野ブタ。をプロデュース 7話ネタバレあらすじ 寂しい人間と気づく修二

亀梨和也&山下智久W主演のドラマ『野ブタ。をプロデュース』のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

信子への思いを修二に打ち明けた彰は信子とともに放送部に入部した。

そして、信子は放送コンクールで映像を出すことになり修二と彰と一緒に街に繰り出して映像を撮りにいくが…。

ドラマ『野ブタ。をプロデュース』第7話のあらすじ

修二(亀梨和也)に信子(堀北真希)への思いを打ち明ける彰(山下智久)。

そんな中で、信子はカスミ(柊瑠美)に放送部への入部を勧められて修二らに相談した。

入部を決意した信子は急きょ、放送コンクールで“私のまち”と題した映像を作ることになった。

一方、3人の様子に気付き始めたまり子(戸田恵梨香)は、修二の自分に対する気持ちを確かめたくなっていたーー。

ドラマ『野ブタ。をプロデュース』第7話のネタバレ

修二は「彰の心の中が俺の想像を超えていた」と心の中で呟いていた。

教室に来た修二はいつものようにクラスメイトと騒いでいて彰と信子は修二からプロデュースをやめると言われた時のことを思い出す。

もう3人で何かすることはないと修二は感じて、「野ブタのプロデュース作戦」はこれにて終了と修二は心に決めた。

彰と信子は放送部の部室に来てクラスメイトと帰る修二を彰は寂しそうに見ていた。

みんなでカラオケに来た修二だったがこんなにカラオケってつまんなかったっけと思い始めた。

信子はリポーターに選ばれて彰は助監督に選ばれたいと思っていた。

修二の家ではメロンを巡って家族が駄々をこねて一番うまかった人が食べられるというルールを決めた。

父の悟は修二が幼いころとても聞き分けのいい子供だったと聞き修二は自分の部屋で自分の気持ちを吐露した。

一方、信子はリポーターになって蕎麦屋の取材に赴く。

その様子が学校で放送されて信子の動きが可愛いとみんなではしゃいでいた。

そのとき、まり子が教室に現れてまり子は修二に何か言いたそうにしていた。

修二は放送室の前の廊下で放送室の方を見ていて、彰は信子に勇気を出して話しかける。

修二が放送室に顔を出して蕎麦屋の取材の放送を見てクラスメイトが拍手していたと伝えに来た。

信子は放送コンクールのことを修二に話し、今度映像を撮りに行こうと修二は信子に提案した。

映像を撮りにきた修二たちはデルフィーヌと会い彼が秋のセミに喝を入れていた。

街中を散策して映像を撮りに行った3人は、それぞれに思う通りの映像を撮りに行った。

修二はまり子から石坂という先輩に告白されたことを伝えられて付き合っていることを周りに隠すのはおかしいとまり子は修二に訴えて去っていった。

コンクールに出す映像を撮っていると知り周りから「撮って!」と要求される修二。

彰の下宿先の豆腐屋で、修二たちはお互いの映像を見ていた。

修二の映像を見た信子は面白いと話して、彰はそれを聞いて嫉妬した。

放送室で修二の映像を見ていた信子は修二が嘘も何もつかず人が好きなんだと彰に言った。

その話を聞いて彰は修二の撮った映像をゴミ箱に捨てようとした。

それを目撃した信子は思わず彰を殴ってしまい鼻血が出てしまう。

慌てた信子は急いで修二を呼びにいき放送室の床に倒れていた彰。

彰は心が痛いと修二に言い信子の編集した「ビデオを捨てようとした俺は最悪だ」と話す。

彰の言葉を聞いた修二は「こんなことで信子がお前のこと嫌いになるわけないだろ」と彰を励ました。

信子は殴ったことを彰に謝って彰はもし結婚するならこんなふうに女の子を泣かしちゃう日がくるのかなと信子に告げる。

放送室では信子の編集した映像を見て放送部のみんなが信子の映像でコンクールに出すことを賛成した。

修二、彰、信子はそれぞれ別れて帰って信子は寂しそうに帰っていく。

そんななか、夜の学校にある女子生徒が放送室に忍び込んで信子のビデオを見つけてテープを切り裂いていた。

翌朝、信子が放送室に急ぐとテープが切り裂かれたビデオが発見された。

屋上で信子は切り裂かれたビデオを握りしめていて、彰は切羽詰まった人間だからできるんだと信子と修二に話す。

階段の踊り場で彰は信子のことを諦めると修二に告げ女の子を泣かせた自分には信子を好きになる資格はないと伝える。

学校が休みの日に修二と彰は学校に来て彰は放送室に行き信子に告白した。

そして、修二は偶然まり子と会い彼女を呼び止めた。

今まで人を好きになったことはなくまり子のことも好きになったことは一度もないと自分の気持ちを正直に話す。

周りのみんなに良く思われたくてまり子と付き合っているふりをしていたと修二はまり子に言う。

まり子は「私のことを好きになる可能性は?」と修二に尋ね、修二は躊躇いながらも「ない…」とはっきり告げた。

修二の本当の気持ちを知ったまり子は泣きながら去っていく。

公園に1人でいる修二に信子は話しかけてまり子にひどいことを言ったことを後悔していた。

まり子に嫌われることを恐れて人に嫌われるのは嫌だと呟く。

すると、信子は修二に抱きつき「大丈夫、誰にも嫌いになったりしないから」と耳元で囁いた。

我にかえって信子は逃げるように去っていった。

そのころ、彰は信子の編集したビデオを修復して信子の映像を見てため息をついていた。

修二は信子に抱きしめられて初めて寂しい人間だと感じていたーー。

ドラマ『野ブタ。をプロデュース』第7話の感想

信子は友達のかすみに誘われて放送部に入部して彼女のことが好きな彰は信子についていく。

一方の修二は信子のプロデュース作戦をやめてから日々寂しさを感じていた。

信子と彰といるときが一番自分を解放できる居場所だったんだな(^ν^)

放送部の取材で信子はリポーターを務めてその映像がクラスメイトから好評だった。

信子がいつの間にか人気者になってびっくりした❗️

放送部で放送コンクールに映像を出すことになり修二たちはそのための映像を撮りにいく。

そして、修二の撮った映像を信子が気に入り映像を編集した。

それを見ていた彰が嫉妬して修二の映像が入ったビデオをゴミ箱に捨てようとした。

好きな女の子が夢中になって編集してれば誰だって嫉妬しちゃうよな(`・ω・´)

それを目撃した信子が彰を殴って彰は傷つく。

友達の修二が撮った映像を捨てようとしたことも信子が編集したビデオを捨てようとしたことも彰にとっては嫌だったに違いない。

そして、ずっと信子をいじめていた犯人が今回は信子の編集したビデオをめちゃくちゃにした。

本当ひどいことするな、犯人は一体誰なんだ!

誰もいない学校でまり子は修二から好きになったことは一度もないと言われて傷ついていた。

まり子にひどいことを言って修二は傷ついていたな、でも気持ちをぶつけないとわかり合えないから…。

信子に抱きしめられた修二は初めて寂しい人間だと感じたと言ってたけど、自分ではなかなかそういうことに気づけないものだから(´・∀・`)

まとめ

ドラマ『野ブタ。をプロデュース』の第7話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

彰は修二に信子への思いを話して、信子は友達のかすみに誘われて放送部に入部した。

そして、修二に放送コンクールで映像を出すことになりその相談をした信子。

修二の撮った映像を気に入った信子は修二の映像を編集したが、彰は修二に嫉妬して編集したビデオを捨てようとした。

自分がそんなことをしてしまって自分を責めた彰。

まり子は誰もいない学校で修二に好きになったことは一度もないと言われて傷ついた。

公園でまり子にひどいことを言って人に嫌われるのが嫌だと信子につぶやくと信子は修二を抱きしめた。

信子に抱きしめられて修二は自分が初めて寂しい人間だと感じた。

第8話では、修二は酔っ払いの男に絡まれたOLを助けたが逆に警察官から男を殴ったのではないかと疑われた。

人間不信になる修二で、そんな中信子は放送部での校内リポートを成功させて生徒の支持を集めていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする