映画『七つの会議』ネタバレあらすじと感想 日本企業の秘密と闇

野村萬斎主演の映画『七つの会議』のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

『半沢直樹』シリーズなどで知られている小説家・池井戸潤の小説を原作とした社会派ミステリードラマである今作。

部下によってパワハラ告発をきっかけに起こる大波乱をスリリングに描き出す。

監督は池井戸潤の原作小説である『半沢直樹』『下町ロケット』などの演出を務めた福澤克雄。

狂言師の野村萬斎が主演をし、香川照之、及川光博、片岡愛之助、音尾琢真、立川談春、北大路欣也など豪華俳優陣が出演する。

映画『七つの会議』のあらすじ

中堅メーカーの東京健電の営業一課で万年係長の八角民夫(野村萬斎)は、いわゆる「ぐうたら社員」だった。

八角の年下であるトップセールスマンで課長の坂戸(片岡愛之助)からは、そのなまけぶりを叱責される。

営業部長・北川誠(香川照之)が進める結果主義の方針の下、部員たちが必死で働く中、八角はひょうひょうとした毎日を送っていた。

そんなある日、社内でパワハラ騒動が問題となり、坂戸に異動処分が下される。

坂戸に代わって万年二番手に甘んじてきた原島(及川光博)が新しい課長として一課に着任する。

だが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていたーー!?

映画『七つの会議』のネタバレ

原島万二(及川光博)はもうすぐ鬼がやってくるとビクビクしながら会議室で待っていた。

その時に坂戸宣彦(片岡愛之助)が居眠りしている八角民夫を見かねて八角の机を叩き、会議室に北川誠(香川照之)とゼノックスの常務・梨田元就(鹿賀丈史)が現れて一気に緊張状態に包まれた。

社員一同は梨田に向かって挨拶し北川の指揮のもと定例会議が開かれた。

東京建電の営業二課長・原島はこのままでは年間売上目標が達成できないと北川に叱責されていた。

営業二課はノルマが厳しすぎて靴をすり減らして営業に駆けずり回ってもちっとも売り上げが上がらなかった。

そして、営業一課の坂戸は35カ月連続でノルマを達成して北川に褒められていた。

二課が稼いでいない分を一課が補っていると北川は言い原島に命じて坂戸に謝罪させた。

坂戸が資料を探しているとどこからかいびきが聞こえてきた。

社員たちから「居眠り八角」と呼ばれているぐうたら社員の万年係長・八角民夫(野村萬斎)がいつものように居眠りをしていた。

それを見た北川は八角を睨んでいたがなぜか無視をして原島は驚く。

北川と梨田が帰ると、坂戸は八角が仕事をしないことに怒り八角は坂戸が売り上げをあげてくれるから一課のみんなは楽だと二課の前で悠々と話す。

居眠り八角が坂戸をパワハラで訴える

一課のお荷物である八角は一課の社員たちから毛嫌いされていて一課長の坂戸も例外ではない。

坂戸は居眠り事件をきっかけに八角に仕事を次々と押しつけて残業を強要した。

しかも、有給をとりたいという八角に坂戸は罵詈雑言を浴びせて八角は「パワハラ」で訴えると坂戸に宣言する。

本当に八角は坂戸を訴えたが営業部のエースで北川の愛弟子である坂戸が左遷されることはないだろうと原島は部下と話していた。

しかし、坂戸はパワハラにより左遷されて原島は驚いた。

これがサラリーマンかと原島は恐怖する。

次の一課長に指名されたのは何と原島だった。

元一課長の坂戸は原島に営業一課員の浜本優衣(朝倉あき)を紹介した。

彼女は伝票整理が得意で結婚することになり寿退社を控えていた。

ところが、原島が一課長になった途端売り上げが落ち込み北川は原島に激怒して原島の座っていた椅子が壊れて北川は緊張した顔をした。

原島はドーナッツの無人販売に行くとすでにドーナッツは売り切れていた。

ドーナッツ無人販売を企画したのは浜本だが、彼女には誰にも言えない秘密があった。

浜本は入社3年目にある男性と不倫をして男性は奥さんと別れると3年間も言い続けていたがその男が妻とと別れる気がないと察する。

伝票整理ばかりの生活に嫌気がさした浜本は退職願を坂戸に提出したが退職の理由をしつこく聞かれて思わず結婚することになったと嘘をついたのだ。

やりがいのない仕事にやりがいを求めて浜本はドーナッツの無人販売を企画した。

だが、経理課長の加茂田久司(勝村政信)と課長代理の新田雄介(藤森慎吾)から反対されてしまう。

そんなときに、ゼノックスから出向してきた副社長の村西京助(世良公則)がドーナッツの無人販売の試験販売を提案した。

こうして試験販売が始まったが八角がお金も払わずにドーナッツを食べているのでは浜本は疑う。

原島は浜本に八角が昔優秀な社員だったと話す。

直属の上司だけが読める人事台帳を見て八角と北川が同期だと知りさらに優秀な社員だったが係長になってからからなぜか最低評価を受けていた。

経理課長の加茂田は営業部があげた企画を通すわけにはいかないと新田に営業部の粗を探すように指示を出した。

八角に癒着疑惑?

新田が不満を抱えながらも営業部の領収証を確認していると八角の領収証が10万円もして何かあると察した。

営業部に行って新田は八角にこの経費は何に使ったのかと問いつめようとしたが八角は高笑いして経理部を馬鹿にした。

八角にプライドを傷つけられて新田は八角が交際費を10万円も経費を使った株式会社ねじ六のことを調べる。

3カ月前、ねじ六の社長・三沢逸郎(音尾琢真)のもとに八角がやってくる。

八角はコスト高で営業一課長だった坂戸が経費を削減した上に契約を切った特殊合金のねじをまた取引したいと三沢に持ちかける。

やっと来た仕事を受けた方がいいと三沢の妹・奈々子(土屋太鳳)が訴えたが三沢は八角がマージンを要求するのではないかと疑っていた。

マージンとは、「利ざや」「手数料」などという意味で、流通業界では、販売額と仕入原価の差額のこと。

製造業界では、売上高から製造原価を差し引いたもののことをいう。

 
一方、新田は加茂田に八角とねじ六が癒着しているのではないかと報告して加茂田はこのことを経理部長の飯山孝実(春風亭昇太)に報告した。

飯山は営業部の採算悪化に関する報告書を加茂田たちに作らせた。

そんななか、ゼノックスの常務・梨田が突然東京建電を訪れる。

梨田は東京建電に型落ち商品を押し付けた。

副社長の村西はゼノックスにいた頃に梨田と出世競争をしていたがゼノックスの社長・徳山郁夫(北大路欣也)に選ばれず出世競争に敗れた。

村西は東京建電に出向して今に至る。

ドーナッツの無人販売を見て梨田は北川にドーナッツを要求し北川は急いでドーナッツを持って行ったが梨田に捨てられてしまう。

同期である北川と八角は営業部長室でゼノックスの下請けである東京建電がゼノックスの顔色を伺うのが嫌で出世コースから外れたのだと八角は北川に語った。

一方、浜本優衣は原島に経理部が営業部の採算悪化に関する問題を役員会議で議題として取り上げると報告した。

役員会議が始まり経理部長の飯山は八角がねじ六の交際費として10万円を経費に落とした話をした。

この10万円は癒着をしている証拠ではないかと飯山は指摘したが営業部長の北川は営業一課長の原島がねじ六の将来性を見込んで承認をもらったと告げる。

北川の言葉を聞いた東京建電の社長・宮野和広(橋爪功)飯山に営業部の粗探しは時間の無駄だと言い放った。

加茂田は新田のせいで経理部が恥をかいたと新田に怒鳴る。

そのとき、八角が新田の前に現れて「もうやめておけ」と八角は新田に対して不敵に笑いながら言う。

次々出向される社員

原島は北川がねじ六に契約を決めたと言っていたと優衣から聞かされたがまったく身に覚えがなかった。

そこにカスタマー室長の佐野健一郎(岡田浩暉)が現れて北川と八角を追い出せるほどのネタを掴んだと原島に話す。

佐野は営業部で出世コースに乗っていたが北川に追い出されてカスタマー室という肥溜に行くことになった。

カスタマー室で佐野は北川と八角が不利になる証拠に持っていったがそれを八角に見つかってしまう。

その後、佐野は小倉営業所に異動になり原島が人事部に行くと坂戸は異動以来一度も出社していなかった。

人事部長から坂戸が隔離されていると知った原島。

坂戸は八角がねじ六と北川との間で癒着をしてそれを知ったからパワハラを理由に追放されたのではと推理する。

その時、原島の前に八角が現れて「知らぬが華だ、原島一課長」と言った。

一方、新田も八角とねじ六が癒着しているのでは怪しんでいて優衣と会い八角とねじ六の癒着のことを調べてほしいと頼むが優衣は断る。

新田は東京建電の下請け会社であるトーメイテックの社長・江木恒彦(立川談春)に資料を見せるように要求する。

そのことを江木は北川に報告して、北川は舌打ちをした。

優衣は八角からドーナッツ泥棒が水曜日に現れると教えられて原島とともに張り込んだ。

すると、加茂田がドーナッツを持っていき、そのすぐ後に新田がドーナッツを持ち去る。

優衣が新田を引き止めてこのことを上に報告すると言うと新田は土下座をして許しを乞う。

しかし、優衣の不倫とドーナッツ泥棒のことがバレて新田は東北営業所に左遷された。

優衣と新田の不倫のことを知っているのは原島と八角で八角が怪しいと優衣は原島に告げる。

原島は誰もいない会議室に優衣を連れていき、坂戸、佐野、新田は八角と関わったことで出向させられたと優衣に話す。

このまま八角のことを調べ続ければ自分も危ういと優衣に言いもう調べるのはよそうと言うがもうすぐやめる優衣にはそんなの関係ない。

優衣は八角の調査を続け、仕方なく原島も優衣に付き合うことに…。

八角を尾行して横浜までやってきた原島と優衣。

八角がとある女性と店で話をしているのを目撃する。

八角と女性は別れて原島が八角を、優衣が女性を追いかけることになった。

尾行した原島は八角がボロいアパート暮らしなのを見て八角がわからなくなったと優衣に話す。

突き止めた衝撃の真実!

優衣は原島にオフィス椅子のセルーラを北川の指示で総入れ替えした話をする。

それを聞いた原島は北川に叱責されていた時に椅子のネジが壊れたのを思い出す。

その時に北川は驚いた顔をして八角が北川を睨んでいた。

原島はカスタマー室に行ってセルーラのネジが壊れたという苦情が頻繁に来ていたことを知る。

セルーラのネジはトーメイテックが製造していてセルーラのネジに不良が見つかったから北川はセルーラを総入れ替えしたのではと考えた。

しかし、証拠は何もなく手がかりを探しに原島と優衣は東京建電の前橋工場を訪れる。

セルーラのネジが保管されている倉庫に案内されて原島はネジを調べる。

前橋工場に現れたのは八角で、優衣は急いで原島に知らせる。

トーメイテックのネジが入っているダンボールを見つけて原島と優衣は八角に見つからずに何とか工場を脱出する。

原島たちは東京建電・商品開発部の奈倉翔平(小泉孝太郎)に会いに行きトーメイテックのネジの強度を調べてもらう。

すると、ネジは安全とされる基準値の半分の強度しかなく原島はリコール隠しだと確信した。

奈倉はもし特殊合金にもリコール隠しがあれば大変なことになると話し、その時八角が原島たちの前に現れる。

処罰を恐れて奈倉は逃げ、八角は原島と優衣に詰め寄る。

八角が特殊合金のネジの耐久テストをすると強度の基準値の半分以下だった。

特殊合金のネジは航空機の椅子を固定する時に使われるネジでこれが不良だとすると人命に関わる一大事になる。

坂戸がコスト削減のため強度不足のネジをトーメイテックに作らせたのだと八角は原島たちに教える。

原島はリコールのことを公表するよう八角に言い返答がないので社長にこのことを話すと告げる。

すると、八角は社長もこのことを知っていて世間に知られずに極秘で調査を進めた。

その調査が終わればリコール隠しのことを世間に公表すると社長は約束したと八角は原島と優衣に話す。

調査が終わり、八角が公表するように社長の宮野に言う。

ところが、社長の宮野は隠蔽すると八角に告げ約束が違うと怒鳴った。

宮野は坂戸と坂戸の不正に気づかなかった社員が悪いと責任転嫁をした。

社長室には八角と北川だけが残り北川は闇回収をすると八角に告げる。

八角は有給を取り星野という人の墓参りに来ていた。

そこに原島と優衣が現れて星野は俺が殺したと言い20年前のことを話し出した。

東京建電が立ち上がった頃、ゼノックスから出向した梨田が営業部に無茶苦茶なノルマをかした。

八角は年金暮らしの星野に必要もないものを売りつけてその末に自殺した。

そのことを星野の息子に責められて親父はお前が殺したんだと罵られた。

その言葉を聞き自分の罪の重さに気づき営業をやめることになった。

八角は元妻の淑子(吉田羊)と食事して本当のことを話してくれれば別れなくても済んだのになと話す。

ある日、副社長の村西が社長室にやってきてネジの強度不足のリコール隠しの件を追求した。

このことをゼノックスの御前会議で議題にあげると宮野に宣言した。

リコール隠しのことを誰が村西にリークしたのか、北川にはわかっていた。

八角たちはデータ偽装のことをトーメイテックの社長・江木に尋ねると江木は坂戸から指示されてデータ偽装をしたと話す。

坂戸は証拠も何も残さないようにと江木に指示した。

帰りに優衣は自分が開発した三日月型のドーナッツがなぜかトーメイテックのオフィスにあったと八角と原島に話す。

もしかして北川が坂戸に指示をしたデータ偽装を行わせたのではと八角たちは考えていた。

リコール隠しの黒幕は?

御前会議が始まり、梨田は速やかにリコール隠しを公表するべきとゼノックスの社長・徳山郁夫に提案する。

責任はこのことを知りもしなかった村西にも責任はあると梨田は言う。

村西はリコール隠しのことはここにある資料では不十分だと言って会議に八角と坂戸を出席させた。

村西にリークしたのは八角で、北川は裏切り者と八角を責めたが八角も北川に裏切られて怒っていた。

梨田が坂戸に責任を取れと命じたが八角は東京建電のデータ偽装や隠蔽の体制を作ったのは梨田だと告げる。

八角は20年前の新型車両のシート受注で梨田がデータ改竄を指示したと徳山に話す。

その時に八角は断ったが北川は梨田の命令を引き受けた。

結果、その大型受注は成功して梨田は手柄を独り占めして悠々とゼノックスの常務に登りつめた。

データ偽装と隠蔽の体制を植えつけたのは梨田だと八角は叫ぶ。

資料に20年前のデータ偽装のことを入れなかったのも梨田だと八角は言う。

ネジのデータ偽装の件も裏があったと八角は言い坂戸にデータ偽装までの経緯を話すよう指示を出す。

坂戸は北川から渡されたベンチャー企業のリストを頼りに他社よりも安く仕入れられる会社を探していた。

トーメイテックに行って江木に呼び出された坂戸は江木からデータ偽装を持ちかけられたと会議で話す。

しかし、ゼノックス側はこのことを信じず証拠は何もないから議論は無駄だと告げる。

八角は江木宛てのメールを出し、これを手に再度江木のもとに行った。

メールの内容を原島が読み上げ江木は観念して野球部の大先輩である宮野がデータ偽装を指示したと白状した。

その時の会話をレコーダーで聞いていた村西はどういうことかと宮野を問いつめる。

宮野はこんなメールは知らないとシラを切り実際このメールは宮野のパソコンから入手したものではなく八角が偽装したものだった。

徳山に睨まれて宮野は梨田から命じられてデータ偽装を指示したと告白した。

徳山は梨田に激怒し、八角は今すぐにリコール隠しのことを公表すべきだと徳山に告げる。

しかし、徳山はリコール隠しの件を隠蔽すると命令し、このことが議事録に残ることはないと冷たく言い放つ。

東京建電の営業部に戻った八角はネジの強度不足によるリコール隠しのデータや証拠の何もかもがゼノックスの社員によって回収されたことを知る。

それでも八角は諦めずに不正に立ち向かおうとして、もう逃げないと決意していた。

八角の覚悟を知った北川は八角が強度不足のネジを見せたときに北川が投げ捨てたネジがソファ下に落ちていてそのネジを八角に見せる。

それぞれの結末

2人はこのネジを使ってマスコミにネジの強度不足のリコール隠しのことを公表した。

東京建電とゼノックスが行ったリコール隠しは日本中にニュースや新聞で報道され飛行機がすべて運行停止になった。

東京建電とゼノックスに国交省がリコール隠しの証拠を押収しに押しかけてきた。

ゼノックス社長の徳山はこの件を追求され、東京建電は営業部だけを残して解体されることとなった。

東京建電の人々はそれぞれ紆余曲折はあるがそれぞれの人生を歩みだす。

北川は実家のバラ農場を継いで食べられるバラを開発している。

営業一課長の原島は今も東京建電に残り営業を続けていた。

優衣はドーナッツ販売を成功させて東京建電で引き続きドーナッツを売っていた。

リコール隠しの一部始終を調査委員会の取り調べで話し最後に八角は日本でデータ偽装や隠蔽が無くなることは絶対にないと言い切っていたーー。

映画『七つの会議』の感想

これぞ池井戸劇場と呼べるような人間臭さが残る社会派エンターテインメント。

企業の中で派閥が浮き彫りになり人間関係の複雑さが今回の映画の肝にもなる。

親会社と子会社、そして下請けとこの三者三様の関係の複雑さと力関係を見事に描き切っている。

この池井戸劇場に立っている役者陣もものすごく豪華❗️

池井戸作品のドラマや映画での常連である香川照之の気迫に満ちた演技が今回もギラギラに光っている。

香川照之の力のこもった顔が観る人を惹きつけてやまない。

主演の野村萬斎もオーバーアクションではあるが池井戸作品に馴染んでいてもはやレギュラーの風格。

鹿賀丈史も悪役が似合う俳優で諸悪の根源の梨田を見事に演じていた。

御前様の徳山を演じた北大路欣也はラスボスの風格漂い、贅沢な俳優陣が脇を固めていた。

ここまでの映画に仕上がるとは想像もしなかった╰(*´︶`*)╯♡

まとめ

映画『七つの会議』の映画レビューはいかがでしたでしょうか?

池井戸潤原作のドラマや映画は数あれどここまでスカッとする映画も珍しい。

最後のシーンは日本企業のあり方に異を唱えて問題定義を投げかける作品でもありそれを野村萬斎が語るところに妙な深みを感じる作品。

正義が勝つとは必ずしもならないが正義を語る人もタダでは済まないという現代に最も近づけた社会派エンター底面とであることは間違いない!

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎