はね駒 55話あらすじネタバレ りんときわ、彌七の無事を祈る

斉藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第55話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

女学校本科卒業を間近に控えてりんは日曜学校で子どもたちに英語の授業をしていた。

授業が終わって小料理屋のおかみ・きわが戦地にいる彌七が無事に帰るのを祈りに来た。

りんはきわの彌七への一途な愛に気づき心動かされて…。

朝ドラ『はね駒』第55話のあらすじ

明治24年(1895)、りん(斉藤由貴)は19歳になった。

女学校本科卒業を目前に控え、りんは教会の日曜学校で子どもたちを教える。

小料理屋のおかみ・きわ(永島暎子)が日曜学校後の教会に訪ねてきた。

臨時の軍属として日清戦争の戦地で働くりんの叔父・彌七の無事を祈るためだった。

りんはきわの彌七への一途な思いに、心打たれる。

その後きわは、彌七の留守中にいきいきと働く小野寺源造(渡辺謙)と言い争いになってしまったーー。

朝ドラ『はね駒』第55話のネタバレ

明治二十八年の二月、りんは19歳になり日曜学校で子どもたちに教えていた。

英語の授業で、りんは猫の絵を描いたが子どもたちはそれが猫だとわからずそのときねずみが教室にいてみんな大慌て。

猫の絵を指差して「ねずみ」と思わず言ってしまって子どもたちは笑っていた。
 
教会で節子は婚約者の無事を祈っていて、りんも戦地にいる彌七のことが心配だった。

きわも教会に来て神様に彌七の無事を祈って無事を祈った。

一方、源造は軍人に取引の話をして必ず納品すると約束した。

源造の店にきわとりんがやってきて軍人から取引がきて忙しい。

源造が商売の話ばかりして彌七のことを何も話さないのできわは彌七から手紙が来てないか確認するためにここに来たんだと源造に怒る。

源造の態度にきわは怒りかえろうとするとりんが止めた。

源造は彌七が帰ってきても大丈夫なように店を守ってるんだときわに訴えてきわからそういうふうに思われていることにショックを受ける。

きわも頭に血がのぼったことを反省して源造は彌七が帰ってきたら一緒にならないのかときわに尋ねる。

きわは照れてお茶断ちしていたのにうっかり飲んでしまって慌てて水で清めようとした。

きわが彌七に惚れていることをりんは知り節子も婚約者のことが好きだと感じる。

自分は好きな人がいないがまずは先生になることが肝心だとりんはそう考えていた。

朝ドラ『はね駒』第55話の感想

19歳になったりんは女学校卒業を間近に控えて日曜学校で子どもたちに英語を教えていた。

それにしてもりんの描いたねこの絵はひどいな、子どもたちにいじられてたね(^ν^)

節子が戦地へ行った婚約者の無事を祈っていて、そのあとにきわが彌七の無事を祈りにきた。

りんも彌七のことを心配してたけどそれ以上にきわは心配してる。

これが愛というやつか…。

彌七が留守の店で源造は軍隊に納品する加工食品の仕入れで忙しくしていた。

加工食品は保存食になるから軍隊もそれが必要になるわけか。

彌七と源造うまいところに目をつけたな(*´∀`*)

源造が商売の話ばかりして彌七のことを話さないから怒ってきわが帰ろうとしちゃった。

彌七がいつ帰ってきてもいいように店を守っていきたいというのが源造の考えだから源造も悪気があってしたわけじゃないから。

きわも彌七のことがそこまで好きだとは知らなかった。

どれだけ惚れてるのかがわかるな💖

りんはきわの彌七への一途な想いに胸を打たれて自分にはそんな相手がいなくてむなしさを感じてる。

先生になるのが夢だから今は恋愛している場合じゃないと自分を納得させて先生になるための勉強に励むことにしたりん。

りんの頑張りが報われるといいけど♪(v^_^)v

まとめ

朝ドラ『はね駒』第55話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

りんは19歳になって女学校本科卒業を目前にしていた。

日曜学校で子どもたちに英語を教えて、教会にやってきたのはきわだった。

きわは彌七が無事に戦争から帰ってくるようにと祈りにきた。

帰りにりんときわは彌七の店に行って源造が懸命に働く。

源造が商売の話ばかりするのを聞いてきわは彌七よりも商事のことが大事なのかと怒る。

源造は彌七が戻ってくるまでに店を大きくしたいという希望がありそれを聞いてきわもりんも安心した。

きわの彌七への一途な思いに心を動かされたりん。

でも、りんは先生になることで頭がいっぱいで恋愛をしている暇はなかった。

第56話では、りんの憧れの先輩である二宮しづの恩師・滝村先生が亡くなるというニュースを聞いてりんはしづのことが心配になっていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする