朝ドラ『はね駒』66話あらすじネタバレ りんに結婚を申し込む源造

斉藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第66話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

りんは被災地で被災者の支援を終えて女学校に戻ってきた。

夏休みに入ったりんは彌七の店に行って源造に会いにいく。

朝ドラ『はね駒』66話のあらすじ

りん(斉藤由貴)たちが被災地から東北女学校に帰って、1学期を終え夏休みに入った。

田島ぎん(白川由美)は、長年勤めた女学校を結婚のため退職した。

幸せそうな田島先生の顔を見て、りんはほほえましくも少しうらやましく思っていた。

一方、叔父・彌七(ガッツ石松)と小野寺源造(渡辺謙)は、自分の店の商品である梅干しや漬物。

それらをすべて、大津波の被災者に救援物資として供出したために金策にかけまわっているのだった…。

朝ドラ『はね駒』66話のネタバレ

女学校で、ぎんは献立表などをおさめたノートをりんに託した。

別れの時が近づきりんは今までの感謝を伝える。

私ばかり幸せになっていいのかとぎんはりんに話すがりんはぎんに負けないくらい幸せになりますと宣言して2人で笑った。 

長すぎた春が終わりぎんは人力車で去っていった。

小料理屋に来たりんは店の外で打ち水をしていたきわが彌七と源造のことについて話した。

彌七の店の倉庫に行くと加工食品がすっからかんになっていた。

りんは源造が人のために一所懸命になるようなまっすぐな男だと嬉しそうにきわに話す。

その様子を見てりんが源造のことを好きなのに気づき源造とはどうなったのとしつこく聞いた。

その時、源造が桐山という人を連れてきて桐山は救護所でりんに手当てしてもらってりんに感謝した。

源造が自分の店の商品を残らず被災者に配る姿を見て涙が出たと言い源造にも感謝していた。

東京で桐山が建築の仕事をすると聞いて小料理屋でりんが東京がどんなところか見てみたいと話す。

源造は一から出直すなら東京で精一杯やってみたいとりんに語る。

もし東京で店を出して成功したらりんを嫁に迎えると源造はりんに告白した。

りんが嫌だと言うなら諦めると源造が言うとりんは断られたら諦めるようなもんなんだとりんは冗談を言った。

りんは源造のプロポーズを受けて、2人は笑い合っていた。

朝ドラ『はね駒』66話の感想

ぎんは結婚のため東北女学校をやめることになりりんは名残惜しそうにしていた。

ぎんが幸せになって何より、ぎんがいなくなってりんの女学校生活にも変化が起きる?

彌七の家に来たりんは倉庫が空っぽなのを見て源造の優しさに触れて笑顔になるシーンが良かった💓

被災地に行って源造とりんの距離が縮まったからな。

桐山という人が彌七の店に訪ねてきてりんと源造に助けられて感謝した。

感謝されると被災地で頑張ってよかったと思うよね。

東京に行きたいというりんに源造は東京で成功したら結婚してほしいとプロポーズした。

りんが源造のプロポーズを受けるシーンが印象的だった。

まとめ

朝ドラ『はね駒』第66話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

被災地から女学校に戻ってきたりんは1学期を終えて夏休みに入った。

ぎんは長年勤めた女学校を結婚のために退職して、幸せそうなぎんの顔を見てほほえましくも羨ましく思っていた。

一方で、彌七と源造は自分の店の商品である加工食品を全て大津波の被災者に救援物資として配ったために金策に駆け回っていた。

しかし、桐山という人がりんと源造に救護所で助けてもらった感謝を伝えられて救われた思いだった。

そして、りんが東京に行ってみたいと知ると源造は東京に自分の店を持ちたいという夢をりんに話す。

源造はりんに結婚しようと伝えてりんも源造の気持ちに応えて2人は結婚の約束をした。

第67話では、りんの妹のみつが出産するため福島県相馬の実家に里帰りすることになった。

りんは実家で源造が挨拶に来るのを待っていて落ち着かなかった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする