グッド・ドクター 7話ネタバレあらすじ 菜々子に卵巣の奇形腫が!

ドラマ『グッド・ドクター』の第7話のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

夏美が初めて担当した倉田菜々子が病院を訪れて婚約者の馬渕健太郎に卵巣を摘出したことを伝える。

それでも健太郎は菜々子と結婚すると決心は変わらず菜々子と夏美は喜んでいたが…。

ドラマ『グッド・ドクター』第7話あらすじ

小児外科でカンファレンスが行なわれていた。

新堂湊(山﨑賢人)は高山誠司(藤木直人)が質問する森下伊代(松風理咲)の肝障がいへの対処法を正確に答えた。

高山は湊を伊代の担当医に任じるが、同じレジデントの中島仁(浅香航大)は面白くない。

瀬戸夏美(上野樹里)は自分にもわからなかった対処法なので仕方がないと中島を慰めていた。

夏美を訪ねて倉田菜々子(福田麻由子)が病院に訪ねて来た。

菜々子はかつて夏美が担当した患者で
現在は保育士として働く菜々子。

彼女は、同僚の馬渕健太郎(藤原季節)からプロポーズされたが卵巣摘出手術を受けたことを言い出せないでいた。

そこで、夏美から健太郎へ話して欲しいのだ。

夏美は健太郎に説明して、卵巣がひとつ残っていれば妊娠も可能だと言う説明に健太郎は、気持ちは変わらないと答えて結婚へと進むことになった。

一方、高山は東郷美智(中村ゆり)から別れを切り出された。

経営者として小児外科廃止へ向かう美智は、高山とは一緒にいられないと告げる。

高山もチームを必ず守ると別れを承諾した。

美智は司賀明(柄本明)にも病院の方針を告げた。

その時、美智は院長室のゴミ箱に司賀本人の診断書を見つけてしまう。

菜々子は母の良枝(山下容莉枝)に健太郎との結婚を報告する。

だが、菜々子は激しい頭痛に見舞われて東郷記念病院に緊急搬送された。

菜々子の担当医は本人の希望で夏美となり、伊代と同じ病室に入院する。

菜々子は脳に異常はなかったのだが…。

ドラマ『グッド・ドクター』第7話ネタバレ

倉田菜々子は保育園で「100万回生きたねこ」を子供たちに読み聞かせをしていた。

菜々子と同じ保育士の馬渕健太郎に話しかけられた菜々子。

小児外科でカンファレンスが行われていて高山は湊に森下伊代の肝障がいへの対処法を正確に答えた。

そのこともあり湊は伊代の担当医に選ばれた。

伊代は病院で出会った片思いの男の子のことを湊に調べさせる。

一方、高山は理事長の美智に小児科医のチームは俺が守ってみせると豪語した。

病院に来た菜々子は婚約者の健太郎に自分の病気のことを打ち明ける。

卵巣摘出手術をしたことを夏美から説明してもらい片方の卵巣だけでも妊娠することはできると話す。

菜々子は婚約を断ってくれてもいいと健太郎に言ったが健太郎の気持ちは変わらなかった。

夏美が最初に担当したのが菜々子で菜々子が卵巣を摘出しても健太郎が結婚すると言ってくれて嬉しかった。

菜々子が母親の良枝と食事していると突然倒れて緊急搬送される。

しばらく入院すると菜々子は健太郎に伝え湊は彼女に自己紹介した。

菜々子の脳に異常は見られずなんらかの原因で抗体が髄膜を攻撃しているのではと考えた。

そんななか、美智は司賀が日本中央がん医療センターに通院していることを高山に話す。

その話を聞いて高山はすぐに院長室に行って司賀に確認をとる。

自分がもしいなくなったら湊のことを頼むと高山に伝えた。

菜々子の頭痛の原因が卵巣にある奇形腫でそれが脳を攻撃する抗体を作ってしまっていると夏美は菜々子と良枝に説明した。

もしかしたら卵巣を摘出することになると夏美が告げると菜々子は泣き出した。

良枝は何であの子ばっかりこんな目に合わないといけないのと夏美に話す。

検査の結果卵巣の奇形腫だと判明して夏美は卵巣を全部摘出しないと転移する可能性があると言いどうすべきか悩んでいた。

その頃、高山は副院長の猪口に小児科医を潰さないでほしいと頭を下げたが猪口は構わずに行ってしまう。

病院に来た健太郎は夏美に本当は子どもがすごくほしくて菜々子の病気のことを聞かされてどうしていいかわからなくなったと話す。

健太郎の話を聞いていた伊代は湊に病気だから好きな人も諦めなきゃいけないのかなとつぶやく。

夏美は菜々子に卵巣の奇形腫があったと伝え、このままだと命を落とすことになると話す。

夏美の話を聞き菜々子は笑って大丈夫だと言った。

健太郎が菜々子の病室に入ろうとすると菜々子が突然痙攣を起こした!

すぐに夏美と湊が駆けつけて菜々子を診察した。

卵巣に奇形腫が見つかったことを健太郎に報告して、菜々子から別れを告げられたと夏美は言って菜々子の婚約指輪を健太郎に返した。

院長室に来た湊は何で好き同士の2人が別れなければならないのかと司賀に質問する。

司賀は好きだから相手のことを思いやって別れるんだよと湊に答える。

卵巣奇形腫が良性なら一部を摘出して卵巣を残して、悪性なら卵巣の全摘出をすると夏美は小児科医の医師たちに話す。

菜々子の手術が始まり卵巣の検査の結果、“悪性”だと判明した。

そのことを聞いた夏美はショックを受けながらも卵巣の全摘出を開始した。

手術が終わり病室のベッドで寝ていた菜々子は夏美から卵巣を全摘出したことを伝えられる。

菜々子の手に指輪があり健太郎がずっとついていてくれたことを夏美から聞かされる。

健太郎は保育園に湊が来てくれて「菜々子さんを幸せにできるのは健太郎さんしかいない!」と言われたと菜々子に告げた。

改めて健太郎は菜々子にプロポーズして「100万回生きたねこ」の本を見せた。

菜々子が幸せになってよかったと伊代は湊に言い自分も好きな人に告白しようと心に決めた。

小児科医で夏美は菜々子の卵胞を無事に凍結保存できたと湊たちに報告する。

卵巣の摘出中に湊が卵胞を見つけて凍結保存のことを思いつくことができたのはレジデントの中島仁のおかげだと湊は話す。

中島と湊はグータッチをして初めてわかり合えた2人。

その様子を見て高山は司賀の言葉を思い出していた。

湊と夏美は行きつけの焼き肉屋に行き「瀬戸先生の胸が苦しくなったら僕が治してあげたいです!」と湊は笑って夏美に告げていたーー。

ドラマ『グッド・ドクター』第7話感想

卵巣摘出した菜々子は婚約者の健太郎と幸せに暮らしていたが菜々子が突然倒れた。

菜々子は病気のことを素直に健太郎に話してそれでも健太郎は菜々子と結婚すると言ってくれた。

いい婚約者だな、菜々子の気持ちを尊重してくれるとは(^ν^)

卵巣の奇形腫が見つかって最後に残った卵巣を摘出しなきゃならないとは、なんて不条理な世界だ!

「自分は何も悪いことしてないのに」と病人はこの言葉を繰り返し話すのも辛さからくる言葉なんだな…。

菜々子は気丈に振る舞ってるけど陰では泣いているのがわかってつらいヽ(´o`;

検査の結果卵巣の奇形腫は悪性で菜々子の卵巣は全摘出しなければならなくなった。

だけど、湊が卵胞を見つけて凍結保存を思いつき体外受精の可能性が残されて夏美たちはホッとしていた。

菜々子が体外受精できることになってよかった、湊が最後の希望を見つけてくれたのか(●´ω`●)

まとめ

ドラマ『グッド・ドクター』の第7話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

夏美が最初に担当した菜々子が病院を訪ねてきて婚約者の健太郎に卵巣を摘出したことを打ち明ける。

だけど健太郎はそれでも菜々子と結婚する気持ちは変わらなかった。

しかし、菜々子は倒れて緊急搬送されて入院することになり卵巣に奇形腫が見つかった。

その奇形腫は検査の結果悪性だと判明して卵巣を全摘出摘出した。

でも、湊が卵胞を見つけて凍結保存のアイデアを思いつき体外受精できることになった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする