NHK朝ドラ『エール』46話あらすじネタバレ 上京した鉄男は?

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第10週「響きあう夢」・第46話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

いよいよ裕一と鉄男、そして久志の福島三羽ガラスでの曲作りが始まる。

音も「椿姫」の舞台に向けて練習を開始したーー!?

朝ドラ『エール』第46話のあらすじ

音の音楽学校の記念公演に向けて、「椿姫」の稽古がはじまる。

千鶴子(小南満佑子)と主役あらそいの末に選ばれた音(二階堂ふみ)は、双浦環(柴咲コウ)から自分に足りない技術を死ぬ気で磨くように激励された。

ある日、古山家に鉄男(中村蒼)が訪ねてきた。

裕一(窪田正孝)と一緒に「福島行進曲」をつくった鉄男。

彼は、作詞家になる夢をかなえるために、思い切って新聞社の仕事を辞めて福島から上京してきた。

朝ドラ『エール』第46話のネタバレ

裕一が作曲して鉄男が作詞した「福島行進曲」はまったく売れなかった。

裕一の家に鉄男が訪れて福島の新聞社を辞めてきたと聞いて裕一は驚く。

婚約するなら左遷しろなどと言われて嫌になって辞めることにしたと鉄男は話し、コロンブスレコードに紹介してほしいと裕一に頼んだ。

一方、音楽学校でいよいよ「椿姫」の稽古が始まり音は環に挨拶をした。

環は千鶴子のほうが技術はあったけど最終選考の日に本領を発揮できなかったこと、本領を発揮できなかったのは音の気迫におされたからだと音に話す。

音の歌には荒削りだけど聞く人の心を揺さぶる何かがあると環は言いこれから死ぬ気で努力しなさいと音に告げた。

音はそれから歌を精一杯頑張り、鉄男は知り合いの家にしばらく泊まることになった。

コロンブスレコードに来た裕一と鉄男は廿日市に会ったが廿日市は「福島行進曲」の歌詞をこき下ろした。

それを聞いた鉄男は我慢ならず声を荒げて裕一は廿日市が売れない曲には価値がないと考えてる人だからと鉄男に教える。

コロンブスレコードのサロンで会った木枯を見て鉄男は興奮していた。

裕一たちは一緒に食事をして鉄男の書いた「福島行進曲」の歌詞が良かったと木枯は鉄男に話す。

それを聞いた鉄男は嬉しくなり木枯はいずれ別のレコード会社に移籍すると裕一と鉄男に伝える。

裕一と木枯は2人で帰り友達がいないという木枯に裕一は友達のつもりだよと伝えた。

屋台の親父さんに鉄男は裕一がいたから自分の夢を追いかける決意ができたと話し、親父さんは鉄男にあることを伝える。

音は音楽学校で久志と練習をしていたが久志はファンの女の子たちから応援されていた。

音の練習を見ていた環は何も言わず立ち去る。

一方、裕一は木枯と会うためカフェー「パピヨン」にやってきた。

木枯は裕一にある男を紹介してこの男がいずれ裕一の暗い作曲家生活を変えることになるーー。

朝ドラ『エール』第46話の感想

裕一と鉄男が作った「福島行進曲」はまったく売れず廿日市からいつになったら利益出してくれるのと言われてしまう。

廿日市は利益の出さない曲に価値はないって考え方だからな( *`ω´)

裕一の家に鉄男がやってきて福島の新聞社を辞めてきたと話すと裕一は驚いた。

このときの裕一の驚いた顔がまた面白いww

鉄男は裕一にコロンブスレコードに紹介してほしいと頼んだけど利益を出していない裕一だから廿日市が鉄男を雇うかどうか‥。

コロンブスレコードに来た裕一と鉄男だけど廿日市が「福島行進曲」の歌詞が意味わかんないと酷評してその言葉を聞いて我慢できずに鉄男は廿日市に食ってかかった。

鉄男は悪口を言われて黙っているような男じゃないからな、そこが鉄男のいいところでもあるんだけど♪( ´▽`)

音楽学校で久志がファンの女の子たちに4連続ウインクをするシーンは今日一笑ったww

裕一は木枯に呼ばれてカフェー「パピヨン」に来て眼鏡の男の人に会った。

この男の人が裕一の人生を変えることになると言ってたけど誰なんだろ、次回が楽しみ💗

まとめ

朝ドラ『エール』第10週「響きあう夢」・第46話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

音楽学校の記念公演に向けて「椿姫」の稽古が始まった。

双浦環から自分に足りない技術を死ぬ気で磨くように激励された。

裕一の家に鉄男が訪ねてきて福島の新聞社をやめて東京に来たことを伝えられて裕一は驚いた。

裕一は廿日市に鉄男を紹介するために鉄男をコロンブスレコードに連れて行くけど廿日市から「福島行進曲」の歌詞をこき下ろされて鉄男は激怒した。

今や人気作曲家になった木枯と会った鉄男は興奮していた。

裕一は木枯に会いにカフェー「パピヨン」にやってきて木枯はある男を裕一に紹介した。

第47話では、木枯が自身のヒット曲を作詞した高梨一太郎を裕一に紹介した。

高梨は裕一の「福島行進曲」を聞いて自分の詩に曲をつけてほしいと頼みにきた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする