ノーサイド・ゲーム特別編・最終夜ネタバレあらすじ 優勝なるか!

大泉洋主演のドラマ『ノーサイド・ゲーム』特別編・最終夜のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

カザマ商事の買収が会議で決定されるという直前になり君嶋はカザマ商事の不正の証拠を突きつけて滝川を失脚させた。

その後、経営戦略室の脇坂が常務に昇進したが脇坂から君嶋に衝撃の内容が伝えられるーー!?

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』特別編・最終夜のあらすじ

滝川を中心とするカザマ商事買収に関する会議が開かれる。

経営戦略室の脇坂は会議メンバーではない君嶋を呼んで、ある資料を用意させた。

一方で、今度こそ優勝を目指すアストロズは七尾がレギュラーに入り控えに回った浜畑が控え組をまとめて戦力を底上げした。

そんななかで、アストロズはサイクロンズと三つ巴の優勝争いをする「ブレイブス」と対戦する。

カザマ商事買収の一件を収束させた脇坂は功績が買われて常務に昇進した。

君嶋に態度を一変させてラグビー部をはいふにすると言い出したのだ!

果たして君嶋とアストロズはこのピンチを乗り越えることができるのかーー!?

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』特別編・最終夜のネタバレ

君嶋はプラチナリーグの決勝戦で浜畑に選手を引退すると宣言されてそれでも懸命に闘うアストロズのみんなを見て胸を打つ。

カザマ商事買収のプロジェクト会議で君嶋は2年前に起きたタンカー座礁事故のことを会議の席で話した。

その事故はカザマ商事のバンカーオイルに問題があったとの疑惑があり第三者に調査を依頼した。

しかし、調査をした森下教授がカザマ商事の社長・風間にデータの偽造を依頼したのだと君嶋は話す。

その証拠として君嶋は3億円を渡した青野の証言記録と3億円を受け取った証拠となる受領書を提出した。

滝川は君嶋に激怒してトキワ自動車の社長・島本がカザマ商事への再調査を命じた。

家に帰りこのことを話すと真希は喜んでいたが君嶋は滝川の面子を潰して後味のいいものではなかった。

この一件で滝川は子会社へ出向になり脇坂がこの功績を買われて常務に昇進した。

証拠を提出した君嶋は本社には戻れなかったがアストロズの応援に全力を尽くすと決めた。

順調に見えたアストロズだったが七尾には弱点があった。

ブレイブスとサイクロンズの連戦は厳しい闘いになると柴門は覚悟していた。

君嶋は常務になった脇坂に話をしに行くが脇坂から突然ラグビー部を廃部にすると告げられる。

蹴球協会は変わらずにふんぞり帰っている連中に貢ぐのは予算の無駄だと君嶋に話す。

君嶋は大事な試合が控えている時に選手たちを動揺させたくないと思い黙っていたが浜畑は君嶋が悩んでいるのに気づき話してくださいと君嶋に言う。

予算を縮小するという議題を脇坂が会議で提出することを選手たちに打ち明けて浜畑はこんな危機何度も乗り越えてきたでしょと君嶋に告げる。

頼もしくなった選手たちに君嶋は必ずプラチナリーグで優勝するぞと鼓舞した。

柴門はスタメンで七尾を外して代わりに浜畑を選んだ。

対ブレイブス戦が始まり浜畑は猛然とタックルを仕掛けて一進一退の攻防を見せた。

柴門は七尾がニュージーランドにいた時に膝の靭帯を損傷する怪我をしてそれ以来トラウマでラックに入ることができなくなったから七尾を外したと君嶋に伝える。

その時、浜畑がラックに入り膝を負傷してしまう。

それでも浜畑は勝つために足が壊れる覚悟で相手選手に向かっていきアストロズのチームは勝利した。

試合会場で君嶋が見かけたのは何と滝川だった。

滝川は自分でチケットを買い君嶋にいい試合だったと伝える。

脇坂がラグビー部を潰そうとしていると聞き新たな敵が現れたと滝川は君嶋に話す。

君嶋は滝川の言うことは厳しくはあったが正しく常にフェアだったと滝川に告げる。

すると滝川は大学時代のことを話し、風間に小馬鹿にされていつか復讐してやろうと考え会社を手に入れようとした。

そして、滝川は風間の口座記録のことわ君嶋に話すと君嶋は風間の口座記録までは調べてないと伝える。

その話を聞いて滝川は脇坂の仕業たと君嶋に言いまだ知らないことがあるようだと君嶋に言う。

君嶋を経営戦略室から外したのも脇坂で君嶋の試合はまだ終わったわけじゃなかった。

日本蹴球協会に行ったが専務理事の木戸とはいまだに会えずにいた。

サイクロンズ戦の試合が控えていて、グラウンドに何やら怪しい男がいた。

君嶋はブルズのGMである赤木一輝に会いアストロズのように地域に愛されるチームにしたいと話す。

日本蹴球協会の専務理事室を訪れた君嶋はプラチナリーグ改善提案を持っていったがその部屋で木戸は会長の富永に改善案を渡したが捨てられているのを目撃。

君嶋は木戸と話をして協会の改革にはあなたの力が必要だと訴えた。

一方、君嶋は風間と脇坂が高校の同級生であることを突き止めて滝川に報告する。

ラグビーのグラウンドで寝そべっていた君嶋はアストロズの選手たちに話しかけられ、お互いに全力を尽くして闘うと誓う。

取締役会が始まり脇坂は予算の縮小を会場で提案した。

君嶋はアストロズが地域のファンを確立して集客も上げて地元の根強いファンのおかげで予算でははかれないものが生まれていると訴えた。

しかし、富永会長が退任でもしない限り予算が大きく変わることはないと言い放つ。

そのとき、木戸から連絡が入り富永会長の退任が決まったとの報告があったと君嶋は話した。

アストロズの予算削減は白紙になり君嶋は最終議案を島本に提出していた。

君嶋は脇坂がカザマ商事の不正を隠蔽することを風間に持ちかけてデータの偽造を森下教授に頼みその不正を会議の場で暴くことで常務に昇進した。

脇坂は滝川を失脚させて常務に昇進するために風間のことを利用した。

そのことを君嶋と滝川が風間に話し風間は脇坂に裏切られたと知りすべてを話すことを決意した。

これにより脇坂はトキワ自動車から追放されて君嶋はアストロズとトキワ自動車を守った。

そして、絶対に負けられないもう一つの闘いであるサイクロンズ戦を控え君嶋とアストロズは燃えていた。

君嶋はラグビーが大嫌いだったがアストロズに出会えて人生の大切さを学んだと選手たちの前で語る。

「優勝だっ!」と君嶋は叫びみんなも叫び、興奮するなかでプラチナリーグ決勝戦が始まる。

七尾がラックを克服できるか柴門は不安だったが君嶋は七尾が必ずやってくれると信じていた。

サイクロンズに移籍した里村を津田が攻撃のカードにしてサイクロンズは先取点を取る。

その後、試合のなかで七尾はラックを克服して急成長を見せた。

しかし、七尾はサイクロンズの選手に徹底マークされて攻撃パターンもすべて読まれていた。

津田は浜畑が試合に出ていればもう少し前に立て直して結果はもっと違ったものになっただろうと鍵原に言い「実際俺がほしかったのは里村じゃなく奴だった」と話す。

アストロズで考案したノールックパスを里村が仕掛けてトライを決められてしまう。

点差が開いて前半戦が終了して、柴門は浜畑を後半戦に加えた。

後半戦が始まる直前君嶋は怪我が治ったのかと浜畑に尋ねる。

浜畑は完全には治っていないと君嶋に言い「俺の選手生命はここで終わりです」と告げる。

「あなたと会えてよかった」と浜畑は君嶋に伝え、君嶋は浜畑に抱きつく。

後半戦で、浜畑と七尾でダブルスタンドオフを実行して津田は驚いた。

ダブルスタンドオフでサイクロンズが混乱しているのは明らかだった。

七尾と浜畑の連携により2トライ圏内にまて点差を縮める。

そして、浜畑にサイクロンズの選手を集めてその隙に浜畑が岸和田にパスをして見事トライを決めた。

しかし、その手はサイクロンズに通用しなくなり再びトライを決められる。

島本はアストロズの選手を応援しているのにいつの間にか彼らに応援されているようだと君嶋に話す。

君嶋もアストロズの選手に背中を押されてここまで来たと話し島本と君嶋はアストロズを全力で応援した。

アストロズとサイクロンズは一進一退の攻防を見せていよいよノーサイドまであと1トライのホイッスルが鳴る。

浜畑は足が折れながらも七尾にパスをつなぎ七尾は見事トライを決めて試合はアストロズが勝利を収める。

会場は大歓声に包まれ君嶋たちは歓喜に沸いた。

津田は「いいチームを育てたな」と柴門に言い柴門は「またいい試合をしましょう!」と言い2人は握手をした。

その後、君嶋は本社に戻り経営戦略室長になり部長としてアストロズを支えていくことになった。

浜畑は引退してGMになり君嶋を尊敬して柴門と意見をぶつけ合っていた。

ラグビーグラウンドに滝川がやってきてノーサイドの精神が世界に浸透すればもっとより良い世界になると君嶋は滝川に話す。

ノーサイドの精神を伝えるには日本が世界に負けない強豪国になるしかないと滝川は君嶋に言いそれがお前の使命なのかもしれないと告げる。

君嶋はこれからもラグビーを支えていくと心に決めて博人のチームを全力で応援した。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』特別編・最終夜の感想

滝川がカザマ商事買収をしようとしていたところを君嶋がカザマ商事の不正を会議の席で暴露して滝川は失脚した。

滝川の激怒した顔がすごくて迫力があったな!

常務に昇進した脇坂だけど君嶋に対して突然態度を翻してラグビー部を廃部にすると言い出した。

脇坂がラグビー部に対していらない存在と考えていたとは、君嶋にとっては裏切られた気分だろ…。

予算が縮小されると知り君嶋は日本蹴球協会を訪れて木戸に改革を訴えた。

木戸も今の日本蹴球協会の独裁制度に問題があると感じてたんだな(^ν^)

木戸が富永の退任を取締役会で議題にあげて見事富永を退任させる。

君嶋が粘り強く訴えたから為せたことだな💓

そして、脇坂が昇進するためにカザマ商事の不正と風間を利用して滝川を失脚させた。

野心の強い男の脇坂だけど君嶋の会社とアストロズを想う気持ちには勝てなかったということかな♪(v^_^)v

サイクロンズ戦でアストロズは激戦を繰り広げて浜畑は選手生命をかけてアストロズを勝利に導いた。

試合が終わった後に津田と柴門がお互いの健闘を称えて握手をするシーンに感動した。

君嶋と滝川が日本のラグビーの行く末を語り合って日本の”ノーサイド”つまりはフェアプレイの精神がもっと世界に浸透すれば世界がもっとより良いものになると語り合うシーンに僕も共感した。

まとめ

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』特別編・最終夜のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

トキワ自動車の本社で滝川はカザマ商事買収に関する会議が開かれて君嶋はカザマ商事の不正を暴いてその結果滝川は失脚した。

そんな中で、七尾がレギュラーになりブレイブスと激戦を繰り広げた。

滝川を失脚させた脇坂は常務に昇進したが突然君嶋にラグビー部を廃部にすると宣言される。

君嶋は脇坂がカザマ商事の不正を出世の道具にして風間を裏切ったことで風間に裏切られて風間は脇坂の不正を暴露した。

サイクロンズ戦の試合が始まりアストロズは一進一退の攻防を見せて浜畑と七尾の活躍によりアストロズは大勝利を収めた。

その後、君嶋は本社に戻ってこれからもアストロズとらぶビーを応援していくと決意した。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする