ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』特別編・1話ネタバレあらすじ

松本潤主演のドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン1特別編・1話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

実績を買われた深山は斑目法律事務所の「刑事専門ルーム」の弁護士として雇われる。

深山はネットショップ社長・塙幸喜を殺害した容疑で起訴された依頼人の赤木と接見して事件の真実を突き止めるために捜査に向かう!?

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン1特別編・1話あらすじ

深山は、何度も無罪を勝ち取っている実績を買われて日本4大法律事務所の一つ「斑目法律事務所」の所長・斑目春彦(岸部一徳さん)からヘッドハンティングをされた。

社会貢献の名目で新設された同事務所の「刑事事件専門チーム」にパラリーガルの明石達也(片桐仁さん)と共に移籍する。

刑事事件専門チームで深山とバディーを組むはずの室長・佐田は、大企業の顧問弁護士を務め巨額の利益をもたらしてきた民事のトッププレーヤーだった。

斑目から1年後のマネージングパートナー昇格を条件に出され、渋々異動を了承した佐田だったが、金にならない刑事事件には全く興味がない様子。

さらに、チームのもう一人の弁護士である立花も、斑目の命により、これまでの業務とは全く畑違いの刑事事件ルームに嫌々入っていた。

そんなチームのもとに殺人事件の弁護依頼が入って依頼人の赤木義男は運送業の経営者だった。

それで、流通業界の風雲児としてメディアをにぎわせたネットショップ社長が殺害された事件の殺人容疑として逮捕された。

だが、本人は酒に酔っていて事件当日の記憶がなく、事件の関与を否定して無実を訴えていた。

しかし、検察庁の調べによると、指紋のついた凶器や防犯カメラの映像などの物的証拠に加え、容疑者の赤木は被害者から仕事の契約を一方的に打ち切られており動機も十分だった。

赤木が犯人である証拠がそろっていたが、深山は「肝心なのは調書より事実。99.9%有罪が確定していても、0.1%に事実が隠されているかもしれない」 と諦めなかった。

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン1特別編・1話ネタバレ

深山と明石はスポーツかーで高速道路を走っていてとある研究所に到着した。

裁判所で深山は被告人の弁護をしていて、被告人が現場である研究所に行くためには高速道路を時速120kmで走行しなければならない。

しかし、警察からの通知書が来ていないことでその速さで走行していないことは明らか。

つまり被告人が現場に行くことは不可能だと話す。

見事無罪を勝ち取り、その腕を見込んで斑目法律事務所の所長・斑目は深山をヘッドハンティングしに来た。

深山は明石の説得もあり法律事務所に行くことを決めた。

室長・佐田は、大企業の顧問弁護士を務め巨額の利益をもたらしてきた民事のトッププレーヤー。

佐田は斑目に頼まれて「刑事事件専門ルーム」の室長に任命された。

金にならない刑事事件は扱いたくなかったが斑目から1年後のマネージングパートナー昇格を条件に出され渋々異動を引き受ける。

弁護士の立花も刑事事件は畑違いだが斑目から君の力は別の方向にも活かせるのではと考えていた。

深山は早速運送業の経営者である依頼人の赤木義男に接見しに行った。

赤木はネットショップ社長・塙幸喜殺人事件について警察から任意同行を求められてそのまま警察に逮捕される。

無実を主張した赤木だが警察は聞く耳を持たない。

深山は現場の防犯カメラを確認したが納得できず現場検証に行く。

現場に行った深山は顔に映らない角度の防犯カメラを確認しに行ったがそのようなカメラはなく不審に思う。

深山たちは「赤木運送」を訪れて赤木が高血圧で薬を飲んでいたことも消防車が通りかかったことも知る。

塙幸喜が経営するネットショップ「maxV」の常務・友永邦夫(田中要次)に話を聞きに来た深山と立花。

友永は塙から契約を打ち切られて赤木がすごい剣幕で怒っていたと話す。

資料を確認した深山は赤木が高血圧の薬を飲んでいることを知っていた何者かが薬を睡眠薬にすり替えて赤木を眠らせたのではと推理する。

そして、赤木に薬を盛った何者かが防犯カメラで顔を隠しながら赤木になりすましたのではと深山は立花に告げる。

早速、深山は佐田の部屋に現場の状況を再現した。

顔を隠しながら深山は防犯カメラの映像を再現した。

塙家の防犯カメラ映像の再現をした資料を検察の丸川貴久(青木崇高)に提出して再捜査を依頼した。

しかし、丸川は赤木が犯人だと断言して譲らない。

事務所に戻った深山は佐田から一旦起訴されたら有罪する確率は99.9%だと言い情状酌量で弁護するよう訴えた。

ところが、深山は残りの0.1%に真実が隠されてるかもしれないと語り捜査の手を緩めなかった。

塙幸喜の妻・望美(堀内敬子)が赤木を目撃したとされるトンネルに深山と立花が行き立花に赤木の役をさせて走らせる深山。

刑事事件専門ルームに戻った深山はパラリーガルの戸川奈津子(渡辺真紀子)から「maxV」の社内調査なら佐田先生にかかればお手の物だと聞く。

深山は佐田に「maxV」の社内調査を頼んだが断られる。

家まで行って深山は佐田の説得を続けて発売される予定の週刊誌のゲラを見せる。

その記事では佐田が検察庁に挑戦状に出したとの内容が書かれていて佐田は本格的に刑事事件に乗り出した。

小料理屋「いとこんち」に行って料理を作り事件の状況を頭で整理していた。

望美が赤木を見かけたトンネルに来た深山はトンネルの灯りを見て「電話をかけても誰もでんわ」と親父ギャグを言って信実をつかむ。

裁判所で塙幸喜殺人事件の裁判が始まり、証人尋問で望美は事件当日に赤木が緑色のジャンパーを着ていたと証言した。

深山は赤木の顔を見間違えたことは絶対にないかと望美に再確認した。

赤木と何度も会って赤木がいつも着ているジャンパーと同じものを着ていたと証言する。

深山は証拠としてある映像を裁判で再生させた。

映像で明石が赤木の役をしてトンネルを歩いて深山が明石の着ているジャンパーが何色か尋ねる。

望美が黒色だと答えると映像の明石がトンネルの外に出ると何と明石が緑色のジャンパーを着ていた。

深山は明石が来ていたものと同じジャンパーのものを裁判で見せる。

これはトンネルに取り付けてあった「ナトリウムランプ」のせいでこのランプの下に行くとどんな色でも黒に見える特殊なランプだった。

これによって、望美がトンネルの中で緑色のジャンパーを見ることは絶対にできないと深山は話す。

検察の丸川と望美は驚いていたが、深山はさらに塙を殺害した犯人が誰かわかっていると言い出した。

深山は傍聴席に座っていた友永が犯人だと断言して友永は震えていた。

勝利の余韻に浸っていた佐田は丸川に友永は会社の金を横領して不正をし、そのことが塙にバレて焦っていた。

そのときに塙からDVを受けていた望美と知り合い利害の一致で共犯者になり契約のことで塙と揉めていた赤木に罪を着せようとしたと佐田は悠々と丸川に語る。

東京地検検察庁の検事正・大友修一(奥田瑛二)は控訴取り消しは許しがたい大失態だと丸川に話しもう失敗は許されないと忠告した。

大友は元検事の佐田に話しかけて深山と会う。

しかし、深山は大友と会うのは初めてではないと話したが大友は深山のことを覚えていなかった。

赤木は家族のもとに戻ることができ、佐田は事務所で深山に儀式だと言って深山と握手した。

それを見た立花も深山と握手しようとしたが断られて無理やり力強く握手をしていたーー。

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン1特別編・1話感想

深山は斑目にヘッドハンティングされて斑目法律事務所の「刑事専門ルーム」の弁護士として雇われることになった。

そこで出会ったのは刑事専門ルームの室長・佐田で2人は会って早々喧嘩をした。

犬猿の仲の2人だけど親父ギャグの時だけ仲がいいんだよな♬

「赤城運送」の社長・赤木はネットショップ社長の塙幸喜を殺害した容疑で逮捕されて起訴された。

深山は赤木の弁護を引き受けるんだけど真実を突き止めるためにどんな小さなことでも手を抜かない姿がカッコいい💗

事件現場の塙家の防犯カメラには顔を映さないようにしている不審な男が映っていてこの男が赤木なのではないかと検察は考えていた。

だけど、事件の真実は深山が突き止めて「ナトリウムランプ」により緑色のジャンパーが黒色のジャンパーに見えた時は興奮したヽ(*^ω^*)ノ

犯人は「maxV」の常務の友永で望美と結託して赤木をはめようとしたのだ。

深山の真実を突き止めるために諦めなかったことで真実にたどり着いたんだなと思うと改めてすごいと思う!

まとめ

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-』シーズン1特別編・1話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

深山は斑目法律事務所の「刑事専門ルーム」の弁護士に雇われて依頼人の赤木の弁護をする。

ネットショップの社長・塙幸喜を殺害した容疑で起訴された赤木だったが、深山は現場の防犯カメラに映っている男が顔を隠しながら逃走する姿に不審を抱く。

そして、望美の赤木を目撃したという目撃証言の矛盾を突き止めて犯人が友永だと裁判で断言した。

赤木は無罪になり無事に家族のもとに戻ってきた。

第2話では、とある青年が正当防衛かそれとも殺人か深山は真実を突き止めようとする。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする