逃げるは恥だが役に立つ 特別編・2話ネタバレあらすじ 強敵沼田!

新垣結衣&星野源主演のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

みくりと平匡は契約結婚をしたが雇用関係を続けるためには結婚式は避けたいところだが、家族にどうやって結婚式をしないことを話すべきか悩んでいた。

そのためみくりと平匡はお互いの家族を呼んで顔合わせをして結婚式をしないことを宣言したが…。

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第2話のあらすじ

森山みくり (新垣結衣)は晴れて、専業主婦として “就職” することになった。

雇用主である夫・津崎平匡 (星野源) との “契約結婚” が周囲にバレないようにするためには、細心の注意を払って事実婚のことを隠し通さなければならない。

ただの雇用関係のため、披露宴や挙式を避けたい2人だが、早速 「結婚式を挙げないことを周囲にどう説明するか」 という問題が浮上した。

みくり達は、双方の親族の説得を試みる。

そのために、突然の結婚宣言に不信感を抱いているみくりの伯母の土屋百合 (石田ゆり子) 。

それと、みくりの父・森山栃男 (宇梶剛士)、母・桜 (富田靖子) 。

そして、津崎の父・津崎宗八 (モロ師岡)、母・知佳 (高橋ひとみ) らを集め、両家の顔合わせを行う。

百合や両親の反応を受けて、「結婚」 ということの重さを改めて知ったみくり。     

そんなみくりに対し津崎は、嘘だとしても 「結婚」 することにより両親を安心させることができたと言った。

“逃げるは恥だが役に立つ” ということわざの意味をみくりに語る。

初めての共同作業として最初の課題を乗り越え、2人の距離は、ほんの少し近づいたかのように思われた。

しかし、雇用主と従業員としての距離を保ち、これ以上互いに踏み入ってはいけないという葛藤も抱きながら一つ屋根の下に眠る2人であった。

そんな中、みくりに送り出され会社に向かった津崎は、後輩の風見涼太 (大谷亮平)、同僚の沼田頼綱 (古田新太)、日野秀司 (藤井隆) らに、「新婚生活」 についての質問攻めに合う。 

勘の鋭い沼田から、結婚したのにも関わらず 「恋するオーラ」 が無いと言われ、戸惑いを隠せない津崎。

早くも窮地に立たされ、勢いで、津崎家に興味津々の日野を家に招くと約束をしてしまい ーー!?

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第2話のネタバレ

みくりと平匡は従業員と雇用主の関係でありビジネスパートナー。

籍を入れない事実婚を決めた2人だが、この生活を実現するためにはお互いの両親に結婚式をしないと説得しなければならない。

みくりと平匡はお互いの家族の顔合わせをしてみんなの前で披露宴はしないと宣言した。

大々的に結婚式をするよりも2人の暮らしを大切にしたいと話す。

その話を聞いてみくりの叔母・百合は2人が決めたことならそれでいいとみんなに言いみんなもそれで納得した。

でも、栃男はみくりとバージンロードを歩きたかったと言いみくりたち家族は抱き合った。

一方、平匡は父親の宗八から結婚するということは責任を背負うということだと言われ“結婚”という言葉の重みを実感した。

みくりと平匡は夜の道を歩き、嘘でも両親を安心させられてよかったと平匡はみくりに話す。

その言葉を聞いてみくりも安心して嘘をつくのに付き合わせて平匡に対して罪悪感を感じていたらからだ。

みくりは家族に嘘をつくのは後ろめたいと言うと、平匡はハンガリーの諺「逃げるは恥だが役に立つ」をみくりに教える。

たとえ無様に逃げても生き残ればそれでいいと平匡は語りみくりも平匡の言葉に救われた。

2人は平匡の家に帰り初めてひとつ屋根の下で寝た。

平匡が人の意に沿わないことは決してしないと信じていたから寝られて、平匡もみくりのことを少し変わった女性だと思った。

みくりに送り出されて会社に行った平匡は風見から新婚生活はどうかと尋ねられる。

そう尋ねられても大した受け答えはできず、同僚の沼田と日野に平匡の妻が本当に実在するのかと怪しんでいた。

新婚生活を質問攻めにされて仕方なく平匡は日野の家族を成り行きで家に招くことになった。

平匡はみくりを従業員として雇ったことで自分の好きな時間が使えてとても充実していた。

約束の土曜になり平匡は約束の場所に来たが日野は具合が悪くなり代わりに沼田と風見がやってくる。

平匡は家までの地図を2人にメールして先に家に行きみくりにこのことを伝える。

しかし、沼田と風見が思ったより早く家に到着する。

平匡は一緒に寝ていないことがバレたら疑われると思い寝室を2人に見せないことに決めた。

風見と沼田が平匡の家にあがり沼田が早速寝室を見ようとするとみくりが必死に止めた。

沼田がクックパッドにレシピを投稿していると知りみくりと意気投合した。

みんなで夕食を食べてみくりは食後に沼田に教えてもらったフレンチトーストを作った。

みくりと話が合いメリットのある相手としか結婚しないと風見が言った時みくりが共感して風見はみくりが気に入った。

その後、大雨洪水警報が出て電車も止まり沼田と風見が平匡の家に泊まることをなった。

みくりと平匡は慌てて一緒に寝るかどうか話し合った。

結局、平匡は風見と沼田と一緒に寝て、みくりは平匡のベッドで寝ることになった。

風見と沼田が帰り、みくりが前の晩寝られなかったことを平匡に話す。

平匡はどんなことでもいいから言ってほしいとみくりに言うが、みくりは平匡には何も言わなかった。

バーで飲んでいた沼田と風見、帰りがけに沼田が平匡の寝室を覗くとシングルベッドがありみくりと平匡が本当に夫婦なのかと沼田は疑問に思っていた。

その頃、みくりと平匡は別々の部屋で寝て、みくりは平匡の匂いが気になって眠れなかったことを平匡に言えずにいた。

平匡もベッドからみくりの匂いがしてドキドキして一向に眠れずにいた。

みくりは平匡のベッドカバーとシーツを洗うのをうっかり忘れていて、平匡はみくりの匂いと葛藤して脂汗をかいていたーー。

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第2話の感想

契約結婚の最初の障壁は家族だな、結婚式をしないことをどう説明したらいいのか。

みくりと平匡の家族が顔を合わせて結婚式をしないことを宣言した。

百合のアシストもありなんとか結婚式をしないことで家族は納得してよかったけど、まだまだ困難がありそう(・ω・`)

「逃げるは恥だが役に立つ」という諺はどんなに無様に逃げても生き残ればそれでいいという意味だけどみくりと平匡にとっては嘘で逃げても生活のためには仕方ないという言葉の党だ。

一方、会社で沼田は平匡の妻が本当に実在するのかと怪しんでいて沼田が平匡の家に行くことになった。

平匡は沼田に嘘がバレないように寝室を見せないように努力したが結局沼田に寝室を見られてしまった。

沼田完全に怪しんでたよね、早くもみくりと平匡の契約結婚がバレてしまうのか❗️

みくりと平匡は沼田と風見のお泊まり襲撃をなんとか突破して別々の部屋で寝ることにした。

ところが、平匡のベッドにみくりの匂いがついてしまって平匡はみくりと添い寝しているようで落ち着かない様子。

みくりも寝る時に平匡の匂いを嗅いで眠れなかったから本当はお互いに意識してるってことか♬

みくりと平匡のドキドキシーンを見て見ている僕もドキドキしちゃった💗

まとめ

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第2話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

みくりと平匡は契約結婚の最初の障壁として家族に結婚式をしないことを説明しないといけない。

もちろん家族からはどうして結婚式をしないのかと突っ込まれたけど百合のアシストもあってなんとか結婚式をしないことを家族は納得した。

次の障害は沼田で、彼はゲイで男の気持ちも女の気持ちもわかるから妙に勘が鋭い。

平匡は沼田に契約結婚を隠すために寝室を彼に見せないようにしたが沼田は帰る時に寝室を見てシングルベッドなのを見てみくりと平匡が本当に夫婦なのか疑っていた。

そして、みくりと平匡はベッドについたお互いの匂いが気になって夜眠れずにいた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする