グッド・ドクター 9話ネタバレあらすじ 手術を拒否する伊代

山崎賢人主演のドラマ『グッド・ドクター』第9話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

湊が担当した患者の伊代が突然倒れて伊代の姉の汐里に病状を説明する。

伊代には小腸の移植が必要だと湊と一緒にいた夏美が話すと汐里がドナーになると告げて…。

ドラマ『グッド・ドクター』第9話のあらすじ

瀬戸夏美(上野樹里)や高山誠司(藤木直人)たち小児外科チームの一員として認められてきた新堂湊(山﨑賢人)。

東郷記念病院の経営を立て直すために、病院を高齢者向け療養施設にする改革案が会議で可決される。

小児外科と産婦人科の年内廃止も決定されてしまった。

湊が担当する森下伊代(松風理咲)が倒れた。

湊は夏美とともに伊代の姉、汐里(松井愛莉)に病状を説明する。

伊代には小腸の移植が必要と聞いた汐里はドナーになると言う。

また、汐里は湊たちに伊代には自分から説明したいと頼んだ。

高山は脳神経外科の盛岡豊(東根作寿英)から患者の滝川亮平(萩原利久)についての相談を持ちかけられた。

亮平はバスケの練習中に頭を強打したことから水頭症を発症する。

通常なら脳内に溜まった脳脊髄液を腹腔に流す手術を行う。

だが、亮平は腹膜炎の既往で腹腔に酷い癒着があるためこの方法が取れない。

また、盛岡は亮平が頭を打った時に腰髄も損傷したため、水頭症が改善されても歩行が困難になることも話す。

それは両親の希望で亮平には伝えていないと言った。

高山は自分たちに出来ることをするだけだと、小児外科チームにまずは水頭症の治療法を見つけることを指示した。

亮平は伊代の隣の病室に移されて来る。

大喜びの伊代だが、自分の症状やドナーの件は、まだ汐里から知らされていない。

一方、夏美は担当となった亮平の病状を猪口隆之介(板尾創路)から聞かれた。

ドラマ『グッド・ドクター』第9話のネタバレ

会議で猪口は病院の経営改善のために小児科と産婦人科を年内で廃止すると言った。

伊代が病室で倒れて夏美が小腸の手術のために移植が必要だと汐里に言い汐里は自分がドナーになると告げる。

一方で、滝川亮平という患者についてカンファレンスを行い水頭症を患っていて本来なら腹腔から髄液を出す手術をしなければならない。

しかし、腹膜炎の既往で腹腔に酷い癒着があるためにこの手術はできない。

しかも腰髄も損傷したため、水頭症が改善されても歩行が困難になると脳神経外科の盛岡が高山に報告した。

小児外科に猪口がやってきて亮平の病状のことを夏美に話した。

亮平が伊代の隣の病室に行くことになり伊代は亮平の病室に行って楽しそうに話をした。

伊代は亮平から借りた『スラムダンク』の漫画を借りて嬉しそうに汐里に話したが、伊代が小腸のドナー手術のことを知ってしまう。

「どれだけ私のお腹を切れば気が済むの!」と伊代は湊に怒鳴り塞ぎ込む。

汐里は両親が生きてたら伊代に何て声をかけるんだろうと湊に話す。

一方、猪口は元妻の玲香に息子の亮平を転院させるよう言い、もうすぐこの病院の小児外科が無くなることを伝える。

2人の会話を高山が聞いていて亮平を助ける方法は必ず見つけると猪口に約束する。

夏美は東郷記念病院の小児外科が無くなることを玲香の口から聞き本当なのかと高山に確認した。

高山は自分たち医者には目の前の患者を救うことしかできないと話す。

伊代の病室に湊がやってきてどんなに考えても手術を頑張っていた伊代が突然手術を拒否する理由がわからないと伊代に言う。

両親が亡くなって伊代は姉の汐里に迷惑ばかりかけて伊代を養うために音大も中退して夢まで諦めた。

手術費を稼ぐために汐里は夜中まで働き伊代は汐里に申し訳なく思っていた。

ドナー手術をしたら汐里に傷が残って傷つくことになると伊代は言いこれ以上汐里を不幸にしたくないと湊に話した。  

亮平が転院することになり夏美は治療法だけでも見つけたいと病院に残って調べていた。

亮平が転院する日に突然倒れて高山は手術着に着替えていると猪口が現れる。

猪口は亮平を助けてくださいと頭を下げ高山は全力を尽くすと約束した。

手術が始まり、高山は腹腔部の癒着がひどくて脳髄液を排出できないと話す。

すると夏美が肝臓の裏側に展開するのはどうかと高山に提案して肝臓の裏側から髄液を流すことにした。

手術は成功して高山は玲香に水頭症が改善されても足が動かなくなることに亮平が疑問を抱くだろうと話す。

亮平のために本当のことを伝えたほうがいいと玲香に告げる高山。

意識を取り戻した亮平だったが足が動かくなった現実を突きつけられてショックを受ける。

伊代はベッドで泣いていて足が治らないことも知らずにバスケの試合を見に行くと言ってしまった自分が許せずにいた。

その様子を見た湊は伊代を亮平のところに連れていく。

亮平は車椅子になってもバスケを諦めずに練習していて、それを見た伊代は「亮平くんはすごいね!」と湊に話す。

その言葉を聞いて湊は伊代ちゃんもすごいと伊代に言い最初に入院していた時は泣き虫だったけど手術を頑張ってみんなに勇気を与えているも告げる。

汐里も伊代のドナーになれると知ってうれしかったと伊代に伝える。

汐里の言葉に救われて手術を受けることを決意した。

猪口は高山に話しかけ、亮平を救ってくれてありがとうと感謝を伝えた。

病院に汐里がお見舞いに来て、高山は伊代の検査結果を見て愕然とした。

高山は夏美に伊代が肝硬変だと伝えこのままだと小腸移植ができないと告げる。

汐里と伊代が一緒にいると突然伊代の口から血が出て伊代が倒れる。

その頃、湊は司賀の電話で異変に気づき院長室に行くと司賀が吐血して倒れていた。

湊は司賀に駆け寄り何度も司賀の名前を呼び続けていたーー。

ドラマ『グッド・ドクター』第9話の感想

今回は伊代の恋が描かれていたけど伊代は小腸に異常があって小腸を移植しなければならなかった。

汐里が伊代のドナーを引き受けたがそのことを知った伊代は激しく拒絶する。

妹としては姉が傷つくのを見たくないんだろうな…。

病院で入院している亮平がまさか猪口の息子だったとは!

水頭症は脳に脳髄液が溜まって脳を圧迫する危険な病。

聞いただけでも危険な病だとわかるな、亮平が無事に助かればいいと僕も祈っていた。

亮平の手術は高山が務め夏美の助言によって亮平の手術は無事に成功した。

だけど、亮平の足は動かなくなりそれでもバスケをしたいという思いは消えなかった。

亮平の夢を諦めない姿に感動💓

伊代も亮平のバスケの試合が見れてよかったね♬

伊代の肝硬変が見つかりさらに院長の司賀も倒れてかつてない危機に見舞われたな❗️

まとめ

ドラマ『グッド・ドクター』第9話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

ようやく小児科医として認められた湊。

そんななか、東郷記念病院の経営を立て直すために病院を高齢者向け療養施設にする改革案が会議で可決された。

湊の担当だった伊代が倒れて彼女の姉の汐里がドナーになると決意する。

一方、亮平は水頭症を患っていて手術が成功しても歩けなくなるリスクがあった。

伊代と亮平は一緒の病室になり伊代は大喜びしていた。

亮平の父親である猪口が高山に亮平を助けるように頼む。

亮平の手術は成功して伊代もドナー手術を受けると決意する。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする