エール 40話ネタバレあらすじ 「紺碧の空」を書きあげる裕一

朝ドラ『エール』の第8週「紺碧の空」第40話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

裕一は早稲田の応援歌「紺碧の空」をあっという間に書きあげて早慶戦で早稲田は大勝利を収める。

音楽を始めた頃の気持ちを思い出した裕一は木枯からあるアドバイスを受けて…。

朝ドラ『エール』第40話あらすじ

裕一(窪田正孝)は、早稲田大学の応援団長・田中(三浦貴大)から、早稲田を応援する気持ちをなぜ持ち続けられるのか、その想いを聞いた。

自分が音楽をはじめた頃の気持ちを取り戻した裕一は、応援歌「紺碧の空」の作曲に取り組んだ。

あっという間に曲を書きあげて、今や売れっ子になった木枯(野田洋次郎)に、もう一度頑張ってみると話す裕一。

そして、いよいよ早慶戦の当日がきて、裕一は音(二階堂ふみ)と一緒に野球場で応援していたーー。

朝ドラ『エール』第40話ネタバレ

朝になり裕一は「紺碧の空」の作曲を続けていて、その曲がようやく完成した。

早速裕一が「紺碧の空」の曲を田中に見せて田中は喜んでいた。

いよいよ早慶戦当日、応援団は反対する事務局長を柱に縛りつけて慶應の応援団と対決する。

裕一も球場で応援団に合唱指導をして早稲田が大勝利を収める。

裕一と音は試合に感動して田中も感謝していた。

まったく曲が採用されない裕一に「エール」を送る。

そして、裕一と音に「紺碧の空」を合唱した。

清水も田中との思い出のボールを握りしめて早稲田の勝利を噛み締めて泣いていた。

その後、裕一の作曲した「紺碧の空」は第一応援歌に採用されて現在でも勇気を与え続けている。

早稲田の事務局長は小山田先生に謝罪しに行ったが小山田先生に追い返された。

裕一はコロンブスレコードで木枯と会い木枯は裕一が曲を書けなくなっていたことを人づてに聞いていた。

曲が書けなくなったときはどうするのと裕一は木枯に尋ねてギターを持てば自然と曲が浮かんでくると話す。

木枯は裕一に曲を書けなくなったときどんな気分と聞いた。

曲を書いていたときに自分のことばかり考えて独りよがりの曲になってそれでは誰かの心に届くわけないと気づいた。

「天才だったら気づいてるよ」と言う裕一に、木枯は「天才だから気づかないんだ!」と裕一に言い誰かを思い浮かべれば曲が浮かんでくるとアドバイスした。

木枯の言葉を聞いて裕一は誰かを思い浮かべると突然曲のアイデアが降りてきた。

一方、音楽学校に来た音は千鶴子に歌手になるのを諦めたのと尋ねられる。

音は裕一のおかげで音楽は心から生まれることに気づいたと千鶴子に言い「椿姫」の主役・ヴィオレッタの座を本気で獲りにいくと宣言した。

鉄男を呼び出した裕一は一緒に曲を書かないかと提案してその曲を久志が歌うことになった。

久志は鉄男に久しぶりに会い裕一、鉄男、久志の3人の幼なじみは曲作りを始めたーー。

朝ドラ『エール』第40話感想

「紺碧の空」の作曲があっという間に終わり曲が完成すると田中は喜んでいた。

それにしても、裕一が書いた「紺壁の空」には笑ったなww

球場には裕一がきて応援団に合唱指導をしてその甲斐あってか早稲田の応援部が慶応に勝利を収めた。

裕一と音のもとに応援団が感謝を伝えに来て裕一にエールを送って裕一の作曲した「紺碧の空」を合唱した。

ここで初めて聴いたけど「紺碧の空」っていい曲だなヽ(*^ω^*)ノ

裕一はコロンブスレコードで木枯に会って曲が書けなくなっていたのを噂で聞いて木枯は心配していた。

自分のことばかり考えて独りよがりの曲になっていたと裕一は木枯に話してそれに気づいたことが天才だと木枯は裕一に告げた。

自分のことばかり考えると狭い世界に閉じこもってしまって誰かの心を動かす曲が全く書けなくなるという経験は僕にもわかるな…。

誰かのことを想って曲を書けば自然と人の心を動かす曲が書けるのか、木枯いいこと言うな♬

一方、音が言った「音楽は心から生まれる」という名言が一番印象に残った。

今回は名言のオンパレードだ💗

そして、裕一と鉄男が久しぶりに会って一緒に曲を作ろうと提案してその曲を久志が歌うことになった。

この3人が揃うのは小学校のとき以来だな、すごく懐かしい感じ(^O^☆♪

まとめ

朝ドラ『エール』の第8週「紺碧の空」第40話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

裕一はあっという間に「紺碧の空」の曲を書き上げて早慶戦が始まって球場で早稲田の応援団に合唱指導をした。

そのおかげで早稲田は慶応に勝利して団長の田中と応援団一同は裕一と音に「紺碧の空」を合唱した。

裕一は応援団の合唱で元気が出てコロンブスレコードに来た裕一は木枯に誰かのことを思い浮かべれば曲が浮かぶとアドバイスを受けた。

鉄男を呼んだ裕一は一緒に曲を作らないかと誘って久志が2人の書いた曲を歌うことになった。

裕一は今度こそヒット曲を書くことができるのか?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする