大河ドラマ『麒麟がくる』20話ネタバレあらすじ 徳川家康登場!

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第20話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

尾張の人質だった竹千代が成長して、松平元康に名を変えて駿河にいた。

今川義元が尾張へ再び侵攻しようとしていて元康は戦の先鋒を任されることになった。

一方、光秀は戦を回避するべくある作戦を立てる….。

大河ドラマ『麒麟がくる』第20話のあらすじ

駿河の今川義元(片岡愛之助)が再び尾張への侵攻を進めた。

かつての人質で、成人した松平元康(旧名:竹千代 / 風間俊介)がその先鋒を任されることになった。

光秀(長谷川博己)はそのことに目をつけて、この戦を回避するべく帰蝶(川口春奈)と信長(染谷将太)に元康の母である於大の方(松本若菜)と伯父の水野信元(横田栄司)と接触をするように仕向けた。

大河ドラマ『麒麟がくる』第20話のネタバレ

永禄三年の駿河、駒は今川義元が戦装束のために布を買い占めていることを知りいよいよ戦が始めると実感していた。

その頃、越前では光秀が子どもたちに勉学を教えて、家に帰ると左馬助が尾張から帰ってきていた。

駒が綺麗な布と光秀の子供のために薬を送ってきた。

煕子はお米を買う金も無くなってしまったと光秀に報告して、駒から頂いた薬を質に入れてはと提案した。

離れの部屋で休んでいた左馬助に会った光秀は今川義元が尾張へ攻め込む準備をしていることを報告される。

義元は尾張へ侵攻する時必ず三河に先陣を切らせると光秀は左馬助に言いいよいよ戦は近いと予感していた。

義元に近しい人物はかつて尾張で人質だった松平竹千代だと左馬助は光秀に話し、竹千代と前に会っていた時の記憶が蘇る。

一方、駿河では義元は家臣たちに尾張へ侵攻すると宣言して、大高城を誰に任せるかと家臣に尋ねる。

家臣は三河のものがいいのではと義元に告げる。

そんななか、東庵と松平元康(のちの徳川家康)が将棋をしていた。

元康は東庵に尾張へ侵攻すると言い、祖母の源応尼に戦へ行くと伝え別れを告げる。

先鋒で尾張へ侵攻する孫の元康を源応尼は心配していた。

元康は駒に今川義元の人質である以上戦は避けられないと話し、時々逃げ出したくなると打ち明けた。

なんでも効く薬があると駒は元康に言い、戦で生き残るためなら何にでもすがりたいと元康は駒に話す。

駒はその薬を持っていて元康が生きて帰るためならと薬を元康に渡す。

この薬をお守りにして必ず生きて帰ってくると元康は駒に約束した。

その頃、義元は東庵を呼び雪斎が東庵の針治療を褒めていたと東庵に話す。

元康が三河の頭領に相応しい器だと義元は思っているが、万が一尾張に寝返れば己の身が危ういと義元は東庵に話す。

本当に元康が信じるにたる人物か義元は東庵に尋ねる。

東庵は裏表のない男だと東庵は義元に告げたが義元は不安が拭えなかった。

そんななか、清洲城の信長は帰蝶から元康に文を送ったことを報告されて元康の母・於大の方と伯父の水野信元に接触をはかった。

元康を信長側に寝返らせる策は光秀が企てて帰蝶に伝えたのだ。

越前の光秀は信長が戦に向かおうとしている時に越前にいるのが耐えられなかった。

左馬助に尾張への抜け道を案内するように光秀は命じた。

一方、信長は於大の方と水野信元に会いこのままでは元康と戦うことになると2人に話す。

於大の方は元康が今でも自分を母と思ってくれるかと不安に思っていたが信長は自分だったら何十年経とうと忘れることはないと告げる。

元康の周りにいる三河の者たちに文を送り元康を尾張に寝返らせるように指示を出した。

信元は菊丸に元康の家臣たちに文を送らせた。

尾張へ侵攻した元康は大高城に入り義元の家臣に尾張の者たちに素通りされたことが気がかりだと話す。

信長は家臣たちにもし元康がこちら側に来ないようなら大高城を焼き尽くすように命じた。

桶狭間を通って義元は尾張へ侵攻しようとしていると家臣から聞かされた信長は桶狭間で待ち構える作戦を立てた。

大高城にいた元康は菊丸から於大の方からの手紙を受け取る。

手紙にはこの戦に勝っても負けてもいいことは何もない、元康に会えればそれでいいと書かれていて元康は涙を流した。

菊丸は元康に三河を取り戻すためには義元を討つべしと告げる。

信長につくか義元につくか元康は葛藤する。

その頃、光秀は抜け道を使って尾張へ左馬助と向かっていた。

大河ドラマ『麒麟がくる』第20話の感想

今川義元はまた尾張へ攻め込むつもりか、信長は今のままでは義元に勝てないのか!

尾張へ侵攻するとなって義元は大高城に元康を行かせて先鋒を任せることになった。

義元は元康のことを信頼してるけど元康は本当は戦をしたくないと駒に本当の気持ちを話した。

駒と元康の会話シーンが一番和んでいいシーンだった♬

大高城に行った元康を味方につけて義元を討とうと企てる信長だけど冷酷なところは変わらない。

於大の方は戦の勝敗などどうでもよくて息子に会いたいだけなんだな。

義元が桶狭間を通ると聞いた時いよいよ「桶狭間の戦い」が始まるんだなと興奮した!

菊丸は大高城に行って元康に於大の方の手紙を渡して元康は母の思いを知って三河を取り戻したいと心に決めた。

果たして元康は信長側につくのか、義元側につくのか、それともこのまま何もせずにいるのか?

元康の選択が「桶狭間の戦い」の勝敗を分けることになりそう!?

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第20話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

駿河今川義元は再び尾張へ侵攻しようとしていて、成人した松平元康に戦の先鋒を任せることにした。

光秀はそのことを聞きつけて戦を回避するべく、帰蝶と信長に元康の母・於大の方と伯父の水野信元と接触させた。

於大の方は元康に手紙を書いてその手紙を元康に届けさせた。

大高城に行った菊丸は元康に手紙を渡して三河を取り戻すために今川義元を討つように懇願した。

いよいよ次回は「桶狭間の戦い」が始まり、光秀は戦に間に合うのか?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする