日曜ドラマ『ニッポンノワール 刑事Yの反乱』第2話あらすじ 清春捜査開始!

はじめに

『ニッポンノワール 刑事Yの反乱』第2話では、主人公の遊佐清春が碓氷班長を殺した犯人を見つけ出すために本格的に捜査に乗り出します。

そんな清春の前に現れたのが、警視庁捜査理事官の本城諭で本城は必死に清春を犯人にしようとしますが清春は捜査を始めるうちにある事実が発覚するのですが、それはこれからのあらすじで書きたいと思います!

そして、主演は賀来賢人さんです。

キャスト&スタッフ

脚本:武藤将吾
演出:猪股隆一/小室直子/西村了
監修:石坂隆昌(警察)
出演者:賀来賢人/広末涼子/井浦新/夏帆/工藤阿須加/佐久間由衣/立花恵理/田野井健/細野善彦/篠井英介/杉本哲太/笹野高史/北村一輝
音楽:松本晃彦

前回のあらすじ

遊佐清春は、碓氷班長が殺されている現場になぜか倒れていて記憶は失っていた。

清春は碓氷を殺した容疑者として警察からは睨まれていて、清春は碓氷の犯人を捕まえるために独自に捜査を始める。

そのうちに碓氷の息子の克喜を預かることになったが、清春は嫌がり克喜を遠ざけようとしますが、後輩刑事の名越に命を狙われる。

名越は碓氷のことが好きで、碓氷を殺した犯人は清春だと思い込み彼を殺そうとした。

清春は名越を殴って気絶させ、トドメを刺そうとしますが、克喜が銃を持ち引き金を引き銃声がなります。

克喜は母を殺したのは清春かと質問し、清春は克喜がそうだと思えば撃てばいい、自分で決めろと克喜に言い、清春は碓氷が息子のことを愛していると前に行ったのを思い出し、
そのことを克喜に言った。

克喜は清春の前で初めて泣き、母がいなくなったことをようやく悲しんだ。

清春と克喜は清春の家に行き、清春が家で見つけたのは10億円号と立つ事件で使われた銃とその資料が入った封筒だった。

そしてその時、警察が清春の周りに包囲網を張った。

第2話あらすじ

暴行恐喝、ゆすりたかり、なんでもやる、それが清春の評判で警察内部で目の敵にされている。

清春が碓氷を殺したとしてもなんの不思議もないと名越は語っていた。

警察は清春の家の家宅捜索に乗り出すが、強奪事件の銃と資料はどこにもなかった。

本城は絶対にあるはずだと焦って探すが、清春に「なんで絶対って言いきれんだ」と本城に問いただす。

本城はタレコミがあったと清春にいい、警察は証拠がない以上引き上げるしかなかった。

警察が帰った後、清春はベルムズが前に使っていた隠し部屋に銃問資料を隠していた。

そして部屋に隠しカメラを仕掛けていて、そこに本城が拳銃と書類を清春の家に隠しているところがばっちり映っていた。

清春はどこかにある10億円を奪うつもりでいて、清春は東堂銀行10億円強奪事件の監視カメラを確認する。

警察関係者が裏で手を回したと警察内部でも噂していて、強盗団を支持した黒幕が碓氷を殺した犯人だと清春は言う。

清春は本城にカマをかけるが、宮城が清春が犯人だと断定する。

強盗事件は上層部の指示で強引に幕を下ろさせ、碓氷警部はそのことを良しとしなかった。

碓氷は強奪事件を独自で調べ、碓氷は10億円を犯人の知らない場所へ隠した。

犯人はその10億円のありかを聞き出そうとして碓氷を殺したのだと清春は考えている。

碓氷警部補殺人事件と並行して10億円強奪事件を調べるよう南武が指示を出す。

才門が碓氷班にきて、才門は碓氷班とともに捜査することになった。

強盗事件のハッキング担当の上岡はベルムズの組織に属していてそれは警察も知らないネタだと名越は言う。

清春は本城の娘の芹奈に目星をつけ、芹奈に会いにカラオケ店に行く清春たち。

一方の本城は謎の男からの電話で清春が芹奈に接触していると報告を受ける。

芹奈は碓氷と話していて、芹奈は10億円強奪事件のことは知らないと碓氷に話した。

本城は10億円強奪事件のことを清春が聞いたかと娘に聞いたが、娘はとっくに父との関係は終わってると怒った。

そして、才門は清春がよく通うカフェに来ていた。

才門は深水家には縁があり、深水咲良の姉とは結婚していて清春より付き合いが長い。

才門が、本城は強盗事件に使われたワゴン車を解体していたと話し、本城は強奪事件に関わっているが黒幕ではないと才門は断言する。

事件が明るみになれば人生は終わると絶望した本城はあとは破滅に向かうのみだと才門は本城を哀れんだ。

清春は才門に疑いの眼差しを向けた。

一方、本城の元に謎の男からの電話があり「起死回生のチャーンス!」と男が叫んだ。

清春の家で克喜は「本城さんは本当にもう後戻りはできないんですか?」と清春に聞くと、「時計の針が戻らないように俺たちにの道も後戻りができねえ」と清春は克喜に語りかける。

克喜の家に深水咲良と克喜と名越で向かうことになったが、清春は課長から本庁に戻れと指示があり清春と名越は仕方なく戻ることになり咲良と克喜の二人で家に向かうことになった。

南武は本城の身辺を調べていることがバレていて、独断専行はやめろと警告された。

一方の克喜は家で碓氷のDVDを見つけ、内容は強盗事件に関する重要な証拠をUSBに入れていると話していた。

その時、本城が突然現れて咲良を殴り克喜を連れ去った。

清春に本城から電話があり、「子供は預かった。返して欲しかったら強盗事件の証拠を収めたUSBを持ってこい」と清春に言う。

そして、碓氷のDVDの内容には続きがあった…。

本城は克喜に昔の娘のことを話していて、克喜と同じ年頃の娘といた日々が今思えば一番幸せだったと本城は克喜に語る。

本城は事件のあった日のことを思い出していた。

あの日、娘は友達の車庫に10億円強奪事件に使われたワゴン車が乗り捨てられていたと本城は娘から聞く。

本城は娘を守るためにワゴン車をスクラップにして証拠を隠滅した。

碓氷はそのことをDVDで告白していて本城の娘のために正しい選択をして欲しいと清春に語りかけた。

清春は本城の前に現れて、道を踏み間違えてもそこから抜け出すことはできると清春は本城に訴えかける。

本城はもう後戻りはできないと仲間に清春を殺すよう指示を出すが、碓氷班が間一髪間に合い本城の仲間たちを制圧した。

追い詰められた本城は清春に銃を向け、清春は引き金を引いた。

本城は胸に銃弾を受け、娘のそばで本城は亡くなった。

才門は本城は死ぬことでしか救われないと才門は言って、才門は本城が死ななければ犯罪者のレッテルを貼られその被害は家族である芹奈にも危害が及ぶと彼は言う。

才門は本城の名誉を守るために清春は撃ったと芹奈に言う。

清春は克喜と家でラーメンを食べ、清春は本城を救えなかったことを悔い、泣いた…。

翌日、本城が強盗事件の首謀者であると言うニュースが流れ、才門にどう言うことかと問いただす清春。

才門は本城の名誉を守るのも大事だが、警察の名誉を守るのはもっと大事だと清春に言い放つ。

清春は憤りを感じずにはいられなかった。

そして才門はUSBを引き出しに入れ、ヘリウムガスを吸い、本城の電話で聞いた男と同じ声で本城に敬礼をした。

清春はこのままでは終われない。

果たして清春は碓氷を殺した犯人にたどり着くことはできるのか?

来週に期待します!

感想

僕は清春演じる賀来賢人が、『今日から俺は‼︎』に出演していた時とは違い、シリアスな演技を見せています。

他にも豪華俳優陣が出演していて、骨太なサスペンス作品に仕上がっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

話題作の『3年A組』のその後を描く武藤省吾が脚本を務めたサスペンスドラマは必見です。

まだご覧になっていない方はこの機会に是穂ご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

⬇︎次回のあらすじはこちら

『ニッポンノワール 刑事Yの反乱』第3話では、清春が碓氷班長殺害事件と10億円強奪事件の捜査を警察が幕引きににしようとしているのを見...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする