美食探偵 6話ネタバレあらすじ お見合いで毒殺事件発生!

ドラマ『美食探偵 明智吾郎』の第6話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

明智の母・寿々江が扇屋百貨店の将来を心配して明智にお見合い話を持ってくる。

百貨店の役員である伊達が選りすぐった紗英に明智か弟の六郎のどちらかを選ばせることになり六郎の代理で苺も参加することになる。

明智たちは料亭の料理を食べ始めたが…。

ドラマ『美食探偵』第6話あらすじ

実家の扇屋百貨店の将来を案じる母・寿々江(財前直見)の強引な段取りで、弟と一緒にお見合いをすることになった明智(中村倫也)。

百貨店の役員・伊達(小市慢太郎)が選りすぐった見合い相手・社長令嬢の紗英(北原里英)に、明智か弟の六郎
(草川拓弥)のどちらかを選んでもらうことになる。

だが、当日姿を現さない六郎に代わり、急遽男装した苺(小芝風花)が代役を務めることに!

そんな中、見合い会場となった料亭にはマリア(小池栄子)の姿が……。

大混乱のうちに見合いが終了した直後、突然明智の前で苦しみだした紗英が急死する!

マリアの影を感じ、事件の裏で交錯する意外な思惑に迫る明智。その先にはマリアの歪んだ愛の大炎上が待ちうけていた!

ドラマ『美食探偵』第6話ネタバレ

1ヶ月前のフランスのニールに、マリアは扇谷百貨店の役員・伊達と出会う。

マリアと伊達は食事をして明智がお見合いをすることになりその手配をすることになったと伊達から聞かされるマリア。

2人はホテルに行きマリアは伊達に睡眠薬を飲ませて伊達のパソコンを見て憤る。

その頃、苺と桃子はカレーを食べていて死にそうな経験をすると快感になってやめられなくなると桃子は忠告した。

苺は明智のためにカレーを持ってきて事務所には刑事の達臣が来ていた。

2人が事務所に入ると明智の母・寿々栄が明智の弟・六郎を連れて事務所に来ていた。

寿々栄は明智のお見合い相手の写真を持ってきてお見合いをするように言ったが明智はお見合いをする気はなかった。

しかし、料亭でお見合いをすると知り明智はお見合いすることを決める。

そして、マリアと伊藤、茜が集まり明智のお見合いで誰かを殺そうと画策していた。

お見合い会場の料亭にやってきた明智と苺だが六郎がいつまで待っても来ないので、寿々栄は苺に男の格好をさせて六郎のふりをさせた。

料亭には仲居に変装したマリアと茜、そして厨房には板前に変装した伊藤がいた。

茜がお見合い会場に食事を運んだが、明智に呼び止められて茜は明智に顔を知られているので振り向けずにいた。

そのとき、六郎と苺が一緒に入ってきて苺が変装しているとバレてしまう。

さらに、お見合い会場に達臣と上遠野が乱入してきてお見合いはめちゃくちゃになった。

そして、明智のお見合い相手の紗英が突然立ち上がり部屋を出ていく。

寿々栄は紗英を追いかけるように明智に言い明智は渋々紗英を追いかけた。

寿々栄が料亭の椅子に座っているのを苺が発見して苺は彼女に話しかけた。

変人の明智が波長の合う女性と違う世界に行ってしまうのではないかと不安になっていた。

助手の苺に明智のことを見張っていてほしいと寿々栄は頼んで部屋に戻る。

一方、明智は料亭でマリアを見かけてマリアを追いかけようとしたがそのとき紗英が突然明智の前で倒れる。

紗英を上遠野に任せてマリアを追いかけようとしたがすでにマリアの姿はどこにもなかった….。

明智のお見合い相手の紗英がふぐ毒によって命を落とす。

上遠野と達臣が現場である料亭にやってきて不審なことはなかったかと現場にいた関係者に話を聞いた。

上遠野は明智に被害者の紗英がふぐ毒で死んだのかと確認した。

しかし、料亭で出されたトラフグは本来毒抜きされた状態で料亭の厨房に運ばれる。

だからふぐ毒で死んだとなれば誰かが毒をわざと混入したと考えるのが自然だと明智は上遠野に説明する。

明智は厨房にいて怪しい人物を見なかったかと従業員に尋ねるとマリアファミリーの伊藤と茜らしき人物が突然いなくなっていた。

料亭で出された料理を見て明智は自分がエビアレルギーだから明智の席の料理にだけイカ料理が提供されていたことに気づく。

明智はマリアが自分を殺そうとしたのではないかと思い至る。

この事件にマリアが関わっていると知り苺は恐怖した。

そのとき、明智の前にマリアが現れて明智は自分を殺そうとしたのかとマリアに尋ねるがマリアはそれでは最後の晩餐を1人でしなきゃならなくなると言って否定した。

苺はマリアの顔を見て崖かれ飛び降り自殺したはずの主婦であると気づく。

マリアに話しかけた苺だったが、マリアは明智の前に現れたら明智の前で殺すと苺に脅迫していた。

苺は明智に百貨店の役員・伊達が男たちと話しているのを目撃したと報告した。

そして、明智の弟の六郎が紗英のギャル姿の写真を明智に見せる。

その写真を見た明智はこの事件の真実にたどり着く。

明智は伊達と2人きりで話をして、伊達と殺された紗英が恋人同士だと明智は伊達に告げる。

伊達と紗英が2人で歩いているところを六郎が目撃して明智に教えたのだ。

伊達は紗英に明智とお見合いするように依頼して明智を殺して六郎と紗英を結婚させて自分が会社の実権を逃げるという計画を企てる。

しかし、明智に計画をすべて見破られて伊達が明智に出したコーヒーに毒が入っていたことも明智は見抜いた。

明智はもし違うと言うのならこのコーヒーを飲んでみたまえと言って伊達にコーヒーを差し出した。

追い詰められた伊達は明智の持っているコーヒーを払い除けて逃げ出した。

上遠野と達臣が伊達を追いかけて安心した明智だったが、明智は伊達の秘書に後ろから殴られて気絶させられた。

明智は気がつくと納屋の柱に縛りつけられていた。

明智の目の前に伊達が現れてガソリンを床にばら撒いて納屋に火をつけた。

扇屋百貨店の明智のことをずっと嫌いだったと伊達は明智に言った。

伊達の言葉に明智は幼い頃に伊達と蕎麦屋に行った時のことを話して楽しかったと話す。

伊達は少しためらったが「もう遅いんだよ!」と言って納屋を出ていく。

なんとか脱出を試みる明智だったが縄がきつくて逃げられない。

その時、苺が納屋に駆けつけたが火の回りが早くて中に入るのは危険だった。

そこに現れたのはマリアで彼女は火をまったく恐れずに納屋の中に入り明智を助けた。

2人はキスをして、マリアは明智を支えて納屋の外に連れ出した。

マリアは苺に「愛する人の命より自分の命が大切なのはよくまる話よ」と言い苺の頭を撫でて去っていった。

自分の無力さを痛感した苺だった。

そして、マリアは伊達のいる蛍の一室に来て毒入りのサラダを食べさせて明智を殺そうとした伊達をお仕置きのために殺した。

苺と明智は向かい合って座り、苺はマリアには決して敵わないとわかったと明智に告げる。

死ぬのが怖くて明智を助けられなったと苺は泣きながら明智に言って何でマリアが主婦だということを隠していたのかと尋ねる。

明智は美味しい料理を作れる料理人には常にそばにいてほしいと苺に言って「明智さんはどうしてこんなときまでそういう人なんですか?」と言い泣いていたーー。

ドラマ『美食探偵』第6話感想

明智は母の寿々江にお見合いをしてほしいと頼まれて最初は断ったが料亭のふぐ料理を食べられるということで了承した。

相変わらず明智はグルメに命をかけてるな(*´∀`*)

苺は明智を料亭まで送っていったときに寿々江がお見合いに来ていない六郎のかわりに男装させて六郎のふりをさせた。

寿々江って少し天然なのかな♪(v^_^)v

でも苺が男装してる姿すごく面白いww

マリアたちは伊達の計画を見事に潰して明智を助けた。

明智を本当に愛してるんだな、愛する人を守るためには手段を選ばない。

マリアの美学は明智を守るためにあると今回の話を見て思った。

そして、今回のドラマで新型コロナウイルスの影響で明智と苺が離れて話をする場面があったけどこのシーンってどういうシーンなんだろ…。

明智と苺の潜在意識で会話してるってことかな?

ラストシーンの別パターンも見てみたいな(^ν^)

まとめ

ドラマ『美食探偵 明智吾郎』の第6話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

明智の母の寿々江が明智のお見合い相手を紹介したが明智は結婚する気も扇屋百貨店の跡取りになる気もなかった。

しかし、料亭でお見合いをすると寿々江から聞いて明智はお見合いに行くことに決めた。

一方、マリアは伊達の企てにいち早く気づいて彼を止めようと料亭に潜入する。

料亭でお見合いをしていた明智だったがお見合い相手の紗英が突然苦しみ出して死んでしまう。

刑事の上遠野と龍臣で毒殺事件として捜査して明智は伊達の犯行だと気づいた。

伊達に推理を話した明智だったが伊達の秘書に後ろから殴られて納屋の柱に縛り付けられる。

伊達によって納屋に火をつけられて苺は明智を助けようとしたが怖くて足がすくんでしまう。

そこにマリアが現れて明智を助け出して彼を殺そうとした伊達をお仕置きのために殺害した。

明智と苺は2人きりで話をして苺はマリアと明智の2人だけの特別な関係に踏み込めないと思いショックを受ける。

この後、明智と苺はどうなってしまうのか、そしてマリアの次なるターゲットは?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする