの留守番メッセージを深山に聞かせてそのメッセージを聞いた深山は事件の真実が見えた。

オガタテクノロジーに来た深山と舞子は大河原と中村に笹野が緒方を殺したと伝えて緒方と笹野の専用の携帯はおそらく緒方とともに処理されたのではと話す。

このことは笹野には黙っておくようにと深山は大河原と中村に伝えた。

大河原と中村は夜に緒方の遺体を掘り起こしていたがそこに深山が現れた。

深山は緒方の社長室にあった黒いメガネが生きている直前に最後に緒方がかけていたものと推理して大河原と中村がそこで緒方を殺されたことを突き止めた。

緒方の遺体を調べればすぐに大河原と中村が犯人である痕跡が見つかると考えた2人は緒方の遺体を移動させようと考えたが深山に全て見透かされていた。

大河原と中村が緒方を殺害した動機は、会社が経営難にもかかわらず緒方が子会社を立ち上げて新規事業を起こそうとしていることを知った。

2人は退職金が払われないことを恐れて犯行に及んだ。

佐田が無事釈放されて、裁判官と検察は国家賠償請求訴訟のことで佐田に憤りを感じて手を組んだのだと斑目は深山たちに話す。

川上は「横領補助罪」有罪を想定した判決参考書を消して不敵に笑っていた。

家族と再会した佐田は喜んでタクシーで深山と帰った。

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン2・第7話の感想

佐田が業務上横領幇助の容疑で逮捕されて深山と舞子が佐田の弁護を引き受けることになった。

深山と佐田は相変わらず馬が合わなくて深山が持ってきた服に文句を言い深山と喧嘩するシーンが面白いww

業務上横領の罪がかけられているオガタテクノロジーの社長・緒方を演じているのは音楽プロデューサーで作詞・作曲家のヒャダイン。

ヒャダインはほとんど出番がないけど存在感は感じた(^ν^)

深山と舞子は緒方の行方を追って緒方と交際していた笹野に話を聞きにいく。

社内で噂になるのを恐れて笹野は緒方と付き合っていることを隠そうとしてたけど結局深山たちに突き止められちゃった。

でもそのおかげで緒方を殺害したのはオガタテクノロジーの専務・大河原と経理・中村だったことが明らかになったんだけどね!

深山の親父ギャグも相変わらず寒かったなー♪(v^_^)v

まとめ

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン2・第7話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

佐田が業務上横領の容疑がかかった緒方から個人口座に300万円が振り込まれていたことから業務上横領幇助の容疑で逮捕される。

深山と舞子は失踪した緒方の捜索を始めて緒方と交際している笹野に話を聞き緒方と笹野が持っている専用の携帯があることに気づく。

その携帯が緒方の遺体とともに埋められたことを突き止めた深山は大河原と中村に罠を仕掛ける。

大河原と中村に笹野が緒方を殺した犯人である可能性があり証拠である専用の携帯を回収しに来るかもしれないと深山は話す。

その話を聞いた大河原と中村は緒方の遺体を掘り起こしてそれを深山は目撃する。

緒方が死ぬ前にかけていた黒いメガネが社長室にあったということは緒方が社長室で殺されたのだと深山は推理する。

緒方の遺体が見つかれば大河原と中村が殺した痕跡が出るから遺体が見つかる前に必ず移動させるだろうとふんで深山は大河原と中村を見張っていたのだ。

深山の鮮やかな推理で無事佐田は釈放されて犬猿の仲の2人が戻ってきたな♬

第8話では、毒殺事件を巡っていよいよ裁判官と弁護士の真っ向勝負が幕を開ける!?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする