朝ドラ『エール』48話ネタバレあらすじ 環からまさかの提案!

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第10週「響きあう夢」の第48話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

木枯に紹介された高梨が書いた詞に裕一が曲をつけた「船頭可愛いや」がレコードになって売り出されたがまったく売れなかった。

契約解除の危機を迎えた裕一に環から裕一の曲を歌わせてほしいと提案されたーー!?

朝ドラ『エール』第48話のあらすじ

裕一(窪田正孝)は高梨(ノゾエ征爾)の詞に作曲した「船頭可愛いや」はレコードになって売り出されるがまったく売れなかった。

契約解除の危機を迎えて大ピンチの裕一は、音(二階堂ふみ)にお願いされて曲を聞いた環(柴咲コウ)から、とてもいい曲なので世間の人達に広く知ってもらうために自分に歌わせてもらえないかと提案される。

レコード化に向けて、コロンブスレコードでは廿日市(古田新太)は大賛成だったが、小山田(志村けん)はというと…

朝ドラ『エール』第48話のネタバレ

裕一は「船頭可愛いや」のレコードが売れずこのままでは契約金を返さなればいけないと音に話す。

それを聞いた音は「船頭可愛いや」のレコードを鞄に入れて学校に行った。

いい曲なのにと鉄男は呟き、下駄屋の娘は自分のせいだと責めていたが久志が彼女の目を見つめて慰めた。

一方、音楽学校で音はうまく歌えずに悩んでいて環にアドバイスを受ける。

そして、音が裕一の作曲した「船頭可愛いや」のレコードが売れないことを話して環は「船頭可愛いや」を聴く。

音に感想を求められて環は「船頭可愛いや」をいい曲だと音に告げる。

この曲を自分に歌わせてもらえないかと環は音に提案した。

喫茶「バンブー」では環が来ると知り裕一と梶取夫婦は緊張していた。

そこに環が現れて裕一に「船頭可愛いや」を歌わせてほしいとお願いする。

裕一がなぜと尋ねると環はいい音楽をもっと世間の人に広めていきたいと話す。

「船頭可愛いや」を環から歌いたいと提案されたと廿日市は知り社長に直談判してレコード化してほしいと頼んだ。

しかし、裕一は赤レーベルの作曲家の曲を青レーベルの曲を歌う環が歌っていいものかと考え社長は渋っていた。

青レーベルの作曲家の小山田先生に社長がお伺いを立てたが小山田先生が反対して社長も廿日市もレコード化を諦めてしまう。

喫茶「バンブー」で裕一たちが相談していて環が「私に任せて」と音と裕一に告げる。

環は小山田先生のもとに行き裕一の曲を歌うのを許してほしいとお願いした。

だが、小山田先生は赤レーベルの新人作曲家が青レーベルの作曲をするのを小山田先生は反対した。

それを聞いて環は小山田先生の目を見てドイツにいたときそんな目をしている作曲家を何人も見てきたと小山田先生に話す。

圧倒的な才能を前にして自分の地位が脅かされるのを恐れている作曲家の目を…。

裕一と音は廿日市にレコード化をするように迫り環も加わってこれが当たればデカいと言い廿日市を説得した。

3人の説得を受けて廿日市はレコード化に踏み切り環が流行曲を歌うということで発売前から大きな話題になった。

レコーディングスタジオで環は「船頭可愛いや」を歌い、廿日市の賭けは大当たりして「船頭可愛いや」のレコードは大ヒットを記録した。

音も「椿姫」のヴィオレッタを演じるということで新聞の記事になり裕一も喜んでいた。

音の具合が悪そうなのを見て恵は心配で駆け寄る。

音の様子を聞いた恵は「赤ちゃんができたんじゃないの?」と音に告げ音は唖然としていたーー。

朝ドラ『エール』第48話の感想

「船頭可愛いや」のレコードがまったく売れず裕一は契約を解除されると恐れていた。

音は環に「船頭可愛いや」のレコードを聴かせて気に入った環はこの曲を自分に歌わせてくれないかと提案する。

まさか双浦環からこんな提案をするとは思わなかった(●´ω`●)

環が世間の人にもっといい音楽を広めていきたいと裕一に訴えたシーンにグッときた。

やっぱり本当にいい曲は誰かの心に届くということか!

しかし、「船頭可愛いや」を環が歌うのを小山田先生が反対してコロンブスレコードの社長と廿日市もレコード化を渋る。

小山田先生は裕一の才能を脅威に感じているから青レーベルで作曲させたくないのか…。

裕一たちは廿日市を説得して「船頭可愛いや」を環が歌いレコードが発売されるやいなや大ヒットした。

双浦環が歌ったからここまで大ヒットしたんだろうな💓

音が妊娠してるとわかって驚いた顔も良かった♬

まとめ

朝ドラ『エール』第10週「響きあう夢」の第48話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

木枯から紹介された高梨が作詞した「船頭可愛いや」を裕一が作曲してレコードになったがレコードはまったく売れなかった。

契約解除の危機を迎えて大ピンチの裕一に環からいい曲だから自分に歌わせてもらえないかと持ちかけられる。

レコード化に向けて廿日市は大賛成だったが小山田先生は猛反対した。

廿日市は社長と小山田先生の反対を押し切ってレコード化に踏み切った。

環が歌った「船頭可愛いや」は大ヒットを記録して裕一は喜んでいた。

そして、妊娠したと知って音は唖然とした顔をしていた。

第49話では、音の妊娠が発覚して裕一は大喜びしたが学校を辞めなければならないと音は考えていた。

でも、記念公演の「椿姫」だけは何とかやり遂げたいと音は思っていたが…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする