エール 44話ネタバレあらすじ ついに作曲家デビューする裕一

窪田正孝&二階堂ふみ主演の朝ドラ『エール』第44話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

記念公演の最終選考が迫る中で、音はカフェーで出会った希穂子と鉄男が複雑な事情を抱えていることを知ることになる。

鉄男と希穂子の関係は修復するのかーー!?

朝ドラ『エール』第44話のあらすじ

音(二階堂ふみ)の記念公演の最終選考まであとわずかと迫った。

選考に向けて必死に練習する時期に、音がカフェーで働いたり、結婚もしていることをはじめて知って、千鶴子(小南満佑子)は「私のすべてをかけて、プリマドンナを勝ち取って見せる」と宣言する。

一方、鉄男(中村蒼)は再会した希穂子(入山法子)をたずねてカフェーにやってくる。

ちゃんと話がしたいと話す鉄男に、希穂子は冷たい態度をとる。

朝ドラ『エール』第44話のネタバレ

音は家で鉄男が酔って暴れて大変だったと友人に話していた。

カフェーの女給も今日で最後だと音は友人に話すと千鶴子は音を睨んでいた。

最終選考まで迫ってきてるのに音が女給の仕事をしているのが我慢ならない千鶴子。

千鶴子は音楽のためにすべてを捧げてきたのに音は結婚も友人も何でも欲しがる強欲な人だと音に告げる。

最後選考のときに自分のすべてを賭けてヴィオレッタを勝ち取って見せると音に宣言した。

一方、喫茶「バンブー」で裕一は鉄男と話していてコロンブスレコードで地方小唄の作曲依頼があったけどそれが流れた話をした。

音は吟に「私は強欲な女なの?」と尋ねると吟は今頃気づいたと言って笑っていた。

人間は強欲でナンボだと吟は音に話して音が買った口紅を取り合っていた。

カフェー「パピヨン」に来た音はママから見込みあると言われて驚いた。

その時、鉄男が希穂子を訪ねにカフェー押しかけてきて希穂子に話がしたいと言った。

しかし、希穂子は鉄男のことが重荷になったと告げ別れを切り出し鉄男は諦めて帰っていった。

希穂子と鉄男を見て音は男女の機微を実感していた。

裕一は鉄男と久志を家に呼んで福島の幼なじみ3人は酒を酌み交わしていた。

自分で作詞した「福島行進曲」を裕一と久志に見せる鉄男。

裕一がその歌詞を見て感動し、「紺碧の空」のときに歌詞に共感することが大事だと実感し、鉄男の作詞した歌詞にもグッときたと話す。

裕一は福島を捨ててきたけどこの曲でもう一度福島を見つめ直したいと告げる。

裕一は鉄男にこの詩に曲をつけさせてほしいと頼んで鉄男も快く了承した。

自分の書斎で鉄男の作詞した詩の作曲を始めた裕一。

それを廿日市に見せに行き、廿日市からようやくOKの返事が出た。

裕一は初めてレコードを出せることになった。

だが、さすがに無名の学生をレコーディングに参加させるわけにはいかず、結局裕一と鉄男の作った曲は女性歌手が歌うことになった。

「福島行進曲」のレコーディングが始まり、裕一が指揮を務めた。

上京して2年、裕一は「福島行進曲」で作曲家デビューを果たした。

朝ドラ『エール』第44話の感想

音がカフェーの女給として働いているのを知って千鶴子は自分がどれだけの犠牲を払って練習を積んできたのかを音に話す。

最終選考で自分のすべてをぶつけて勝つと音に宣言した。

千鶴子は明らかに音にライバル心を燃やしてるな、負けるな音!

久しぶりに姉の吟と会って音はじふが強欲なのかと吟に尋ねる。

すると吟は「今頃気づいたの?」と音に聞き返し、強欲なのが音のいいところだと励ました。

小さい頃から一緒にいるからわかるんだね💓

鉄男がカフェーに来て希穂子と話がしたいと言うけど希穂子は鉄男のことが重荷になったと鉄男に別れを告げる。

このシーンを見てると「椿姫」と重なるんだよな。

これが希穂子の本心なのかそれとも心ない言葉なのかはわからない(´・ω・`)

一方、鉄男が書いた「福島行進曲」に裕一が作曲して、その曲がようやく廿日市に採用された。

初めて裕一はレコードを出すことができてレコーディングには廿日市が連れてきた女性歌手を起用して裕一は作曲家デビューを果たした。

福島の幼なじみ3人で曲を作りたかっただろうけど久志はまだ無名の学生だからプロになるにはまだ早いってことか。

いつか裕一と鉄男、久志の3人で音楽を作れればいいねヽ(*^ω^*)ノ

まとめ

朝ドラ『エール』第44話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

選考に向けて必死に練習しているはずの時期なのに音がカフェーで働いているのを聞いて千鶴子は「私のすべてをかけてヴィオレッタを勝ち取ってみせる!」と宣言した。

その一方で、鉄男は再会した希穂子を訪ねにカフェーにやってきたが希穂子は鉄男を冷たくあしらう。

裕一の家で鉄男と久志が来て久しぶりに幼なじみ3人で酒を酌み交わしている時に鉄男が「福島行進曲
」の詩を裕一に見せる。

それを見た裕一は心を動かされてその詩を作曲してレコードを出せることになり作曲家デビューをした。

第45話では、喫茶「バンブー」でレコード発売のお祝いパーティが開かれることになり、音はカフェーに来て希穂子に鉄男のお祝いしに来て欲しいと頼んだが…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする