ごくせん 1話ネタバレあらすじ 3年D組担任ヤンクミ登場!?

仲間由紀恵主演のドラマ『ごくせん』特別編・第1話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

任侠の世界で大事に育てられた跡取り娘の山口久美子は教師になる夢を叶えて男子校に赴任した。

問題児ばかりの3年D組の担任になった久美子は生徒たちからひどい仕打ちを受けていたが任侠の世界で育った久美子には大した問題ではなかった。

そんな中で、教頭の猿渡が管理していた集金袋が紛失して、猿渡は3~Dの生徒を疑っていたーー!?

ドラマ『ごくせん』特別編・第1話のあらすじ

久美子(仲間由紀恵)は仁義に厚い任侠集団の跡取り娘であり、新米教師として奮闘する。

教師になる夢をかなえて、男子校に赴任した久美子。

慎(松本潤)など問題児が多い3年D組の担任になってしまったがそれでも頑張ると誓う。

初日早々、生徒から散々な仕打ちを受けるが、任侠の世界で育った久美子には大した問題ではなかった。

そんな中、教頭の猿渡(生瀬勝久)が管理する集金袋が紛失する。

猿渡は3-Dの生徒を疑っていた。


ドラマ『ごくせん』特別編・第1話のネタバレ

山口久美子は幼い頃から教師になるのが夢だと白金学院高等学校の体育館で語っていた。

職員室に来た久美子は教頭の猿渡から3年D組の担任を任される

万が一逃げるために久美子は体操着に着替えさせられた。

体育館で、英語教師の藤山静香が見事なスピーチをして次に久美子がスピーチをしたが生徒たちから帰れコールをされてしまう。

その時、3年D組のリーダー格の生徒である沢田慎が現れて体育館は一気に緊張状態に包まれた。

久美子は3年D組の教室に行くと生徒たちが騒いでいた。

生徒たちは久美子のことを完全になめていて言うことを聞かず生徒の1人の熊井輝夫がメンチ切っていた。

その熊井が久美子に野球ボールを投げると久美子はボールをキャッチする。

とっさに取り繕って生徒たちは担任の久美子がすぐ辞めるだろうと笑いながら話す。

それを聞いて久美子は家に帰りそこは任侠集団の大江戸一家の家だった。

大江戸一家の3代目組長・黒田龍一郎は久美子の祖父で、久美子の両親が交通事故で亡くなって母方の祖父の龍一郎に育てられた。

久美子は大江戸一家を継ぐつもりはなく教師になるために奮闘すると天国の両親に誓った。

学校に行くためバスに乗ろうとすると藤原智也と出会い一目惚れする。

教室で数学の授業をしていた久美子だがいつものように言うことを聞かずに騒いでいた。

熊田は黒板に”数学上等”と書いたが等の字が草冠だった…。

静香と久美子の歓迎会で猿渡は3年D組のことをゴミだと言っていた。

久美子は川嶋菊乃に話しかけられて3-Dの沢田には気をつけた方がいいと忠告した。

沢田は前の学校で担任をボコボコにして退学させられたと久美子は聞かされる。

学校に行った久美子は熊井が顔に怪我をしているのを見かけて、猿渡が今度問題を起こしたら退学だと注意した。

職員室にいた久美子は猿渡が集金袋がないと騒いでいるのを聞く。

猿渡は3年D組の生徒が盗んだに違いないと決め付けていた。

屋上で騒いでいる3-Dの生徒たちに集金袋を知らないかと尋ねたが知らないと答えその言葉を信じる久美子。

久美子と静香、菊乃が歩いていると柄の悪い男たちに絡まれて久美子は男の手をひねる。

その時、篠原が久美子たちの前に現れて男たちは逃げていった。

そこに柏木豊が現れて篠原のことを刑事長と呼んだ。

篠原が刑事だと知り久美子はショックを受ける。

家で久美子はやけ酒を飲んでいて龍一郎から久美子が信じないと相手からも信じてもらえないと告げた。

久美子は生徒たちと真剣に話をしようとしている時、猿渡と鷲尾に熊井とともに呼び出された。

職員室に熊井を連れてきた猿渡は集金袋を盗んだんだろと問いつめる。

しかし、熊井はやってないと訴え久美子は証拠があるのかと猿渡に尋ねる。

猿渡は集金袋に似た袋を熊井が持っていたという目撃証言があると話す。

その袋はタバコとライターを入れた袋でもう捨てちゃったと熊井は猿渡に伝える。

だが猿渡は熊井の言うことを信じず久美子は熊井から袋を捨てた場所を聞き出す。

沢田のところに来た熊井に久美子が話しかけようとしたその時、沢田が大人の言うことは信じないと久美子に言い放つ。

久美子は熊井のことを信じると決め、川で熊井の捨てた袋を探し回っていた。

それを見た熊井は心を動かされて朝になっても探している久美子のもとに走り出す。

必死に探している久美子に熊井は俺が集金袋を盗んだと告白した。

そこに沢田が現れて熊井を警察に突き出すのかと言い「先公の言うことなんか信じられっかよ!」と叫ぶ。

熊井は猿渡を困らせるために集金袋を盗んだと言い久美子は「不良をやるのは構わないが卑怯な真似だけはするな!」と叱った。

金は絡まれたヤンキーたちに奪われたと知り久美子はヤンキーたちのところに行き取り返しに行った。

倉庫にやってきた久美子はヤンキーたちを倒し、そこに駆けつけた沢田は倒されてるヤンキーたちを目撃した。

一方、学校では猿渡が熊井を呼び出し退学を言い渡そうとして暴力を振るった。

それをきっかけに暴動がおきて、久美子が「私のかわいい生徒たちに手ェ出すんじゃねー!」と叫んだ。

久美子は猿渡に集金袋を渡し男子トイレのゴミ箱に落ちていたと話す。

そして、生徒たちに向かって久美子は「お前たちを1人残らず卒業させてやる」と宣言したーー。

ドラマ『ごくせん』特別編・第1話の感想

僕が小学生の頃に見ていた『ごくせん』がまさか再放送されるとは思ってなかった♬

初々しい姿が印象的な嵐の松本潤が出演していて興奮して、3年D組の生徒たちの中に小栗旬や成宮寛貴などの豪華俳優陣が出演しているのも感動的💗

小栗旬と松本潤は『花より男子』シリーズでも共演していてこの2人はプライベートでも仲がいい。

任侠集団の大江戸一家に育てられた山口久美子は教師になるのが夢で問題児だらけの3年D組の担任になる。

そのクラスでは沢田慎がリーダー格で生徒たちも彼のことを一目置いていた。

沢田慎を演じる松本潤がとにかくカッコいい(^ν^)

ある日、猿渡が管理していた集金袋が無くなり熊井を怪しんでいた。

結局、熊井が盗んだんだけど集金袋はヤンキーたちに奪われてしまい久美子は熊井のために取り返しにいく。

『ごくせん』といえば悪者のところに殴り込みに行くシーンが一番印象的で今でも覚えてる💖

久美子は3年D組の生徒たちを1人残らず卒業させてやると宣言したけど大丈夫かな…。

まとめ

ドラマ『ごくせん』特別編・第1話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

仁義の厚い任侠の家で育てられた跡取り娘の久美子が教師になる夢をかなえた。

しかし、担任になった3年D組の生徒たちは問題児ばかりで手を焼いていた。

任侠の世界で育った久美子はタフな性格を活かして生徒たちの相談に乗ろうとする。

そんな中で、教頭の猿渡が管理していた集金袋が紛失してしまい3年D組の生徒を疑った。

結局、3年D組の生徒が盗んでたけどヤンキーたちに奪われてしまい久美子がヤンキーたちのところに乗り込んで奪い返した。

殴り込みのシーンが一番興奮した❗️

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする