グッド・ドクター 8話ネタバレあらすじ 献身的に支える家族の苦悩

山崎賢人主演のドラマ『グッド・ドクター』第8話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

夏美は患者の陽翔とその家族の香織と翔太のことを心配していた。

陽翔のために引越しまでさせられて我慢していた翔太だったがついに我慢できずに陽翔に向かって怒鳴ってしまう…。

ドラマ『グッド・ドクター』第8話のあらすじ

新堂湊(山﨑賢人)は森下伊代(松風理咲)の恋のお手伝いをする。

伊代は滝川亮平(萩原利久)が好きだが恥ずかしくて声をかけることすらできずにいた。

湊には伊代の気持ちがわからずにいた。

病と闘いながらも入院生活を少しでも楽しく過ごそうとする子どもたちがいる。

その一方で、深刻な問題に直面する子どももいた。

瀬戸夏美(上野樹里)は患者の早見陽翔(鳥越壮真)と母、香織(酒井若菜)と長男の翔太(池田優斗)を心配していた。

香織は高山誠司(藤木直人)に陽翔を診てもらうため翔太を連れ、夫を残して東京へ来ている。

夏美は香織の看病疲れはもちろんだが、陽翔のために転校した翔太の環境変化も気にかけていた。

夏美と湊が回診に行くと、陽翔が次の日曜日に外出したいと願い出る。

湊が外出には高山の許可が必要だと説明していると、香織が階段から転落して運ばれて来たと連絡が入った。

病室に運ばれた香織は命に別状のあるような怪我はなかった。

だが、陽翔には今日は家の用事で行けなくなったと話して欲しいと夏美たちに頼んだ。

すると香織に付き添ってきた翔太が部屋を出て行く。

湊は翔太を追いかけ、陽翔の病室に案内しようとする。

しかし、翔太は湊の言葉を聞こうともせずに去ってしまった。

湊は翔太がなぜトゲトゲしくなっているのか理解出来ない。

その日、湊は帰り道に酔っ払ってクダを巻く男に出くわした。

それは間宮啓介(戸次重幸)て、間宮も翔太のようにトゲトゲしいと湊は感じていた。

ドラマ『グッド・ドクター』第8話のネタバレ

患者の早見陽翔(鳥越壮真)は夏休みに家族で過ごす映像をテレビで観ていて羨ましいがっていた。

それを見て母の香織は心配していた。

香織は陽翔の病気を治すために陽翔の兄・翔太を連れて病院の近くに引っ越した。

患者の陽翔とその家族のことを夏美は心配していた。

陽翔は夏美に外に出たいとお願いした。

ある日、香織が階段から落ちて大怪我を負った。

夏美は陽翔の外出許可を頼んだが高山は抗がん剤治療の後で感染症にかかりやすいから許可は出せないと話す。

仕事帰りに湊は酔っ払っている間宮に話しかけて間宮のまめだらけの手を見てこの手はたくさんの人を救ってきた手だと伝える。

香織は大怪我していることを陽翔に隠して陽翔に会いに行く。

夏美に外出してもいいと陽翔は聞くが外出許可が出なかった知り陽翔はわがままを言った。

それを見て翔太は感情が抑えられず、「お前のせいでどれだけ周りが迷惑してるかわかってるのか!」と陽翔に向かって怒鳴った。

怒った翔太を香織が追いかけると「俺のことなんかどうでもいいんだろ」と翔太は香織に言い病院を出て行く。

夏美は香織と話をして、陽翔の病気のことで頭がいっぱいで翔太のことまで気がまわらなかった自分を責めていた。

そのことを高山に話した夏美、その話を聞いた高山は病気を治せば患者もその家族も救われると夏美に話す。

夏美は出血などの自覚症状があればすぐにでも手術が必要だと高山から聞かされる。

そのとき、湊は陽翔がトイレで吐血しているのを見つけて急いで病室に運んだ。

腫瘍から出血していてすぐにでも腫瘍を全摘出しないと死んでしまうと湊は夏美に報告する。

湊は間宮のもとに駆けつけて陽翔の症状と似た患者の手術をした経験があることを香織に話して香織は間宮に陽翔を助けてくださいと頭を下げた。

小児外科に来た湊は翔太に電話して、陽翔が緊急手術をすることになったと伝える。

陽翔の手術が始まり腫瘍の摘出にとりかかる。

翔太は病院に駆けつけて手術が無事成功したと聞いてホッとしていた。

手術をした間宮に高山はお礼を言った。

夏美は湊に子どもの病気を治すだけじゃなく子どもの未来をより良いものにしてあげる手助けをすることも大事だと語る。

陽翔の病室に来た湊に翔太はあんなひどいことを言ったのに陽翔が死ぬかもしれないと考えて怖かったと話す。

湊は大事な人だから心配するんだと翔太に話し、陽翔が家族のことを心配していたと告げる。

それを知って翔太は陽翔の手を取り泣いていた。

湊は間宮から外出の許可をもらい病院の屋上で陽翔たちは花火を楽しんだ。

夏美から陽翔に花火を見せてあげたいと湊に話してそれに協力したと香織に話しもっと頼ってくださいと伝える。

一方、美智は改革案が可決される目前になって本当にこのままでいいのかと葛藤していた。

このことを司賀に報告した美智、司賀はあなただけのせいじゃないと美智を励ました。

その頃、伊代は亮平に食堂で話しかけられてドキドキしたと姉に話したとき伊代は突然倒れてそこに湊が駆けつける。

ドラマ『グッド・ドクター』第8話の感想

抗がん剤治療をしている陽翔は外に出たいという願いがあったが、高山は陽翔の外出許可を出さなかった。

病気の子どもを持つと大変だな、家族も辛いし本人も辛い…。

香織が陽翔にかかりきりなのを見て陽翔の兄の翔太は疎外感を感じていた。

弟を持つ兄からこの気持ちがわかるんじゃないかな、下の子どもを可愛がって上の子どもはどうしても我慢しなくちゃいけないから。

陽翔は腫瘍から出血してすぐにでも手術が必要だった。

腫瘍から出血するってよほどの一大事、陽翔の手術が成功してよかった!

陽翔があんなに外出したがってたのは病気になる前に家族と花火に行くと約束していて、自分が病気になって家族が寂しがっていると湊に話す。

子どもでも家族のことを思いやれる子なんだと思い涙が出そうになった。

陽翔が花火を見たいという願いを叶えるために湊に頼んで湊たちは翔太と陽翔の願いを叶える。

家族と楽しく過ごしてこの調子で病気も治るといいな♬

伊代の恋が加速し始めた途端、倒れて伊代はどうなっちゃうんだろう?

まとめ

ドラマ『グッド・ドクター』第8話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

夏美は患者の陽翔のことを気にかけていて陽翔から外出したいとお願いされた。

しかし、外出許可は出ず陽翔がわがままを言うと陽翔の兄・翔太が怒り兄弟喧嘩をしてしまう。

そして、陽翔が吐血して湊は間宮に陽翔の手術をしてほしいと頼む。

手術は無事に成功して、湊は翔太からのお願いを叶えるために間宮から外出許可をもらう。

陽翔たちは病院の屋上で花火を楽しみ、家族は幸せになる。

一方の美智は改革案が可決される目前になり罪悪感を感じていた。

そんなとき、伊代が突然倒れて湊は伊代に心配そうに駆け寄る。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする