ハケンの品格特別編 第6夜ネタバレあらすじ 東海林が失踪!

ドラマ『ハケンの品格』特別編の第6夜のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

里中は桐島から命じられた最終プレゼンを成功させて「ハケン弁当特別販売フェア」の開催が決定して里中たちマーケティング課は忙しくしていた。

その一方で、東海林は突然辞表を出して会社から姿を消した。

果たして東海林はどこに行ったのかーー!?

ドラマ『ハケンの品格』特別編の第6夜ネタバレ

東海林は春子の作成した結婚についてのアンケートを見てくずかごに捨てたが間違って小笠原がそれを拾う。

それを見て東海林が派遣社員にプロポーズしてフラれたことを知り黒岩たちもふった相手が誰なのか気になっていた。

裏に書いてある春子の携帯番号にかけようとしたが美雪がアンケート用紙をシュレッダーにかけて春子を守った。

しかし、東海林が美雪にプロポーズしたというあらぬ噂が立ってしまった。

一方、里中はハケン弁当の最終プレゼンを桐島から任されて見事成功して企画が通った。

後から東海林里中たちに企画をまわしてくれたと知った里中。

ハケン弁当の販売会を開催することになり里中たちは準備に追われていた。

マーケティング課に浅野の後輩である那須田が出勤してくる。

黒岩と里中は東海林のことに話をして同期に黙って辞表を出した東海林に黒岩は怒っていた。

「カンタンテ」で美雪は世の中何でこんなに不公平なのかと春子に嘆いていた。

那須田を一目見てコネ入社だと気づきあんなアホを受け入れなきゃならない社員に同情すると春子は言った。

店に里中と黒岩がやってきて東海林が春子にプロポーズしたことを知っていた。

美雪は東海林に電話するように勧めるが春子は断る。

東海林の家に来た里中と黒岩だったが留守だと知り書き置きをドアに挟んだ。

一方、一ツ木は春子に契約の更新を頼んだがポリシーを曲げる気はなかった。

誰かに頼ったら美雪はダメになると春子は「カンタンテ」のママの天谷に話した。

バスで里中は春子に企画が軌道に乗るまで会社にいてほしいと頼んだが春子は断った。

そのとき、東海林から電話があって春子にフラれたことを無理に明るく振る舞って話していた。

春子は手早く仕事をこなしていて、春子が東京中央信託銀行の正社員時代に同期入行した元同僚の加藤のぞみと偶然再会する。

しかし、春子のかわりようにのぞみは驚いていた。

イベント当日、春子は厨房でハケン弁当を作っていた。

東海林がいないと調子出ないなと浅野と近は話す。

会場に那須田が「くるくる」という犬を連れてきた。

春子はウグイス嬢をしてハケン弁当を売り込んだ。

実は東海林がウグイス嬢の原稿をファックスで送ってきて春子がそれを読んでいた。

会場に来ていたのぞみが里中に話しかけて春子が昔東京中央信託銀行の正社員だったこととよく笑う明るい人だったと里中はのぞみから聞かされる。

春子はくるくるを口笛で呼び犬訓練士の資格を駆使してくるくるを手懐けた。

会社に戻った里中は桐島にハケン弁当が完売したことを報告して派遣社員が東海林の机の上のものを片付けているのを見て里中は東海林の荷物を回収した。

里中のその様子を見て春子はくるくるを連れていき東海林のもとにやってきた。

春子は東海林に会社でしか生きていけないと告げ「古巣に戻りなさい!」と怒鳴った。

その頃、会社に来た那須田はくるくるがいなくて腹を立てていてこの会社を辞めることにしたと言ったとき浅野は我慢できず那須田に謝らせた。

会社に戻った春子は里中に東海林を見つけたと報告していつもの定食屋に向かった。

美雪と春子と一緒にお昼を食べて春子は入社試験は博打のようなものだと話す。

面接に受かっても会社に縛られて幸せに生きれるわけじゃなく、面接に落ちたらまた新しい道を探す。

結局自分の道は自分で見つけることだと春子は美雪に諭して会社に戻る。

里中は東海林のもとに行き、春子が東京中央信託銀行に勤めていたことと昔明るかったことを話した。

そのあとに春子はいろんな派遣先をまわって自分だけの世界観を持ったと思うと里中は春子のことを東海林に言った。

東海林は「俺はコテンパンにフラれたけど賢ちゃんはまだ始まったばかりだ」と里中を勇気づける。

ベンチでバスを待っている春子に里中は話しかけた。

このままわかりあえないままお別れするのは寂しいと言い「僕にはあなたが必要なんです!」と里中は春子に告げたーー。

ドラマ『ハケンの品格』特別編の第6夜あらすじ

桐島(松方弘樹さん)から命じられた最終プレゼンを見事に成功させる里中(小泉孝太郎さん)。

「ハケン弁当特別販売フェア」 の開催が決定した。

そんな中、桐島から東海林(大泉洋さん)が突然辞表を提出し、姿を消したと告げられ驚く里中。

特別販売フェア当日、ウグイス嬢を務めることになった春子(篠原さん)が、控室でアナウンス原稿を直しているとファクスが流れてきて……。

ドラマ『ハケンの品格』特別編の第6夜感想

東海林どこに行ったんだろ…。

ハケン弁当の企画を譲って春子にプロポーズした東海林は辞表を出して会社を去った。

里中は東海林を探すけどどこにもいない、まったく困ったやつだ( ̄▽ ̄;)

契約更新はしないと春子は心に決めていたが里中に頼まれてハケン弁当のイベントを手伝う。

冷たそうに見えて春子はいい人なんだよな、仕事に一生懸命な春子カッコいい💓

里中たちはハケン弁当の販売会で忙しくしていて東海林の書いた原稿を春子は読んでウグイス嬢を務めた。

相変わらずウグイス嬢の時の春子(篠原涼子)の声が可愛い💖

犬訓練士の資格も持っているとはさすが大前春子!

東海林と会った春子は会社に戻ってこいと春子なりに激励した。

春子なりの優しさなのかな、東海林も里中を応援していい同期だ。

ついに里中は春子に告白したけど春子はどう答えるのか、次回が楽しみ♬

まとめ

ドラマ『ハケンの品格』特別編の第6夜のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

ハケン弁当の企画が最終プレゼンで通り里中たちマーケティング課一同はハケン弁当の販売会を開催する。

そんななかで、東海林は辞表を出して突然みんなの前から姿を消した。

東海林の送ってきた原稿を春子は読んでウグイス嬢を勤めあげた。

行方不明になった東海林を春子が探して会社に戻ってくるよう説得した。

東海林は里中に春子に気持ちを伝えたほうがいいと激励した。

春子と里中は2人きりで話をして里中は自分の気持ちを正直に春子に話した。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎