朝ドラ『はね駒』64話あらすじネタバレ 源造の気持ちに気づくりん

斉藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第64話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

救援所で大津波の被災者のために働いていたりんと源造は呆然としている鶴次と出会う。

家族と離ればなれになった鶴次は1人海岸をさまよっていて…。

朝ドラ『はね駒』第64話のあらすじ

大津波の被災者のための救護所で働いていたりん(斉藤由貴)と小野寺源造(渡辺謙)は、中河鶴次(矢崎滋)と出会う。

鶴次は、故郷・南三陸の志津川に、初めて生まれた男の子の初節句のために訪れておりそこで被災した。

家族と離れ離れになってしまった鶴次は、1人だけで海岸をさまよっていて…。

朝ドラ『はね駒』第64話のネタバレ

鶴次は故郷の志津川に来て初めてできた男の子の初節句を祝っていた。

その時に被災して、最初は小さな地震があって鶴次はお年寄りを高台に避難させた。

海のほうから水平線かれ青白い炎のような波が来てそれから山のように大きな津波が押し寄せた。

津波で親や子、妻が巻き込まれているのを知りながら高台で何もできずに立ち尽くしていたと無力感に苛まれながら話す。

彌七が被災地に梅干しなどの加工食品をタダで配り源造は被災者たちに配っていた。

鶴次は瓦礫の山で鶴松の来ていた着物を見つけたが鶴松はどこにもいなくて絶望した。

救護所では疲れ果てて源造が眠っていてりんは少し休んだ方がいいと言うが源造は俺が死んだってどうってことないと話す。

するとりんは嫌だよと源造に呟き、源造は照れながら出ていった。

女の子がまた救護所を抜け出そうとして、りんが女の子に叱る。

源造は死んでもいいから海のそばに行きたいんだとりんに言い女の子を海岸へ連れて行く。

焚き火をした源造は女の子が海の波の音を子守唄がわりにして眠ってたんだとりんに言う。

りんが源造の子守唄は何と聞くと源造は恥ずかしがって歌おうとしなかった。

源造は女の子を抱きながら歌を歌いそれを聞いたりんは源造のことが好きだと自分の気持ちを打ち明けた。

その時、女の子が目を覚まして菊代と自分の名前をりんたちに言いりんは源造とともに菊代の名前を呼び続けたーー。

朝ドラ『はね駒』第64話の感想

鶴次が津波に巻き込まれた時のことを話している時「東日本大震災」のことを思い出した。

大津波が押し寄せたら大きい建物でもひとたまりもないから。

大自然の猛威の前に人は無力だ…。

辛いことばかりでもなくて、彌七が被災者のために加工食品を持ってきてタダで配った。

源造もそれを手伝っている時にりんが源造のことを見ていたけどもしかしてりんは源造のことが気になり始めてるのか?

源造とりんは女の子が海岸に行きたいと知り海岸で焚き火をした。

波の音が子守唄がわりだと源造はりんに話し、りんは子守唄の話をして源造はりんが寝た後に女の子に子守唄を聴かせた。

源造の歌が心にしみるな、りんもそんな源造の姿を見て告白したのかも💗

まとめ

朝ドラ『はね駒』第64話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

被災者のために救護所で働いていたりんと源造は大津波があった海岸で1人でさまよい歩いていた鶴次と出会った。

鶴次は故郷・南三陸の志津川に、初めて生まれた男の子の初節句のためにやってきてそこで被災したのだ。

家族と離ればなれになった鶴次はりんと源造に会った途端倒れてしまった。

鶴次の家族はどうなったんだろう?

第65話では、りんは源造のことが頭から離れずもし今源造が倒れたら自分は悲しくなると気づいた。

一方で、必死に家族の捜索をしていた鶴次だったがそれもむなしく誰1人見つからなかった…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする